ファイター/ルイージ

Last-modified: 2021-05-02 (日) 14:00:07

このページは完成していません。情報等ありましたら整形ルールを見て情報を載せていただくか、下記コメント欄に情報をお願い致します。 [tip]

立ち回り、コンボ、対ルイージ対策などの情報はこちら

目次

ルイージ

原作でのルイージ

『スーパーマリオ』シリーズのキャラクター。

緑の帽子がトレードマークの、マリオの双子の弟。
通称「永遠の二番手」、最近では「緑の人気もの」。両方ともスマブラに因縁がある。
ちなみに名前はマリオ同様にあくまでイタリア人男性にはポピュラーな名前が由来であると公式から説明されており、「兄に似ているので"類似"が由来」という説は間違いであることが判明している。

「マリオブラザーズ」の2Pカラーで登場し、「スーパーマリオブラザーズ2」で、マリオよりもジャンプ力が高いが滑りやすいという個性を獲得。
初期は無鉄砲でマリオより兄貴肌な性格だったが、初主役*1にしてマリオシリーズには珍しいホラージャンルに分類される「ルイージマンション」や各種RPG作品での活躍を経て、
優しく兄思いだが、ちょっと臆病で報われない立ち位置といったキャラクター性が確立されていく。

初登場から30周年となる2013年の「ルイージの年」以降、活躍の幅は広くなり、二番手の立場が見直されることも増えた。

代表作

赤文字は初登場作品

  • マリオブラザーズ 1983年/AC
  • スーパーマリオブラザーズ2 1986年/FCD
    初めて「マリオよりもジャンプ力が高い代わりに滑りやすい」個性が付いた作品。
    余談だが、90年代初頭辺りまでは長音が無い「ルイジ」の表記も見られた。
  • ルイージマンション 2001年/GC
    初めてルイージが主役となった作品。2013年からシリーズ化もされている。
  • マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー 2013年/3DS
  • ルイージマンション3 2019年/Switch
    この作品のオバキュームは『スマブラSP』が初出。

スマブラでのルイージ

『初代』からの皆勤賞。キャッチコピーは緑の人気もの

当時は骨格とほぼ全てのモーション、多くの性能をマリオから流用した元祖「モデル替えキャラ」として登場していたが、
『DX』からは徐々に差別化されていき、今となっては性質が大きく異なるファイターとなっている。

原作での差別化が反映され、トップクラスのジャンプ力と地上での滑り易さを持っている代わりに、空中での機動力は壊滅的に低い。
…のがこれまでの伝統だったが、本作では地上での滑りやすさが大幅にマイルド化しているため、地上においては他ファイターとそこまで操作性に差がつかないようになっている。

また、10分の1の確率で暴発し攻撃力・突進力が激増する横必殺ワザや、密着して当てると超火力だがそれ以外だとカス当たりになった挙句隙だらけになる上必殺ワザなど、ギャンブル・ロマン的なワザが一際多いのもこのファイターの特徴。
不機嫌そうに蹴る下アピールには攻撃判定があり、強烈なメテオ効果も付く。

長所は、密着距離での応戦力コンボ・連係による圧巻の火力に集約される。
兄のマリオと互角以上にキレ味の鋭い通常ワザの数々を持ち、接近してからのラッシュ力はかなりのもの。
その打撃ワザの手数はコンボで火力を出すにも撃墜するにも不足せず、更にオバキュームを使用するつかみは発生の遅さと引き換えにリーチが長く投げワザを起点としたコンボ・連係も強烈。
特に、決める状況は限られるながら下投げを起点として上必殺ワザまで繋ぎ一気に撃墜まで持ち込むコンボの存在は対戦相手に凄まじいプレッシャーを与える。
暴れの強さもかなりのもので、特に密着時は凄まじく早い発生と威力を発揮する上必殺ワザによるシールドキャンセル、かなり早い段階から全身無敵がつく空中版下必殺ワザによる連係への割り込み能力の高さは全ファイター中でもトップクラス。

弱点は横への機動力の低さと飛び道具耐性の低さ。広いステージで逃げ回る相手はなかなか捕まえられず、得意の接近戦に持ち込むまでは相応の労力を要する。
強力な飛び道具や反射ワザなども特に持たないため、必然的にジャンプや回避が相手の使う飛び道具への主な対抗手段となる。が、高すぎるジャンプと緩やかな落下が災いし、飛び道具を避けるためにジャンプしたところを狙われやすい。
更に高いジャンプ・緩やかな落下速度・上昇量の多い上必殺ワザを駆使した縦への復帰力は魅力だが、空中移動力が低い上に上必殺ワザがほぼ真上にしか飛ばない。横に大きくふっとばされた場合は横必殺ワザに頼るしか無くなる事も多いが、その横必殺ワザがかなり大振りな突進ワザであるため復帰阻止の的にされやすい。

総括して、トリッキーながら爆発力に秀でた手札の豊富さがルイージの特徴となる。
良くも悪くも安定感とは縁が遠い性能の持ち主で、俗に言う破壊・荒らしに特化したファイター。
「しょせん日陰者」とタカを括ってきた相手の鼻柱をへし折り、ルイージマンションよろしく恐怖の顔に変えてやろう。
一言でいえばマリオとガノンドロフを足して2で割ったような性能

声優はCharles Martinet。
『スマブラX』で収録された音声が使用されている。

キャラタイプ 中量級/パワー・テクニック・コンボタイプ/1on1向け

極低%から撃墜が視野に入るコンボの爆発力は正に脅威。
即死の撃ち損じですら40%~程度は平気で入るなど火力は全キャラでもトップクラス。
他にも運やクリティカルで低%撃墜が可能で、常に緊張感のある試合を展開出来るだろう。
反面、機動力の低さやコンボキャラである点、復帰力の低さ等から乱闘では思うように強さを発揮出来ない可能性が高い。

ステータス

基本性能

歩行速度走行速度ジャンプ高度
最大初速最大通常空中
1.1341.8151.6519.984441.31
空中横速度落下速度体重
加速最大重力最大急降下
0.0750.770.0831.322.11297
ジャンプ回数しゃがみ歩きカベジャンプカベ張りつき空中つかみ
2回××

特殊性能

  • 無し

長所/短所

長所

  • ワザの発生・後隙が優秀。密着時の強さはトップクラス。
  • コンボ火力が非常に高く、特に投げから繋がるコンボは低%から撃墜まで持っていく破壊力がある。
  • シールドキャンセルワザが非常に優秀。撃墜力、発生、範囲どれもそろっている。
  • 投げ撃墜や投げコンボ撃墜を持っておりシールドに対する圧力が高い。
  • 運任せだが低%撃墜が可能なワザを持っている。
  • 1F無敵のワザや発生3Fの空Nを持っており、暴れが非常に強い。

短所

  • 空中横移動が極めて遅く、それ以外の移動速度も平均以下なので追いかける展開が苦手。
    • 特に飛び道具・設置ワザに対する耐性は最低クラス。
  • 暴れは強いが落下速度と空中横移動が遅い為、結果的に着地・ガケ上がりは弱い部類に入る。
  • 横復帰がルイージロケット頼みなので復帰が不安定。ちょっとした復帰阻止でも落下が確定することもよくある。
  • 投げは優秀だが掴みの性能が悪く、警戒されるとなかなか掴めない。
  • 全体的にリーチが短く、判定の強い攻撃もない。

使いやすさ/使いこなしやすさ

使いやすさ使いこなしやすさ
★★★★☆★★☆☆☆

とにかく暴れと投げコンとワンチャンワザによるパワーで破壊といったキャラコンセプトであり、オーソドックスなファイターとは程遠い性能。
空中の移動が極めて遅く地上の移動も平均以下である為飛び道具耐性が低く、また復帰も弱い部類。とかく他のファイターと違う要素の多いファイターである。
ファイター間の相性差が激しい関係上、苦労する相手にはとことん苦労させられるという短所もあり、本格的に使うならば他のファイターとの併用を視野にいれるか茨の道を歩くかの2択を迫られる。
…とはいうものの、全体的に技の回転率が良く単発火力もマリオより高く、機動も落ち着いているため存外動かしやすい。初心者同士での対戦なら近づいて適当に技を出しまくれば殴り勝てるだろう。とりあえず触ってみよう。

使いこなしやすさが低いのは、対戦のレベルが上がるほど「低機動力・短リーチ・反射技なし=間合いを支配されやすい」「復帰阻止耐性低め」を徹底的に突かれまくるからである。
それを乗り越え超火力コンボを叩き込んだり、上Bや横B暴発で勝負を一瞬でひっくり返したりできた時の快感にはまれば、やみつきになること請け合いだ。

前作から及びアップデートによる変更点

『ルイージマンション3』の新型オバキュームが先行登場し、つかみと投げの内容が一新された。
投げの方向性自体は前作から据え置き。弱体化こそしたものの、後ろ投げで撃墜・下投げでコンボ始動といった味付けは健在。

色の意味
…強化…弱体化…ワザ変更
…バグ修正…バグ追加黒…その他

前作から

前作から


  • 基本挙動
    • 地上でのすべりやすさが他のファイターと同程度になった。
  • 弱攻撃
    • ダウン連対応ワザとなった(ごく一部のファイターを除く共通の調整)。
  • 弱攻撃1
    • マリオと同じモーションに戻った。
      • 攻撃範囲が狭まった。
    • 長押しで連発できるようになった。
  • ダッシュ攻撃
    • 攻撃回数が減った(7回→5回)。
    • 全体フレームが大幅に減少した(75F→47F)。
    • 攻撃力が増加した(合計:8%→12%)。
    • 連続ヒットしやすくなった。
  • 横強攻撃
    • モーションが変更され、画面手前を向いて攻撃するようになった。
    • 攻撃力が増加した(8%→9%)。
    • 攻撃範囲が若干広がった。
  • 上強攻撃
    • アッパーカットを繰り出す「ねこアッパー」に変更された。
    • 前方の相手に当てやすくなった。
    • 背後の相手に攻撃できなくなった。
    • 隙が減った(全体:30F→27F)。
  • 下強攻撃
    • 転倒しなくなった。
    • 隙が大幅に減り、短時間で連発できるようになった(全体F:27F→13F)。
      • 攻撃力は減少した(8%→5%)が、同時にふっとぶ距離が縮まったため、コンボしやすくなった。
  • 上空中攻撃
    • モーションが変更。マリオと差別化された。
  • つかみ
    • オバキュームの「キューバンショット」で吸着するワイヤーつかみに変更された。
    • 発生がかなり遅くなった(6-9F→14-17F)。
    • 持続がかなり長くなった(2F→7F)。
    • 隙が大幅に増えた(全体:26F→31F)。
    • 空中つかみが使えるようになった。
      • ただし、空中つかみで復帰することはできない。
  • つかみ攻撃
    • オバキュームで吸い付けたまま攻撃する「オバキュームショック」に変更された。
  • 前投げ
    • オバキュームで前方に叩きつける「オバキューム投げ」に変更された。
  • 後ろ投げ
    • オバキュームで後方に叩きつける「オバキューム反転投げ」に変更された。
    • 他の相手を巻き込むことができなくなった。
  • 上投げ
    • オバキュームで真上に放り投げる「オバキューム釣り」に変更された。
    • 他の相手を巻き込めるようになった。
  • 下投げ
    • オバキュームを背負ったまま攻撃するようになり、名称も「オバキュームドロップ」に変更された。
    • 2回ヒットのワザに変更された。
    • 1ヒット目で他の相手を巻き込めるようになった。
  • 横必殺ワザ
    • 通常
      • 突進し始め(1-5F)に無敵が追加された。
      • ふっとぶ距離が伸びた。
      • 最大ための移動距離が伸びた。
    • 暴発
      • きりもみ回転で飛んでいくようになった。
      • 移動距離が伸び、逆に高度が低下。安全性が高まった。
  • 上必殺ワザ
    • クリーンヒット時のふっとぶ距離が伸びた。
    • 着地硬直が大幅に減った(68F→45F)。
    • 攻撃判定が狭まった。
  • 下必殺ワザ
    • 無敵時間が追加された(地上:4-8F、空中:1-7F)。
    • 最後の攻撃が出るまでのタイミングが早くなった(44F→40F)。
    • 攻撃力が増加した(合計:9%→12%)。
    • 風判定が追加され、近くの相手を引き寄せるようになった。
    • 攻撃範囲が広がった。
    • 連打してもあまり上昇しなくなり、滑空くらいしかできなくなった。
    • 移動できる距離が縮まった。
      • 上記2つの変更点により、復帰ワザとして使用したりすっぽ抜けを利用した低%撃墜を狙ったりすることが不可能となった。
  • 最後の切りふだ
    • ふっとぶ距離が縮まった。
    • 2人以上を吸い込んだ時の発射の間隔が長くなった。

Ver.2.0.0


  • 上スマッシュ攻撃
    • ふっとぶ距離が伸びた。
  • 下空中攻撃
    • 地上にいる相手にメテオ判定が当たらないようになった。
  • 横必殺ワザ
    • スキが減った。
  • 下必殺ワザ
    • ふっとぶ距離が伸びた。

Ver.3.0.0


  • 通常必殺ワザ
    • シールドに対する攻撃力が下がった。

Ver.3.1.0


  • 弱攻撃2
    • 弱攻撃3につないだときに連続ヒットしやすくなった。
  • つかみ
    • 空中つかみにおいて、攻撃が出るまでに着地したときの攻撃範囲が変更され、目の前の相手に当たりやすくなった。
  • 下必殺ワザ
    • 地上で出した後特定のタイミングで空中にとびだしたとき、必殺ワザが終わるまで無敵が続かないようになった。

Ver.10.1.0


  • ダッシュ攻撃
    • 連続ヒットしやすくなった。

通常攻撃

弱攻撃 ジャブ→ストレート→どんけつ

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
弱攻撃12%2-3F18F××
弱攻撃22%3-4F18F
弱攻撃34%6-7F30F325%

マリオと同じモーションのワンツーパンチから、ヒップアタックで〆。

このゲームの準最速である2F弱なので普通に優秀。
…なのだが、ルイージのワザの中ではリターンが極小であるため頼る機会は少ないかも。

今作のほぼ全ての弱攻撃に共通するが、ダウン連に対応しているのでそちらで活躍することにはなる。

ダッシュ攻撃 ぽこぽこパンチ

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
2%×4→4%
(合計:12%)
4F→8F→
12F→16F→25F
47F186%

走りながら前方を必死にぽかぽかと殴る、スマブラにおけるルイージ伝統のダッシュ攻撃。

初代スマブラ拳では「正直あまり使えるものではない」「ダッシュ攻撃につい頼るクセが治る」等と言われるほど弱いワザだったが、
『for』以降は着々と強化が施され、本作では実用的なワザとなっている。

見た目はギャグにしか見えないが、発生が早い割に最終段のふっとばし力がそこそこ強く、持続の長さや拘束力もありなかなかに使いやすい性能を持つ。
さすがにシールドされると隙が大きいので頼り過ぎは禁物。

強攻撃

横強攻撃 ミドルキック

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
9%5-7F32F202%
下シフト:201%

マリオとは逆回転・逆の足で回し蹴り。シフト可能。

下強や上強と発生が同じでありリターンも高くないが、リーチは最も長い。

上強攻撃 ねこアッパー

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
6%5-10F27F184%

マリオとはまた違ったアッパーカット。

前から上に攻撃。低%だとお手玉に出来る。
後ろに当たり判定はないので注意。

下強攻撃 かかとげり

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
5%5-8F13F391%

しゃがみながらかかとで蹴る。

今作で大幅に強化されたワザの一つ。
後隙が非常に小さくなり連射できるようになった。感覚としてはロボットの下強に近い。

ほとんどふっとばさないため、低~中%までは当てた後もつかみの射程内。高%だと転ばすことがある。
コンボでこそないがよく通る。それどころか反射神経が並の相手ならガードさせても通ってしまう。
リーチの短さはご愛嬌。

スマッシュ攻撃*2

横スマッシュ攻撃 地獄突き

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
上シフト15%12-13F41F91%
横シフト88%
下シフト89%

真っ直ぐ揃えた指先で相手の喉元を突く。現実のプロレス技*3としても有名。
頭身の関係で喉元じゃない位置に当たることも多い。スネークとかリアル頭身相手だと、当たる位置が…

発生が早く後隙も小さくふっとばし力も高い、高性能な横スマ。
ルイージの中では長い部類とはいえリーチは短め。また、持続がかなり短いため回避などを狩るために使うのは難しい。
隙を晒した相手に咄嗟に差し込むような使い方がベター。
シフトでふっとび方向が変わるが、『X』や『for』のように上シフトで大きく撃墜%が変わることはない。

上スマッシュ攻撃 スマッシュヘッドバット

※ステータス欄の表記は[身体/]

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
12%/14%9-13F39F身体130%/110%

マリオと同じモーションのヘッドバッド。

頭に無敵があり、地対空における対空ワザとして機能するほか、後方の攻撃発生がかなり早い。前方でもそこそこ。
そのため、引き上スマッシュやダッシュ反転上スマッシュとの相性がよい。右スティックをスマッシュに設定するのもあり。
さらに後隙が少なく、手痛い反撃を受けづらい。強気に振っていこう。

ただし前方への攻撃範囲には難があり、小柄なキャラ相手だとよく空振りするので注意。

マリオとの違いとしては、出始めの後退がないこと、持続と無敵が1Fずつ長いこと、
相手を前に飛ばすこと、そして胴体よりも頭を当てた方が強力なこと。

下スマッシュ攻撃 ダブルキック

※ステータス欄の表記は[根本/先端]

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
15%/14%6-7F37F137%/147%
15%/14%14-15F100%/108%

しゃがみながらの回し蹴りで前後に攻撃する。

マリオの下スマは後側で当てるとダメージが増加するが、ルイージは根本の方がダメージが多い。
後方の方が強くふっとばすのはマリオと同様。

本作では前方を当てた場合、普通に前方にふっとばすようになった。

空中攻撃

通常空中攻撃 ルイージキック

ダメージ発生F全体F着地隙属性ベクトル撃墜%
12%3-5F44F8F165%
持続6%6-31F274%

毎度お馴染みのスマブラキック。首の向き以外はマリオと同じモーション。

リーチは短いが発生が非常に早く、持続も長い。ダメージもかなり高め。
空中からの差し込み、コンボ、浮かされた時の暴れ、ガーキャンと使い道の多いワザ。

他のファイターのものと大きく異なる性質として、真上にふっとばすという特徴がある。
当てた後は追撃・お手玉のチャンス。

前空中攻撃 脳天チョップ

ダメージ発生F全体F着地隙属性ベクトル撃墜%
8%7-10F23F13F243%

目の前にチョップ。
全体動作がかなり短く、回転が早い。威力が控えめなのも功を奏してコンボ・連係に活躍。
チョップを地面にぶつけた時に痛がっているのか、この手の回転率の高い空中ワザにしては珍しく着地隙が大きいので注意。
  
その他、発生の速さを活かした対空にも。

後空中攻撃 後方ドロップキック

ダメージ発生F全体F着地隙属性ベクトル撃墜%
14%6-7F44F10F124%
持続8%8-13F213%

マリオと同じモーションの、両足を揃えてのキック。

ダメージ・ふっとばし力がマリオよりも高く、早期撃墜も狙える。
リーチもルイージのワザの中では長め。
ただし後隙がかなり長いため、マリオのような乱発はできない。

上空中攻撃 エアスラッシュ

ダメージ発生F全体F着地隙属性ベクトル撃墜%
11%5-7F26F7F203%
持続7%8-11F302%

つま先で頭上を切り裂くように鋭い蹴りを放つ。通称エアスラ。
モーションが変更され、マリオと同じように見えてそうでもない感じに。

回転率の高い空中攻撃。
後方を当てるとその後に空中攻撃につなげることが可能。

下空中攻撃 ドリルキック

ダメージ発生F全体F着地隙属性ベクトル撃墜%
10%10F28F12F%
持続8%11-14F202%

身体を捻りながら、下方向へ回転蹴り。

発生の早いメテオワザ。ただしメテオ部分は地上の相手には当たらない。
メテオワザの例に漏れず主な用途は早期撃墜。
…なのだが、即死コンボのパーツとしての方が有名だったり。

つかみ

発生F全体Fリーチ
通常14-20F47F28.8
ダッシュ16-22F51F43.5
ふりむき17-23F49F27

『ルイージマンション3』から「キューバンショット」が一足先に登場。

ワイヤー系のため出が遅くつかみにくい。
特にガーキャンつかみが他のキャラと違ってあまり通らないのが非常にツラい。
ダッシュ振り向きつかみの方を多く使った方がいい。
投げのリターンは非常に高く、つかみの技術は磨いておきたいところ。

余談だが、ルイージは向きによってモーションが左右反転するファイターの一体なのだが、
オバキュームのデザインの関係で、つかみ・投げワザに限りその対象外となる。

空中つかみ 空中オバキューム

ダメージ発生F全体F着地隙属性ベクトル撃墜%
通常5%14-68F52F1-48Fで着地:20F
49-52Fで着地:8F
325%
着地6-62F20F

空中で吸盤を飛ばす。ワイヤー復帰は出来ない。
落下する吸盤にも当たり判定がある。ガケから吸盤をガケ外に落とすようにすると復帰妨害できる。

ジャンプし着地する寸前で出すと地上で空中撃ちができる。以外に後隙が少なくそこからダッシュ攻撃や掴みなどつなげられる。
小ジャンプ→急降下→着地寸前空中つかみと入力すれば早く出せる。

つかみ攻撃 オバキュームショック

ダメージ発生F全体F属性
1.3%1F6F

中量級タイプのつかみ攻撃。強く吸引してダメージを与える。

前投げ オバキューム投げ

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
9%15F37F223%

『ルイージマンション3』の「スラム」のように叩きつける。

後投げ オバキューム反転投げ

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
10%15F37F164%

前投げと同じワザだが、ふっとばしはこちらの方がかなり強い。
ガケ際の攻防に。

上投げ オバキューム釣り

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
巻き込み6%15F39F281%
投げ8%18F189%

釣り上げるように真上に放り投げる。
振り上げられる相手ファイターに攻撃判定がある打撃投げ。

下投げ オバキュームドロップ

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
打撃3%18-28F40F387%
投げ3%29F260%

オバキュームを背負いながらのヒップドロップ。
1段目は他の相手にもヒットする打撃投げ。

ルイージの主力。この投げからガンガン攻め込んでいこう。
90%前後であればサイクロンでコンボしつつ撃墜できることもある。

必殺ワザ

通常必殺ワザ ファイアボール

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
6%17-45F43F××
持続5%46-66F

『スーパーマリオブラザーズ』からお馴染み、炎の弾を掌より発射する。
本来は使用者を問わず赤色の弾だが、『スマブラ』でのルイージは緑色の弾を放つ。

マリオのものと異なり、素早くバウンドするかのような動きで真横に飛んでいく。
マリオ版よりも20F早く消滅するため飛距離は短いが、後隙も6F短くなっている。
地味にダメージも1%多い。

密かにダウン連対応のワザだが、今作は弱攻撃で可能な為狙う機会はないかも。

横必殺ワザ ルイージロケット

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル撃墜%
通常6.166~21%22-60F39F301~88%
暴発25%53%
全体F
前動作17F
ため通常0-149F
はじき0-129F
不発39F
接触せず着地76F
着地せず62F
接触着地33F
着地せず19F
カベ突きささり91F

力を溜めて横方向に頭突きで突っ込む。『DX』で登場したスマブラオリジナルのワザ。
なぜか付与される炎属性、ファルコンパンチ並の威力を誇る暴発版、そしてどの作品でもなんとも言えない脱力した姿勢と変顔…とかなりシュールなワザ。
「スマブラでの」ルイージを象徴するワザの一つと言える。ルイージの何が暴発するというんだとか言ってはいけない。

基本的にはボタンを押しっぱなしにすると溜めを開始し、溜めれば溜めるほど威力と飛距離がアップする突進ワザ。
通常は90F溜めると最大になるが、はじき入力で出すと溜めが20F短縮される。

が、他の突進ワザとは異なる点として溜め時間に関わらず10%の確率で暴発するという仕様がある。
暴発時は凄まじい勢いで突進し命中時は強烈なダメージと吹っ飛ばしを与える。
本作では暴発したときはきりもみ回転しながら、ほぼ水平に飛んでいくようになっているので当てやすくなった。

地味に後隙が前作より小さくなっている…が、着地点で待たれたら痛手は免れない。
今作でも地上でタメすぎると不発になるので活用しよう。この仕様は割と強化と言えなくもないが少なくとも攻撃面で多用するワザではない。

忘れがちだが、最大タメのダメージは25%とかなり大きいため、ガードさせればかなり削れるしノックバックもする。
上記後隙の改善もあり、出の遅いワザであれば緊急回避が間に合う。
もし上手く背後に回り込めたら、横スマや上Bですかさず追撃しよう。ガードなら破壊できる。

ちなみにもう一つ他の突進ワザとは異なる点を挙げると壁に向かってロケットをすると一定確率で壁に刺さるという仕様がある。
大きく隙を晒してしまうので注意。

上必殺ワザ スーパージャンプパンチ

ダメージ発生F着地隙属性ベクトル撃墜%
地上25%8F45F52%
持続1%9-23F××
空中20%6F93%
持続1%7-23F××

『スーパーマリオブラザーズ』でもお馴染みの効果音と共に真上に飛び上がるアッパーを放つ。
『初代』から継承され続ける、スマブラのルイージを象徴するワザの一つ。

普通に当てるだけでは1%というショボい威力で、まったくふっとばさない。
しかし、出だしを当てれば超威力のファイアジャンプパンチに変化。
終点地上マリオを52%で撃墜できるふっとばし力となり、カキーン音やズーム演出も付く。
ほかほか補正があれば更に強力に。

空中だとクリーンヒットの威力が下がり、カキーン音やズーム演出もなくなる。
できれば地上で当てておきたいところ。

出だしのリーチは非常に短く、当てるには相手にほぼ密着しなければならない上に外すと隙だらけになる。
地上移動が遅いルイージでは相手に近付くのも難しいので、基本はガーキャンやダウン連等の確定コンボで狙っていくことになる。
まずは崖上がり攻撃をガーキャンで狩るところから意識してみよう。

上記の通り軌道が真上にしか飛ばず上昇量もそれなり程度な為、復帰ワザとしてはかなり弱い部類に入る。
尻もち落下の着地隙が壊滅的に大きい為、そのまま地上に戻れば攻撃の的。
なので基本崖掴まりに頼る事になるが、上B→崖掴まりのルートがほぼ確定となってしまう為、追撃や崖狩りにとても弱い。
前作までの様な下Bの上昇に頼る事も出来なくなったので、崖下からの復帰は鬼門。
一方で復帰阻止に来た相手にカス当たりで空中ジャンプを消費させたり回避を暴発させたりで大事故を起こすことも

下必殺ワザ ルイージサイクロン

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
2%×4→4%
(合計:12%)
10-33F→40F85F151%

回転体当たりで相手を巻き込み、最後に両手を広げるようなモーションで相手を上にふっとばす。

最終段のふっとばし力が非常に高く、上空で当てる事ができれば早期撃墜も狙えるルイージの主力撃墜ワザ。
高%(ほかほか補正込みで130~150%?)なら地上当てからでも撃墜できる。
ベクトル変更の影響が大きく、分かっている相手には耐えられやすいことには注意。

地上版は4-8F、空中版は1-7Fに無敵が発生するため、暴れの手段としても非常に優秀。
さらに今作では地上版に吸い寄せ、空中版に前から後ろに風判定が付加されたため、攻撃範囲は見た目以上に広い。
蓄積%によっては下投げから確定し、そうでなくても無敵を活かして相手に暴れを許さない連係を仕掛けられる。
状況次第では暴れで撃墜を狙えるというとんでもないワザと化す。攻撃方面は超強化されたといって差し支えない。

一方で防御関連は大幅弱体化。
今作では連打しても滞空程度にしか浮かなくなり、復帰に使えなくなった。復帰が弱いルイージにとってこれは致命的。
また左右への移動力も鈍り、ごまかしも利きづらくなった。さすがに後隙は大きいのでサイクロンを読まれると大ピンチ。
あと当然ながらサイクロンメテオも削除。

…よって、前作では崖外でよく使われたのが、今作ではステージ内でよく使われることになる。
前作から大きく使い勝手が変わったワザ。というか別物と思ってもいいかも。

最後の切りふだ オバキューム

ダメージ属性ベクトル撃墜%
30.1%→10%48%*4

オバキュームで吸い込み、最後に吐き出してふっとばす。

攻撃範囲にランダム性があり、後ろの相手を吸い込めない場合もある。

起き上がり・ガケのぼり攻撃

ダメージ発生F
あおむけ7%19-20F→24-25F
うつぶせ7%20-21F→24-25F
しりもち5%20-21F→31-32F
ガケのぼり9%20-22F

カラーバリエーション

カラー帽子シャツオーバーオール備考
1紺色
2オレンジオレンジ水色
3ピンクピンク通称「いちごルイージ」(『スマブラ64』公式サイトより)。
4水色水色青紫
5ファイアルイージの配色。
6ネイビーワルイージの配色。ただしLマークは紫になっている。
7紺色黄緑藍色ゲーム&ウオッチ版『ドンキーコングJR.』のパッケージにおけるマリオの配色。
8黄色黄色

アピール

上アピール

  • 正面にピース
  • 腰を曲げて右側に両手指を指す
  • 鼻に指を当てて考えるようなポーズ
  • 画面奥に屈み込んでスネるようなポーズ
  • 『ルイージマンション』ではお馴染みの両手を顔に当てて戦慄するポーズ

の順に、高速かつ次々とポーズを変えていく。

『マリオ&ルイージRPG』シリーズにおける写真を撮影できるシーンが元ネタ。
奇天烈なボイスもあって非常にシュールなアピール。ホッハッヒッヘッフッ

横アピール

金縛りにあったかのように固定化された体勢になって正面に倒れ込み、海老反りになるシュールな動作。

『DX』から存在する勝利ポーズの一つが元ネタ。詳しくは後述。

下アピール

ダメージ発生F全体F属性ベクトル撃墜%
2%45F69F×

不機嫌そうに足元の石ころを蹴るようなモーション。
初代スマブラから続くルイージの伝統的なアピール。

足の部分に攻撃判定がついているのも初代から続く伝統。ガケ無敵の切れた相手などに当てることができる。
そしてかなり強めのメテオ効果を持っている。魅せプレイにどうぞ。
「だれかと」では使えないのが惜しまれる。

なお、このアピールは通常の物とは違い、動作を途中で中断できない。
他の攻撃判定があるアピールにも同様の性質がある。

入場

「Let's Go...」

両手を顔に当てて戦慄するポーズをしつつ土管から登場。
マリオと同じ台詞だが、声のテンションが低め。

待機モーション

  • 後頭部を掻く。
  • 鼻をいじった後、鼻を前方へピンと伸ばして弾く。

リザルト

ファンファーレ

『スーパーマリオブラザーズ』の「コースクリア」のアレンジ。

本作では終わり際が短縮された。

勝利ポーズ

十字キー左

横アピールと同じ海老反りポーズで2回倒れ込む。

この謎のポーズは、ディレクターの桜井政博氏が突然思い付いたアイデアを起用したもの。
開発当時、桜井氏本人がソファーの上でプログラマーに実演して見せたらしい。
プログラマーは何とも言えない表情をしていたとか。

十字キー上

「Bang, Bang!」

背中を向けた状態からこちらに振り向き、両手でガンマンのような仕草を見せる。

十字キー右

左右にぽこぽこパンチを疲労し、息が上がる。

唯一『初代』から存在するポーズ。
『初代』のキャラクターセレクト画面でルイージを選んだ際のモーションでもある。

拍手

下を向きながら拍手。

ファイタースピリット

ルイージ


●アートワーク出典:マリオパーティ8

アドベンチャーでの解放条件

挑むには直前のリンク(ゼルダの伝説)を必ず倒さなければならない。

スピリッツバトル

  • セットパワー:10,600
  • 属性:投げ
  • ステージ:ルイージマンション(終点化)
  • BGM:ルイージマンション:メインテーマ

コメント

コメントの過去ログはこちら


*1 厳密に言えば1992年に海外でMS-DOS用ソフトとして発売された「Mario is Missing!」が初だが、任天堂はライセンスを与えたのみで開発には関わっていない。このことを暗にフォローする為か、スマブラSPのルイージのスマちしき「初めての主役」の項目では「大々的に主役として活躍したのは~」と紹介している。
*2 溜めるとダメージが最大で1.4倍にまで上がる
*3 空手における「貫手」と同様の技。
*4 終点中央で発動した場合。