シエル

Last-modified: 2022-08-10 (水) 22:07:27

キャラクター概要

シエル登場作品サウンド表記
ロックマンゼロ音声:新録(CV:田中理恵)英:Ciel
効果音:ゼロ中:雪兒


ロックマンゼロのヒロイン。貴重な人間の女性キャラということもあり人気は今でも高い。
元々はネオ・アルカディアの科学者だったが、ネオ・アルカディアによるイレギュラー認定(無実のレプリロイド達への不当な弾圧や処刑)に疑問を抱き、彼らと共にネオ・アルカディアを離脱しレジスタンスを結成する。
しかし圧倒的な戦力差により追い詰められた彼女達は、あるかもわからない伝説に頼り向かった古い研究所にて「彼」と運命的な出会いをすることに…

ネタバレにつき折りたたみ

実はネオ・アルカディアを統治するコピーエックスは 9歳の頃の彼女*1によって造られていた。
ストーリーでは心優しく儚げな彼女が描かれているが、ゲーム内では(ゼロ2の一部ミッションを除き)いくら斬ったり撃たれたり落下しても倒れる様子が無い。
ゼロの働きが悪ければ、リザルトレポートにて「ムノウ」「テツクズ」「ゼンマイジカケ」「マケイヌ」などありがたい散々な評価を突きつけられる。*2
称号もそうだがオマケで自室の扉にロックをかけ閉め出される。
…サイバーエルフは使わないでほしいの。
流石にゼロ2以降はマイルドな称号のみになった。

ゼロ3で「システマ・シエル」と呼ばれる究極のエネルギーシステムを開発。*3サイバーエルフを利用した永久機関であり、使うと消滅してしまうサイバーエルフの消費がないという理想をそのまま体現してしまった。
後の時代ではライブメタルの作成者であることが示唆されている。これがまた一悶着を起こすのだが…。



原作ではレジスタンス唯一の人間で、一部を除いて司令官を務める完全非戦闘員だった。
…が、DiVEではまさかの生身で参戦。
ダブルジャンプや壁蹴り、ダッシュも通常通り可能、腕も付け替えできてしまう。
どういうことなのと言いたくなるが、DiVEは「ゲーム世界の話」であり、「シエルが動いているのではなく、ハンタープログラムをプレーヤさんが操作している」という設定なのでまったく問題ない。アバターみたいなもん。
…理解できない! と言う人は 「ゼロ1の無敵状態のシエルが仲間に加わった」とでも思えば良いだろう。それでもゼロと並走してたんだけどね

  • 原作の初期着想段階では、シエルもサイバーエルフで戦闘のサポートをするキャラとして参戦させる構想があったようで、その頃は半機械人間という設定も考えられていたらしい。それらも考慮するならDiVEへの実装はある意味原点回帰とも言え、一部のファンは歓喜したとかなんとか。*4
  • ボイスはコロナの影響で未収録だったが、2022年6月15日のアップデートにより田中理恵氏の新規収録されたボイスが実装された。

    長くなるので折りたたみ

    • ゼロのサポートキャラ[サイバーエルフ]や原作では描かれずに謎だった[システマ・シエル]を備えての登場。システマシエルは元々あるサイバーエルフ達のデータをもとに平和を願って作られたエネルギーシステムという存在なのでサイバーエルフ強化、減速、武装解除させるスキルとなっている。緩やかな平和の歩み
      しかし、結果的に新たな戦いの引き金となってしまった…
    • レプリロイド達を集めレジスタンスを組織した張本人ではあるが、あくまで「処分されるレプリロイドを自分の仲間として含めた自分たちの身を守るための行為」であり、平和を願って殺しに掛かるレプリロイドとは似ているようで断じてちがう。*5
    • ロックマンシエルより公式が先に出してしまった。 喜ぶべきか悲しむべきか。
    • せっかくなのでエールゼロ(Z)と共にエリアフォレストやバイオラボラトリーへ出撃してみるのもいいだろう。エアフォースは…

スキル

スキル倍率は未所持時に書かれている数値(スキルレベル0の数値)を記載。
未所持時のスキル倍率×0.8%×スキルレベル+未所持時のスキル倍率でレベルが上がった場合のスキル倍率が出せる。

サイバーエルフ

クールタイム:10秒威力:約67%
強化時:約83%
効果時間:10秒

敵をロックオンし、援護射撃を行うサイバーエルフを召喚する。
サイバーエルフは、10秒経過するか攻撃を6回行うと消滅する。

  • 6回合計約402%(強化時約498%)
    • ダイヴカード5凸装備時8回合計約536%(強化時約664%)
EXスキルランク
アニマル・マンネンスキル発動時防御強化状態になり受けるダメージが36%減少。1
効果時間:8秒
アニマル・ターボスキル発動時加速状態になり、移動速度が36%上昇。1
効果時間:20秒
ナーススキル発動時、攻撃力36%分ライフを回復する。4

システマシエル

クールタイム:10秒効果時間:8秒無敵時間:1秒

エネルギーフィールドを展開し、範囲内の目標に攻撃力63.00%の連続ダメージを与え、重ねがけ可能な減速効果を与える(最大10回まで)。
また、サイバーエルフの援護射撃を強化する。発動中はダメージを一切受けない。

  • 攻撃回数7回(合計441%)
  • 地上にしか設置できない。シエルエリアはシエルが範囲に接触しているときのみ有効。(範囲内でもジャンプ時の援護射撃に対し無効。下を通過できる足場や切り立った場所へシステマシエルを設置した場合、空中にはみ出た部へ接触している際エルフが援護射撃を行うと有効になる。)
  • 4凸パッシブでスキル発動後抗体シールドが付与される
    • ダイヴカードシステマシエルで抗体シールドの時間が5秒から7秒に増加する。
  • 5凸の武装解除はザコ敵の武器攻撃にも有効。対戦ではプレーヤーに対し武器使用不可となる。
EXスキルランク
クイック冷却クールタイムが20%短縮される。2
活性化エネルギー目標に減速効果を付与する間隔が20%短くなる。2
攻撃回数が10回になる(合計630%)
武装解除命中した目標を一定確率で武器使用不可にする。5
効果時間: 秒

パッシブスキル

パッシブスキルランク
ダメ率アップシステマシエルの外では、サイバーエルフの援護射撃のダメージ倍率が20%上昇。0
ダメ率アップシステマシエル範囲内にて、サイバーエルフの援護射撃のダメージ倍率が20%上昇。0
ハッカーサイバーエルフの援護射撃が命中した目標に、重ねがけ可能な減速効果を与える(最大10回まで)システマシエルによる減速効果と併用可能。3
効果時間: 秒
抗体シールドシステマシエル発動後、受けるデバフ効果を無効にするシールドを展開。
インジェクター系武器装備時、被ダメージが20%減少。
4
効果時間:5秒
シエルエリアシステマシエル内であれば、サイバーエルフの援護射撃が範囲攻撃になり、壁や障害物に当たっても消えずに貫通する。
インジェクター系武器装備時、全ての攻撃によるダメージが20%アップ。
5

固有DNA

固有DNAランク
ホーミング性能サイバーエルフの射程が20%アップし、ホーミング性能が追加される。1
高速反応システマシエルを使用すると、即時に範囲内の目標に2回分の減速状態を付与する。3
効果時間: 秒
エネルギー革新システマシエルのサイバーエルフを強化する範囲が大きくなる。自身がシステマシエル範囲内にいると、受けるダメージが35%減少。5

アペンドDNA

★1で解放される枠で抽選されるスキル

Lスキル名説明
1プレイヤー特防Iプレイヤーからの被ダメージが4%減少。
1ボス特防Iボスからの被ダメージが4%減少。
1減速特攻I減速状態の目標に命中すると、ダメージが4%アップ。
1スキル使用不可特攻Iスキル使用不可の目標に命中すると、ダメージが4%アップ。
1武器使用不可特攻I武器使用不可の目標に命中すると、ダメージが4%アップ。
1行動不能耐性I行動不能効果を受けたとき、20%の確率で無効化する。
1スキル使用不可耐性Iスキル使用不可効果を受けたとき、20%の確率で無効化する。発動率は、装備中同種スキルの合算値となる。
1防御弱化耐性I防御弱化効果を受けたとき、20%の確率で無効化する。
1近距離増幅I近距離の目標に命中すると、ダメージが4%アップ。
1中距離増幅I中距離の目標に命中すると、ダメージが4%アップ。
1逆境適性Iライフが50%以下の時、受けるダメージが常時4%減少。
1近距離適性I近距離から攻撃された際、受けるダメージが4%減少。

★2で解放される枠で抽選されるスキル

Lスキル名説明
1減速特攻I減速状態の目標に命中すると、ダメージが4%アップ。
2減速特攻II減速状態の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
1スキル使用不可特攻Iスキル使用不可の目標に命中すると、ダメージが4%アップ。
2スキル使用不可特攻IIスキル使用不可の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
1武器使用不可特攻I武器使用不可の目標に命中すると、ダメージが4%アップ。
2武器使用不可特攻II武器使用不可の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
1行動不能耐性I行動不能効果を受けたとき、20%の確率で無効化する。
2行動不能耐性II行動不能効果を受けたとき、30%の確率で無効化する。
1スキル使用不可耐性Iスキル使用不可効果を受けたとき、20%の確率で無効化する。発動率は、装備中同種スキルの合算値となる。
2スキル使用不可耐性IIスキル使用不可効果を受けたとき、30%の確率で無効化する。発動率は、装備中同種スキルの合算値となる。
1防御弱化耐性I防御弱化効果を受けたとき、20%の確率で無効化する。
2防御弱化耐性II防御弱化効果を受けたとき、30%の確率で無効化する。

★3で解放される枠で抽選されるスキル

Lスキル名説明
1プレイヤー特防Iプレイヤーからの被ダメージが4%減少。
2プレイヤー特防IIプレイヤーからの被ダメージが6%減少。
1ボス特防Iボスからの被ダメージが4%減少。
2ボス特防IIボスからの被ダメージが6%減少。
1近距離増幅I近距離の目標に命中すると、ダメージが4%アップ。
2近距離増幅II近距離の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
1中距離増幅I中距離の目標に命中すると、ダメージが4%アップ。
2中距離増幅II中距離の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
1逆境適性Iライフが50%以下の時、受けるダメージが常時4%減少。
2逆境適性IIライフが50%以下の時、受けるダメージが常時6%減少。
1近距離適性I近距離から攻撃された際、受けるダメージが4%減少。
2近距離適性II近距離から攻撃された際、受けるダメージが6%減少。

★4で解放される枠で抽選されるスキル

Lスキル名説明
0抗体シールド共鳴抗体シールド展開中、ダメージが8%アップ。
2減速特攻II減速状態の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
3減速特攻III減速状態の目標に命中すると、ダメージが8%アップ。
2スキル使用不可特攻IIスキル使用不可の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
3スキル使用不可特攻IIIスキル使用不可の目標に命中すると、ダメージが8%アップ。
2武器使用不可特攻II武器使用不可の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
3武器使用不可特攻III武器使用不可の目標に命中すると、ダメージが8%アップ。
2行動不能耐性II行動不能効果を受けたとき、30%の確率で無効化する。
3行動不能耐性III行動不能効果を受けたとき、40%の確率で無効化する。
2スキル使用不可耐性IIスキル使用不可効果を受けたとき、30%の確率で無効化する。発動率は、装備中同種スキルの合算値となる。
3スキル使用不可耐性IIIスキル使用不可効果を受けたとき、40%の確率で無効化する。発動率は、装備中同種スキルの合算値となる。
2防御弱化耐性II防御弱化効果を受けたとき、30%の確率で無効化する。
3防御弱化耐性III防御弱化効果を受けたとき、40%の確率で無効化する。

★5で解放される枠で抽選されるスキル

Lスキル名説明
0抗体シールド共鳴抗体シールド展開中、ダメージが8%アップ。
2プレイヤー特防IIプレイヤーからの被ダメージが6%減少。
3プレイヤー特防IIIプレイヤーからの被ダメージが8%減少。
2ボス特防IIボスからの被ダメージが6%減少。
3ボス特防IIIボスからの被ダメージが8%減少。
2近距離増幅II近距離の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
3近距離増幅III近距離の目標に命中すると、ダメージが8%アップ。
2中距離増幅II中距離の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
3中距離増幅III中距離の目標に命中すると、ダメージが8%アップ。
2逆境適性IIライフが50%以下の時、受けるダメージが常時6%減少。
3逆境適性IIIライフが50%以下の時、受けるダメージが常時8%減少。
2近距離適性II近距離から攻撃された際、受けるダメージが6%減少。
3近距離適性III近距離から攻撃された際、受けるダメージが8%減少。

Tag: 減速特攻 武器使用不可特攻 スキル使用不可特攻 行動不能耐性 防御弱化耐性 スキル使用不可耐性 近距離増幅 近距離適性 中距離増幅 プレイヤー特防 ボス特防 逆境適性 抗体シールド共鳴

断片の入手方法

  • ダイヴカプセル
  • 常設ショップ(パッチ変換)

関連動画

紹介動画

特徴/使用感

あなたの力を借りたいの…
助けて…くれるよね?

1凸↑でタイムアタック、5凸で対戦特化の性能を発揮するキャラ…だった。
→2020/1/17 かつての強豪クラス。スキル構成は対戦向けなのだが、環境のインフレ化に伴い現状は抗体シールド特化のタイムアタック向きポジションに落ち着ついている。

  • 2022/6/15ボイスと同時に実質インジェクター適正&達人の実装という大幅強化をもらった。(後発的ではあるが)パッシブスキルでインジェクター適正と達人を持つのは彼女が初となる。

1凸スキル発動時の加速バフが20秒とCTよりかなり長く実質常時発動。武器で殴るのに向いている
更に専用カードで現状唯一貼り直し可能な最長の抗体シールドを発動できるほか、5凸すると攻撃禁止デバフを付与したり、敵の移動を大きく制限するスキルを持つ。

  • 自動狙撃や自身をデバフから守りつつ回復することができるので、インジェクターメインに武器を持ち換えれば様々なコンテンツで活躍が見込めるだろう。

スキルエフェクトは彼女を象徴する美しさ。
シエルの身はプレーヤさんが守るであーる!


サイバーエルフ
相手を自動でロックオンし狙撃する。観賞用
ダイヴトリガーレイスプラッシャーのようなスキル。あちらと異なり自分についてくる。
3凸のハッカーにより重ねがけ可能な減速を追加付与。

  • 専用ダイヴカード未装備では射速と弾速どちらも遅く、範囲内に入った敵に対して障害物があっても無駄に弾を射出し少ない攻撃回数を消費してしまうという欠点がある。
  • ほぼ問題ないが、高速移動するギミック上では少し遅れてついて来る。かわいい

5凸の【シエルエリア】によりシステマシエルの範囲内であれば、地形を貫通する。
防御せず動かないボスに対しては全弾当てられるが それでも総火力は低く、(無凸パッシブを両方解放していなければ)避けたり移動するだけでシステマシエルの範囲内外に出てしまい火力が下がってしまう。
ダメージには期待せず、3凸減速+各EXによるバフ/回復のついでに 補助火力を得られる程度だと思った方が良いだろう。
専用ダイヴカードを装備すると、攻撃回数とロックオンスピードが20%上昇。
カードを装備することでスキルランクがA→Sになった。非常に使いやすくなる。

アニマル・マンネン
1凸。発動と同時に防御バフを付与する。
アニマル・ターボと異なり8秒と常時発動できない。攻略&タイムアタック共に使い勝手がよく無難に扱いやすい。ナースの回復が間に合わない時か回復武器装備時を除きナースが有利。
アニマル・ターボ
1凸。発動と同時に加速バフを付与する。
クールタイム10秒<発動20秒の常時発動で攻略・タイムアタックに有効。バフ更新にゆとりがあるのでサクサク移動しながら武器攻撃に集中しやすい。ただし防御や回復とは取捨のため、武器やカード等で補う必要がある。
ナース
5凸。発動と同時に攻撃力36%のライフを回復する。
回復量はそこそこあるが、加速&防御バフとは取捨な上にスキルCTを考えると使い所が限定される。
とはいえボス戦でも安定して回復可能。ソードブライなど攻撃バフ状態になら回復量も多少増強できシールド武器を持ち込み被弾しづらい場合なら、マンネンより使いやすい。

システマシエル
シエルの代名詞。断じて自己命名ではない。
フィールド展開による連続攻撃。無凸パッシブ解放によりサイバーエルフ強化と範囲内の敵へ減速デバフを付与する。
無凸では超平和的な減速増し増し足止めトラップだが、武器やサイバーエルフなど 他の減速効果と重ね掛けすることで 相手は移動できなくなる(武器攻撃やスキル発動はできる)
減速デバフはボスにも有効。5凸の武器攻撃禁止デバフはザコ敵にも適用されるため、特にヤコブでは範囲内に入った連中が何も出来ず滅する光景が見られる。

  • 強制戦闘では無敵状態のスパイクマールに要注意。命中後3凸エルフ減速が相まってエリア侵入後そのまま固まってしまう。そこにうっかりシステマ追発動で戦闘が永遠に終わらない長引く…という事態に。封印しよう

4凸で発動と同時に抗体シールドが展開される。
好きなときに5秒間貼れるのは大きなメリット。
専用ダイヴカード(無凸)装備で抗体シールドが7秒に増加する。カード5凸なら抗体シールドをスキル解除無効に強化。

  • 抗体シールドに共通する仕様だが重複可能

ホーンドホーン2凸↑とタイミングが合えば最長9秒展開できる。あちらのアドスキル[スキル使用不可耐性]との併用で鬱陶しい行動不能&スキル使用不可を大幅に阻止できる!…のがウリ。ついでにイエローデビルかアンセスタルがあれば盤石である。

クイック冷却
タイムアタックならクイック冷却一択。とにかく抗体シールドの展開がしやすくなる。タイムアタックイベントでは必ず言っていいほど減速&行動不能が飛び交うので最も有効。
活性化エネルギー
かつては単に減速付与間隔が20%上昇という、あまり選択されないEXスキルだった。
→アップデートにより減速付与と同時に攻撃判定が追加されたらしく、システマシエルの攻撃回数が増加する。
武装解除
フィールド内の相手に武器攻撃禁止デバフを付与。攻略では(限定的だが)ザコ達を一方的にぶっ叩くことが可能、ただしフィールド外からの奇襲とスキル攻撃には無力。CT短縮を捨てるほか、ザコが上空から降ってきたりと不安定でシールド無しなら過信しない方が良い。

修正以前の対戦向けスキル説明

サイバーエルフ
自動攻撃、ダイヴトリガーのレイスプラッシャーのようなスキル(設置ではなく自分について回る)
射速、弾速どちらも遅く、範囲内に入った敵に対して障害物があっても無駄に弾を射出し、少ない攻撃回数を消費してしまうという欠点がある。
後述の【システマシエル】の範囲内であれば、5凸にして壁を貫通するようになる。
また動かないボスに対しては全弾当てられるが それでも総火力は低く、(無凸パッシブを両方解放していなければ)避けたり移動するだけでシステマシエルの範囲内外に出てしまい火力が下がってしまう。
ダメージには期待せず、3凸の減速や各種バフ/回復のついでに 補助火力を得られる程度だと思った方が良いだろう。
専用ダイヴカードを装備すると、攻撃回数とロックオンスピードが20%上昇する。
アクアフロスターで同時攻撃すれば相手を一気に移動不可にさせる事も可能なので対戦で有効。

  • アニマル・マンネン
    自身の防御力を高めつつ、サイバーエルフで相手を減速させる。
    前述したアクアフロスターにマッドノーチラスのチップを装備して攻撃デバフを付与すると強力。
    シエルの耐久力を大幅に上昇させながら安全に相手を移動不可にする事が出来る。
  • アニマル・ターボ
    タイムアタック・対戦で有効。
    対戦ではサイバーエルフのオート射撃に頼り、狙撃系武器を撃ちながら ひたすら逃げ回るという引き撃ち戦法が可能。
    5凸の壁貫通があれば馬鹿に出来ない戦法で、「敵の索敵+待ちトラップ+移動しながら攻撃ができる」というのは非常に厄介。
    4凸した雷神太鼓との相性も非常に良く、こちらを主体に立ち回るシエルが居てもおかしくはない。
    ランキング戦GAで強力な編成である、加速バフ+ガンアディオン+プロミネンスの切り替え撃ちで速攻で勝負を決める場合も有効。
    シエルの場合、エルフの援護と抗体シールドを独自に展開できるため相性も良い。
  • ナース
    展開と同時にシエル自身を大きく回復できるので高難易度ステージで有効。しかし再発動までのクールタイムが長くシエル自身に防御シールドが無いため過信はできない。

システマシエル】
シエルの代名詞、サイバーエルフを強化し、範囲内の敵に対してデバフを与える。
無凸では単なる強めの減速トラップだが、武器やサイバーエルフなど 他の減速効果と重ね掛けすることで 相手は移動できなくなる(攻撃やスキル発動はできる)
そして5凸で珍しい武器攻撃禁止デバフを与えれるようになり、限定的だが一方的に相手を痛めつけることができる。
発動速度とクールタイムに難があるものの、当たりさえすれば圧倒的なアドバンテージを得られるため サイバーエルフで加速して奇襲システマ、減速させてシステマなど、装備と戦略が重要となる。
トラップとして設置し、逃げる相手を追い込んだり アイテムの手前に置いておく、置いてからアイテムを取りに全力逃亡など使い方は様々。
またザコ敵にも移動制限と攻撃禁止が適用され、ヤコブでは範囲内に入った連中が何も出来ず棒立ちする光景を見れる。 ただしクールタイムにより不安定、過信しすぎない方が良い。
4凸すると展開と同時に抗体シールドを獲得することが出来る。
対戦においては抗体シールドは非常に重要なので、好きなタイミングで展開できるのは大きなメリット。
専用ダイヴカードを装備すると抗体シールドの時間が7秒に増加する。5凸するとなんと抗体シールドをスキルで解除無効に強化される。

  • クイック冷却
    武器禁止デバフは無くなるが、抗体シールドの展開がしやすくなるのでこちらを選択するのも一考。タイムアタックイベントでは必ず言っていいほど減速&行動不能が飛び交うので有効。

固有DNA
5凸前提。対戦をしないのであれば5凸を最優先したい。
開放すれば強化されるが全体的な優先度は低め。
アペンドDNA
DNAリンク


攻略についての詳しい説明をきく?

→はい

レジスタンスの司令官らしくゼロ(Z)と同様、原作通りのゲリラ作戦でやられる前に倒し被弾を避けるタイプ。
被弾前提のDIVEでは、抗体シールドとライフ回復や防御強化はあれど防御シールドがなく、アップデートによる無敵獲得とインジェクター強化以前は他のキャラと比べスキル火力の低さから外されることが多かった。
→安定して使うには5凸。圧倒的なキャラ愛と多数の高性能武器が必要。
シエル自身の凸強化や、Sランク武器5凸を複数揃えるなど前提条件の高さから、基礎ステータスの低い初心者には操作困難で特段に中~上級レベル向け。

  • 補足的には、原作「ロックマンゼロ」をDIVEで最も再現しているキャラ。(難易度はあちらよりかなり易しい)シエルの見た目とスキル等を除きチャージもEXスキルも無い状態の操作性に近いといえるだろう。……ゼロに影響受けすぎである

DIVEによくある5凸で使いやすくなるキャラ。
実装当時は武器数が少なく、初期採用にはかなりキツかったのだが、カードや武器種類が増えアップデートにより強化もされたので揃っていればどうにでもなる。
シールドをもたないため、アドスキル無敵付きサウザランチャーマッコウバークスサドンハザードでシールドを展開するほか、雷神太鼓ミソラシャワーなどの奇襲攻撃で画面外の敵を遭遇する前に倒したい。
上記の武器に加えて強制戦闘では5凸のサイバーエルフ+システマシエルによるオールスルーであまり移動しなくても画面外のザコ敵を勝手に倒してくれる。(無凸パッシブでエリア内外において援護射撃の攻撃力差は存在しなくなる)接近する敵はソードブライフロストギンガなど高火力武器で薙ぎ払ってしまおう。

スキルEXは武器と用途次第で切り替え。
サイバーエルフのEXは加速とライフ回復&防御強化の両立ができないため、ボス戦ではマッコウバークス等でシールドを張ってサブにフロストギンガやらソードブライなど高火力武器切り替え撃ちで早く決着をつけたいところ。シールド無し失礼剣は接触ダメージでティウンしやすいので注意。
タイムアタック時は回避操作に自信があるならターボ選択+加速武器による超加速が期待できる。しかし安定性を考えるならシールド武器回復武器で耐久を補いたい。
最大特徴の4凸抗体シールドはPvEで最も厄介な行動不能を含めたデバフを防いでくれる。(抗体シールド全般にいえることだが、既に付与されたデバフは解除できない。もっともアンセスタルのアドスキル[浄化ルーン]やミジニガムの[ミクロ治癒]、武器にイエローデビルを装備すればなんとでもなるか) アドスキル込みサウザランチャー装備で高頻度にデバフ無効無敵(心頭滅却ではない)ができたりもする。

タイムアタックでは1凸から採用できる。が、専用ダイヴカード(サイバーエルフはできれば5凸、システマシエルは無凸でいい)の装備が必須。2枚ともA→S並に性能補正がかかり、ストーリーや協力プレイでも装備推奨。
しかしサイバーエルフを発動した時点で目的のバフがかかり、加速が優秀な分システマシエルを道中で発動する際モーションが少し長いと感じやすい。デバフは解除できないし…
専用2枚を採用すると回復手段が乏しいので2枚とも何処かに置いて偽シエルマリノ&バットンx2などにすり替え、エルフに頼らず乱戦は己の技術と武装で勝利へと駆け抜けるイエローデビルなシエルの方が扱いやすいかもしれない。
お願い…プレーヤさん

もういちど、説明をきく?

→いいえ


新エネルギーが開発できて……
これでようやく……
世界が平和になると思ったのに……
まだ、戦い続けるしか
ないっていうの……

オマエにできることはもうジュウブンやっている…
あとはオレたちにまかせろ
ゼ…ゼロ…
どのミッションを選択しますか?

→ランクマッチ戦:魔境

最大の難関は専用ダイヴカード×2装備必須である点

相手に複数の減速を付与し移動を封じる事に特化している。
特にシステマシエルの多重減速が強烈で、自チームのリスポーン地点で相手を拘束した後にシエルがやられた場合、後続のキャラで一気に攻め込むチャンスが発生する。
相手にシエルが編成されている場合は注意しておこう。
武器選択が重要で、基本的にはインジェクターを選択したい。高威力と減速を併せ持つフロストギンガ、自身にシールドを張りつつ減速も付与できるマッコウバークス系と相性が良い。

サイバーエルフのEXスキル次第で様々な戦法が可能。

  • アニマル・マンネンを選択する場合は、アニマル・マンネンとマッドノーチラスorカメリーオで耐久力を高め、サイバーエルフとマッコウバークスの減速で相手を拘束した後セイバーで仕留める戦法がシンプル。
    サイバーエルフ数発とマッコウバークスの噴射がヒットすると相手は移動不可になる。
    相手の抗体シールドが発生していないタイミングで上手く接近すると良いだろう。シールドを常に展開する相手も大きく移動を制限して逃がさずに攻撃できる。
    カメリーオ装備のセイバーなら移動を封じた後も安全に攻撃できるので、シエルで安定して戦いたい人にはおすすめの戦法。
    マッコウバリア→アニマル・マンネン→システマ抗体&減速の順番で素早く展開し、減速対策が出来ていない相手にマッドノーチラスマッコウを当てることが出来れば大きく勝利に近づく。相手の攻撃や状態異常を全て弾きつつ、一気に固めて倒してしまおう。
    次元ダメージや減速が発生するベルセルクだと更に強力な戦法になるので相性も良い。
  • アニマル・ターボを選択する場合は、加速しながらスコバスをはじめとする遠距離武器での引き撃ち戦法。エルフの援護射撃もある為立ち回りやすい。
    反対にマップによっては加速により接近してダブルセイバー戦法も可能だが、基本的に非推奨。
    4凸した雷神太鼓との相性も良く、こちらを主体に立ち回るシエルが居てもおかしくはない。
    また、加速バフ+アンコントロールガンアディオン+特防プロミネンスの切り替え撃ちで速攻で勝負を決める場合もある
    代わりにシエルの大きな特徴である拘束力と耐久力は無くなる。

システマシエルは引っかかれば強力だが、抗体シールドを獲得するタイミングと、相手の武器攻撃を封印するかの判断がポイント。
クイック冷却を装備して状態異常対策をするのもおすすめ。
相手の移動を完全に封じるだけなら、サイバーエルフ+マッコウバークスの減速でも十分可能。
相手がマッコウバークスやプロミネンス持ちの場合、武器封印よりも抗体シールドの獲得を優先したほうが良いかもしれない。温存しすぎて状態異常を喰らってしまう事だけは避けたい。
サイバーエルフ+マッコウバークスで固めた後に足元に置いて安全に斬ったり、上から降りてくる相手を待ちながら下で設置する、プロミネンス切り替え撃ちで怯ませて設置・・等使い方は様々。
突進スキル攻撃で抜け出すことは可能なので過信は禁物。
アニマル・マンネンとマッコウバリアを付与した後に展開し、ブルースEXE等のワープ攻撃をシステマシエルに誘い込むことも可能。
抗体シールドを長い時間展開できるため、状態異常に強い。専用ダイヴカード装備時はスキルで解除無効に強化される。
好きなタイミングで発動出来るので、バフデバフ解除やイエローデビルを持たず即死火力スキルと解除不能デバフやバフ心頭滅却無敵移動スキルが無い相手には好き放題にできる。 もちろんシナモンやアイリスたちも必死に抵抗はするので拘束している内に体力を削り切りたい。

  • アイリスに対して非常に強い性能ではあるが機雷を逃げながら発生させたり、フォルテ.EXEやレヴィアタンの逃げながら使用する遠距離スキル攻撃は対策が必要になる。
    アニマル・マンネンを使用する場合は加速が使えないので、システマシエル+サイバーエルフの壁貫通で牽制すると良いだろう。
    相手がこちらの移動先を読んでいる間に減速がヒットするか、相手に移動を強制させることが出来るので追いつくチャンスが生まれる。
    艶狂のマリノなどの減速耐性も厄介。減速耐性がある相手の場合拘束することも難しくなるので注意が必要。バフ解除にも弱い。
    相手が遠距離戦メインの場合はしっかりとサイバーエルフの射程圏内に入るように立ち回ろう。

強力な減速+防御スキルと抗体シールドにより、
各種設置アイテムをそれほど必要としない。
シエルが相手の場合、とにかくマッドノーチラス+マッコウバークスとサイバーエルフの同時減速攻撃に当たらない事。
デバフ解除がなければ移動と武器火力が制限される。
武器頼りシールドキャラ(この場合シナモンと仮定)は張りつつ慎重に立ち回っても、拘束された後にベルセルクやマッコウプレッシャーで一気に破られてしまうので気を付けよう。逃げに徹しても壁貫通減速サイバーエルフで捕まえに来るので、必ず抗体アイテムは取得して立ち回りたい。
状態異常や火力が低い武器は相性が悪いので、高火力スキル/武器で対抗すると良いだろう。

……お分かりいたたけただろうか?
最近の対戦界隈ではデバフ全解除&スキル解除不能バフデバフと超火力スキルのキャラクターが跋扈しており、極めて苦しい展開が続いている。
例えシステマシエルの影響下であっても、ゼロナイトメアやフォルテGSをはじめ以降の現環境クラスが相手の場合
遠距離では不利を強いられ、かと言って迂闊に近接戦を挑むとこちらが蒸発してしまう事にもなり兼ねない。無敵アドスキル付与のサウザランチャーやメイン火力+減速+マッドノーチラスによる3重のサポートが期待できるフロストギンガなど
追い風になり得る要素の追加もあるため、うまく活用して戦場に赴きたい。今後の調整次第。


ゼロ…気をつけて
ミッションを開始する


専用ダイヴカード

No.ランクタイプ名前攻撃ライフ防御総戦力換算
124Sサイバーエルフ1031779
スキル発動条件入手場所
サイバーエルフ+I(II)
──────
防御弱化耐性II(III)
サイバーエルフの攻撃回数とロックオンするスピードがが20%(30%)上昇。【重複不可】
──────
防御弱化効果を受けたとき、30%(40%)の確率で無効化する。
シエル
──────
協力プレイコイン
1200

No.ランクタイプ名前攻撃ライフ防御総戦力換算
125Sシステマシエル727977
スキル発動条件入手場所
抗体シールド+I(II)
──────
危機適性II(III)
抗体シールドの持続時間が40%増加(★5でスキルで解除できなくなる)。【重複不可】
──────
ライフが30%以下の時、受けるダメージが常時8%(10%)減少。
シエル
──────
協力プレイコイン
1200
関連

その他オススメカードや編成

2021年1月 シエル専用のダイヴカードが2種類実装。

専用ダイヴカードは2種類存在する。
よほど特殊な事情がない限り対戦ではこの2枚の採用が確定的。
残り1枚の枠については手持ちのカードと相談することになる。
基本的には緑のカードを採用することになると思われるが、
防御弱化への耐性については抗体シールドを自前で用意できるため不要になる可能性があり、
危機適性も発動条件が限定的で、状況によっては発動しないまま倒される可能性があり、
各専用ダイヴカードの2つ目のスキルのために、必ずしも緑で固定する必要はないかもしれない。

【対戦向け】リンク:シューティングスター・ロックマン【豪鬼】

アペンド
プレイヤー特防I減速特攻IIプレイヤー特防II抗体シールド共鳴プレイヤー特防III
リンク
インジェクター適性I持続ダメージ耐性IIインジェクター適性II生存本能インジェクター適性III
カード
関連
  • インジェクター適性(パッシブ)+プレイヤー特防(I+II+III)+インジェクター適性(I+II+III)→ダメージ56%減少
    • エネルギー革新→システマシエル範囲内にいるとダメージ90%減少
    • 鬼神の拳II+2周年II→ダメージ101%減少
  • インジェクター増幅(パッシブ)+抗体シールド共鳴→ダメージ28%アップ
    • 抗体シールド特攻II+鬼神の拳II→ダメージ44%アップ
  • 生存本能:ライフが50%以下になると、一定時間無敵状態となる。(戦闘中1度のみ)

HP管理系やら距離適性やらなどのめんどくさい条件のない防御より編成。
システマシエルのカードはスキル解除無効(クレセントマグナ等の対策)として使用。
サイバーエルフはバフ主体なので解雇。

インジェクターの候補は、

スキル火力がほとんどなく、攻撃は武器依存なのでほぼ主戦力
行動不能+火力
アドスキル:プレイヤー特防12%も美味しい
シールド張りでさらに耐久力を上げられる
アドスキル:マッコウプレッシャーでバフ解除もできる。
現環境で果たして使い物になるかは不明だが、テルオスパーク+マッドノーチラスで約51%の攻撃弱化を与えることができる。理論上は...

ボイス実装時のセリフ予想

……。
2022/6/15にボイスが追加されるまで開催されていたボイス予想投票。ボイス追加に伴い締め切り。

最終結果

セリフ得票数
お願い…ゼロ36
次の駅で降りろ...22
あっ…おかえりなさい16
諦めない…!6
きっといつか…想いは伝わるよね…5
パッシィーーー!5
データを記録する?4
引き金を引いたのは私…。4
気をつけてね…ゼロ4
みんなのために…3
えい!やあ!退いて!2
きゃっ!2
エックスを復活させたのは…私だから…2
ゼロ…頑張りましょう2
ゼロを信じてる……!2
はあっ!1
ウスノロ1
ゼロ…?1
ミッション!1
来て!1
記録してから行く?1
投票総数121

変更履歴

折り畳み

  • 2022/6/15
    • ボイスが追加。
    • それを受けて全面的に大幅な強化が施された。(以下公式おしらせよりコピペ)
      ・スキル「サイバーエルフ」のクールタイムを12秒から10秒に調整しました。
      ・スキル「システマシエル」のクールダウンを短縮しました。
      ・スキル「システマシエル」の効果を下記に変更しました。
      [変更前]エネルギーフィールドを展開し、範囲内の目標に重ねがけ可能な減速効果を与える(最大10回まで)。また、サイバーエルフの援護射撃を強化する。
      [変更後]エネルギーフィールドを展開し、範囲内の目標に攻撃力63.00%の連続ダメージを与え、重ねがけ可能な減速効果を与える(最大10回まで)。また、サイバーエルフの援護射撃を強化する。発動中はダメージを一切受けない。
      ・パッシブスキル「ダメ率アップ」(左):システマシエルの外でのサイバーエルフの援護射撃ダメージ倍率を10%から20%に調整しました。
      ・パッシブスキル「ダメ率アップ」(右):システマシエル範囲内でのサイバーエルフの援護射撃ダメージ倍率を10%から20%に調整しました。
      ・パッシブスキル「抗体シールド」:「インジェクター系武器装備時、被ダメージが20%減少」効果を追加しました。
      ・パッシブスキル「シエルエリア」:「インジェクター系武器装備時、全ての攻撃によるダメージが20%アップ」効果を追加しました。
      • システマシエルの効果が変更されたことにより、同スキルのスキルレベルを上げられるようになった。

コメント(通常)

こちらは 通常のコメント欄 です。雑談/攻略コメントはこちら
……………………
ミッション終了。帰還する


  • X DiVE界のリトルマーメイドにもようやく声が付くんやなって -- 2022-06-13 (月) 22:56:28
  • サービス開始以来一番のグッドニュース -- 2022-06-13 (月) 23:43:40
  • DNAウェアより貰ってる強化幅がおかしい システマシエルが範囲内敵にダメージを与えるのようになったのでヤコブが楽になってるかも 減速は雑魚敵にも効くのが大きい -- 2022-06-15 (水) 17:26:02
    • かなり強くはなったけどエラトの下位互換でしかない -- 2022-06-15 (水) 17:31:39
      • エラトの下位互換ってかなり強そうなんだけどどんなもんなんだろう?クリシエくらいの強さあるかな。 -- 2022-06-15 (水) 19:25:59
      • 範囲がエラトより狭いとかバフデバフがないってのかな。キャラ愛があればなんとかメンバーに組めるくらいにはなってくれたんじゃない。キャラとかどうでもいい、強いキャラしか使えませんって人はエラトでもなんでも使えばいいけど初めていい上方修正なんじゃないか、この調子で日の目浴びないキャラの修正してほしいとこだけど最初で最後なんだろうなぁ -- 2022-06-16 (木) 03:07:18
    • 実質インジェクター適正と達人もらったのは予想外で嬉しい。あと加速インジェクター実装されたらなぁ… -- 2022-06-15 (水) 19:18:56
  • ボイス追加に伴い、セリフ予想の投票を締め切りました。結果は記載の通りです。 -- 2022-06-15 (水) 18:46:28
  • あまり参考にならないかもですがDNA参考書いてみました、ギルド報酬のエルフ集結がインジェクター系だったらよかった... -- 2022-06-18 (土) 00:58:46
  • 声はブランク感じさせない程よくってサイコーなのだけど、シエルが「サイバーエルフ!」って叫ぶのは謎の違和感ある -- 2022-06-21 (火) 02:46:20

 

コメント(対戦/嘆きの声)

こちらは 対戦向けのコメント欄 です。
キミたちに 幸福を よびカけるこトに したよ 
降伏ですって…?
……


  • フォルテGSであったようにクールタイム減少くらいの上方修正はされるだろうか。 -- 2022-06-13 (月) 19:01:36
    • エルフ減速重ねがけ10回なんだし射撃も10発とか、マンネンもターボと同じ20秒でシステマ抗体常時化と発動時デバフ解除程度くらいの強化してあげてもいいと思うの…対戦ほぼ論外ですし -- 2022-06-14 (火) 23:21:16
  • 強化して厳選完了してても環境キャラその他ドンやX族にはなすすべがないな。無敵突進持ってりゃ逃げれるから何も脅威じゃない。つけるべきは武器封印じゃなくスキル封印だったのよ -- 2022-06-15 (水) 19:51:18
    • システマシエル範囲内じゃなくてフィールドに展開してたら防御アップとかにしてないと話にならんな。この狭い範囲に相手留まらせるのはもはや今は無理 -- 2022-06-15 (水) 21:26:30
  • とにかく火力がない。ギンガ使えってことだろうけどギンガ頼みでどうにかなる環境ではない -- 2022-06-15 (水) 19:56:09
  • 試してないけど、DNA厳選、カード、装備で使えなくはないレベルの性能かも?ただ、大量のパッチとDNAポイントを使ってまで通常シエルが使う価値があるかと言われればない。ストレスなく安定してシエルで勝ちたいなら大人しくクリシエでも使って、あとは環境キャラでも使ってなさいって話。 -- 2022-06-15 (水) 23:19:09
    • 試してないのはDNA関連ね。さすがにそこまでするのは勿体ないから試せない。 -- 2022-06-15 (水) 23:27:54
      • もともとシエル好きでキラキラに(プレ特防123減速特攻2共鳴)してたけど、やっぱランクマじゃヴィアやエラトには為す術もないな…頑張ってアルティメットや嫁エイリア使ってる人に勝てるけども。しかし、シエルをよく知らずにシステマ内に入り込んだ人に減速ふっかけるは楽しい。あとヤコブでは今回の強化で更に活躍出来るし、声が可愛くて使ってて楽しい。 -- 2022-06-16 (木) 08:48:18
      • ↑厳選すればパッシプで防御130%以上に出来てダクロみたいな運用出来るはずだけど、それでも負ける?サブ武器も自由に選べるからアイン、アシッド、クレセントと環境に合わせてチョイスすれば対応できそうだけど。 -- 2022-06-16 (木) 11:52:38
      • あっちはエイムと行動不能あるじゃん。まぁシエルにも減速あるけどノヴァストみたいな突進技使われちゃ逃げられるし、抗体あるキャラ多すぎるわで…あとまずそこまで防御ぶっぱしたら死にやしないがインジェクターで20%アップあってもまだ火力足りないし相手を倒せない状態になる。    アイン、アシッドもいいけど片方の武器がギンガだと遠距離の攻撃がアインしかなく結構厳しい。クレセントは抗体加速相手にはおにごっこ状態になる。 つまり最近のキャラには無理。 -- 2022-06-16 (木) 13:30:41
      • すまんシエルにも加速あったな。でもどうなんだろ?後で試してみる -- 2022-06-16 (木) 13:34:25
      • 剣バスと違ってインジェクのダブル適性のカードやアペンドなんてないし、パッシブ130%は無理じゃない? -- 2022-06-16 (木) 13:39:42
  • DNAの厳選を考えてたけど、何度か模擬戦潜ってことごとくボコられて真面目に構成考えるのバカらしくなってきたわ -- 2022-06-16 (木) 20:36:26
    • 代わりに武器抜きで防御特化を計算しておいたぞ。システマシエル内かつインジェクター装備:55% 自前抗体共振:8% アペンドプレ特防12逆境適性3:18% キャスケットリンクI適性123:18% リンク狙撃適性:10% ラグナロクラグナロクザンギエフ:26% 全135%になるが、抗体・システマシエル・狙撃の条件が厳しいな 組んでみてインジェクター周りのカードの弱さが身に沁みた。加速共振のある夜祭リンクとか使えればよかったんだけど他の適性アペンドの範囲が…… -- 2022-06-16 (木) 21:15:30
      • 残念ながらシエルのユニークアペンドは共鳴だから火力8%UPのほう。たしかシグマしか共振なかった。(イメージ的に逆とは思う) -- 2022-06-17 (金) 03:24:30
      • うわほんとだ じゃあ127か……130届かないじゃん!!!! -- 2022-06-17 (金) 20:10:09
      • ↑すまない、俺のはプロミのプレーヤ特防込みだから127は十分すごい。プロミ:12%、アペンド:逆境適正123:18%、リンク:ヴァジュ:危機適正123:24%、カード:サマペン0サマペン5紫カメリーオ5:22%、パッシブ:20%、固有固:35%で防御131%。おまけとして加速解除と相手減速、自身抗体の条件で攻撃パッシブ50%。マンネンノーチラスでさらなる強化したり、ターボで強襲したりと選択肢はある -- 2022-06-18 (土) 01:21:28
  • せめて、スキル使用の硬直時間さえ無くなれば…なれば……。スキルが強すぎる訳でもないのに1~2秒ほど硬直時間がある意味がわからん。当時は硬直時間ないと強すぎるとかだったのか? -- 2022-06-16 (木) 22:54:45
    • 別に何も考えてないと思うよ。古いキャラはスキルに発動モーションがあるのが当然だったってだけ。全体的にその傾向ならそれはそれでバランス取れてたと言う話。それが去年の夏頃から基本的に大体のスキルのモーションが0.5秒以下、それ以上の硬直は明確なデメリット要素として設定され始めたので相対的に劣って見えている。要するにモーション周りの調整が単純にインフレしてるだけ。 -- 2022-06-16 (木) 23:16:36
    • 旧キャラのスキル硬直あるやつは全部その時間無敵時間にでもしてくれればいいのにね。それかスキル硬直なくしてくれればこの子もシナモンとかトロン様とかフェラム様とかの旧キャラも劇的に使い勝手変わりそうなのに -- 2022-06-16 (木) 23:24:32
      • それでもクレセントマグナに無敵を即奪われた場合が悲惨だからチョイ困る。 -- 2022-06-17 (金) 20:16:40

*1 製作経緯は不明だか設計時4歳で完成時9歳らしい。ちなみに作中14~16歳ほど。シエルはレプリロイド開発のため優秀な科学者を人工的に生み出す計画で出生し、その子どもたち中で最も優れていたという記述もあるが、本編でそういった話がないため 真相は不明。ボイスドラマでは、研究に集中し仲間を気遣えなかったことを「これじゃあの人たちと同じ」と落ち込むなど、どこか孤立を匂わせるようなセリフが存在する。
*2 あくまでゲーム的な要素であり、実際にシエルが名付けたものではないが、ユーザー間では「そういったシエルの側面(というか半ば公式ネタ)」として受け入れられている場合もある。ネタだとしても無闇な乱用を不快に思う方も居るため、安易にゼットセイバーの如く振り回すのは止めましょう。ゼロ1で最高ランク系称号取っていると、とある場所にいるモブキャラが周りではゼロのことを称号名で呼ばれていることを教えてくれるが、逆に考えると最低ランク系の称号だった場合は…。また、このゲームではロックマンゼロ版のゼロの性能が万人向けでなく(慣れれば強いのだが)使いづらいため、他のゼロ達との区別として前述の称号で呼ばれてしまうことも…
*3 命名者はレジスタンスの技術者セルヴォ。システムの頭文字から取ってSYSTEM ・C.I.E.Lである。
*4 容姿からなんとなく察しはつくが、シエルも場合によっては達の一員となる可能性があったらしい
*5 …と書いてはいるが、ネオ・アルカディア時代の彼女の立場はアイリス同様不明な点が多い。(そもそも作中の人間に関する描画自体が少ない。)外部資料でも人間達はドーム型の快適な居住地に集まって不自由のない生活をしているので、(一応外にも出られるようだが)荒廃した外界へとわざわざ出たいと思わない(要約)と少し書かれている程度。責任感が強く、レジスタンスには彼女に老人へと変えてもらったアンドリューなどその頃から知り合いのレプリロイドも在籍している。