VAVA MK-II

Last-modified: 2022-06-27 (月) 23:35:31

キャラクター概要

VAVA MK-II登場作品サウンド表記
ロックマンX3音声:イレハン英:Vile MK-II
効果音:中:霸法MK-2


「X3」においてドップラー博士の手によって復活したVAVA。メインカラーは鮮やかなブルーに変わり、右肩のキャノンに加えて左肩に小型ランチャー、背中にはシールド*1が追加された。また、VAVA3形態では唯一「眼」が露わになっている*2のが特徴。頭文字のVとドクロの横顔をあしらったパーソナルマークを額とシールドに施している。
*3復活させてもらったが復讐を優先するため従う気はさらさらないようで(感謝はしている)、独断行動を行いエックスへの復讐を目論む。
原作ではルート分岐で最大2回戦う事になり、何れもライドアーマー戦後に本体との戦闘に移行する流れ。
1戦目はXの使用するカンガルーと同じ系統のDRA-00、2戦目では本作にも登場しているブラウンベアに搭乗し、Xの前に立ちはだかる。

   

専用ステージ*4 を与えられていたり、
弱点武器で倒すと再登場せずドップラーステージ2の外観、ボス、ステージ内容まで変わるという厚遇っぷり。
ゼロのサーベルを入手するルートだと2戦目が発生しないため、隠し要素のコンプに拘る人ほどブラウンベアの印象が薄いかも知れない。
因みにXDiVEで3Dモデル化された事によって「背中に盾なんてあったの!?」と初めて気が付いた、または本作で初めて再現されたと勘違いしているプレーヤさんも多いが
良く見ると原作の2Dドット絵でも背中に盾がある事が確認でき、当時の食玩塩ビ人形やメガアーマーでもきちんと盾が付属しているため、当初からこのデザインである。(漫画版ではちゃんと戦闘にも使用している)

  

おなじみX3の漫画版ではピアノを弾きエックスに披露した後、芸術などたわ言と発言しVAVAのバイザー越しに移るそのピアノを破壊し、VAVAのモノアイが光るという演出は言葉に言い尽くせないほど良い演出である。
自身を「死という地獄をかいくぐってきた真の『鬼』」と豪語しエックスと死闘を繰り広げる……のだが、X3ではクリスマスを叫ぶあいつ女装したあいつなどのほうが話題に上りやすいせいでそこまで話題にならない。 X3の漫画版はみんなキャラが濃すぎるってよく言われているからね…。マックですら話題にならないし…でも、漫画版において『鬼』という言葉を印象付けたのはVAVAの功績だよ…



5/19日にドップラーステージ2で乗っていた機体ブラウンベアを携え参戦。「ブラウンベア」は「ヒグマ」の意味。
X3開発当時はブラウンベアのジャンプモーションのドット絵まで制作されていたのだが
開発の都合で実装されず、行動パターンが水平移動のみとなってしまった経緯がある。XDiVEでようやく20数年越しに立体機動の念願が叶ったと言えよう。
もともとブラウンベアに関してはアプリリリース当初からいたのだが、操手のVAVAがイレハンVAVA(おまけに声はペンテ)なことにはいろいろ残念がられていた。
これを機にボスも外観が変わるといいなあ…。
また、XDiVEにおいてはイベント/ラストダイヴ2020 ~ゆく年くる年~の右下にて「オレはまた帰ってくる!」とのコメントを残しそのまま忘れ去られてから約166日、ようやく帰還を果たした。

ところでスキル2のフレアトゥヘルの3つ目のEXスキル「オンザロック」。
どっかのコミックボンボンで連載していたX1に出てきそうなネーミングである…。意識しているのだろうか?*5

パッシブスキル1のディスオーダーは無秩序、混乱を意味する英単語。
パッシブスキル5のバイトザダストは「Bite the dust」という英語圏の慣用句で、原義が「土を噛む」つまり、「倒れ伏す」ということ。
そこから転じて「決定的な破滅」、「手の施しようのない崩壊」を意味する。
VAVA自体が倒れ伏しMK-Ⅱになったという意味でも破滅や崩壊をもたらす者であるという意味でも意味が通り非常に良いネーミングセンスだと思う。(個人の意見です)
某奇妙な冒険の4部に出てくる殺人鬼が使うバイツァ・ダストも実は一緒の意味だったりする(あちらはクイーンの楽曲のanother one bites the dustが元ネタだが)。

 

スキル

スキル倍率は未所持時に書かれている数値(スキルレベル0の数値)を記載。
未所持時のスキル倍率×0.8%×スキルレベル+未所持時のスキル倍率でレベルが上がった場合のスキル倍率が出せる。

ブラウンベア

クールタイム:20秒効果時間:14秒

ブラウンベアに乗り込み、攻撃力250%のダメージを防ぐ。搭乗中はスキルがパンチ・エネルギー弾に切り替わる。ブラウンベアは耐久値がゼロになるか、一定時間経つと解除される。

  • パンチ:CT0.5秒:180% 
  • ダッシュパンチ:CT4秒:240% 
  • エネルギー弾:CT4秒:305%
  • パッシブスキル1のディスオーダーの効果で最低3.5%はダメージが底上げされる。
 
EXスキルランク
クイック冷却突進パンチのクールタイムが30%短縮される。1
CT=2.8秒
クイック冷却エネルギー弾のクールタイムが30%短縮される。1
CT=2.8秒
オールスルーエネルギー弾が壁や障害物に当たっても消えず、すり抜ける。ホーミング性能が追加される。4

フレアトゥヘル

クールタイム:6秒装弾数:1

膝のキャノンから炎弾を発射し、目標に攻撃力150.00%のダメージを与える。炎弾が消えたときに火柱を発生させ、コース上の目標にダメージを与え、貫通後のダメージが50%になる。

  • 対象が存在しなかった場合、炎弾は射程10まで飛ぶ。火柱の射程は約12m。
  • 未ヒット状態で炎弾から火柱に変化した場合、強制的に貫通後のダメージ(威力75%)が適用される。
EXスキルランク
ダメ率アップ炎弾のダメージが90%アップするが、炎弾が消えたときに火柱が発生しなくなる。2
単体ダメージ:285%
貫通エナジー火柱の貫通後のダメージが40%アップ。2
単体ダメージ:150%+火柱105% 射程約10m+12m(火柱)
オンザロック火柱の射程が250%と大幅に増加し、火柱が壁や障害物に当たると折り返す。5
単体ダメージ:150%+火柱75%+反射火柱75%×n 火柱射程約40m

パッシブスキル

パッシブスキルランク
ランチャー適性ランチャー系武器装備時、被ダメージが20%減少。0
ディスオーダーブラウンベアで攻撃を行う時、ダメージ強化状態となり、全ての与えるダメージが3.5%上昇。6回まで重ねがけ可。0
効果時間:約5秒、ブラウンベアを降りてもディスオーダーによる強化は維持される
心頭滅却突進パンチの突撃中はデバフを一切受け付けなくなる。3
ランチャーの達人ランチャー系武器装備時、全ての攻撃によるダメージが20%アップ。4
バイトザダストライフが50%以下の時、全ての攻撃によるダメージが20%上昇。ディスオーダーによるダメージ強化状態の持続時間が20%増加し、スキルで解除不能になる。5
バイトザダスト:効果時間:∞ ディスオーダーの強化時間が6秒になる

固有DNA

固有DNAランク
ランチャー適性+ランチャー適性の効果が20%アップ。1
効果量20%→24%
防御システムブラウンべアが解除されると、防御強化状態になり、被ダメージが80%減少。※解除ボタンを押して解除される場合は発動しない。3
効果時間:2秒
時間経過による自然解除、ライド耐久超過ダメージによる強制解除のどちらでも発動。
クイックメンテナンスブラウンベアのクールタイムが20%短縮される。5
クールタイム:20秒→16秒

アペンドDNA

★1で解放される枠で抽選されるスキル

Lスキル名説明
1ボス特攻Iボス相手に対し、与ダメージが4%上昇。
1抗体シールド特攻I抗体シールド展開中の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
1シールド特攻Iシールド展開中の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
1持続ダメージ特攻I持続ダメージを受けている目標に命中すると、ダメージが4%アップ。
1攻撃弱化耐性I攻撃弱化効果を受けたとき、20%の確率で無効化する。
1スキル使用不可耐性Iスキル使用不可効果を受けたとき、20%の確率で無効化する。発動率は、装備中同種スキルの合算値となる。
1武器使用不可耐性I武器使用不可効果を受けたとき、20%の確率で無効化する。
1完備増幅Iライフが75%以上の時、ダメージが4%上昇。
1完備適性Iライフが75%以上の時、受けるダメージが4%減少。
1近距離適性I近距離から攻撃された際、受けるダメージが4%減少。
1ランチャー増幅Iランチャー系武器装備時、全ての攻撃によるダメージが4%アップ。
1ランチャー適性Iランチャー系武器装備時、被ダメージが4%減少。

★2で解放される枠で抽選されるスキル

Lスキル名説明
1抗体シールド特攻I抗体シールド展開中の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
2抗体シールド特攻II抗体シールド展開中の目標に命中すると、ダメージが8%アップ。
1シールド特攻Iシールド展開中の目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
2シールド特攻IIシールド展開中の目標に命中すると、ダメージが8%アップ。
1持続ダメージ特攻I持続ダメージを受けている目標に命中すると、ダメージが4%アップ。
2持続ダメージ特攻II持続ダメージを受けている目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
1攻撃弱化耐性I攻撃弱化効果を受けたとき、20%の確率で無効化する。
2攻撃弱化耐性II攻撃弱化効果を受けたとき、30%の確率で無効化する。
1スキル使用不可耐性Iスキル使用不可効果を受けたとき、20%の確率で無効化する。発動率は、装備中同種スキルの合算値となる。
2スキル使用不可耐性IIスキル使用不可効果を受けたとき、30%の確率で無効化する。発動率は、装備中同種スキルの合算値となる。
1武器使用不可耐性I武器使用不可効果を受けたとき、20%の確率で無効化する。
2武器使用不可耐性II武器使用不可効果を受けたとき、30%の確率で無効化する。

★3で解放される枠で抽選されるスキル

Lスキル名説明
1ボス特攻Iボス相手に対し、与ダメージが4%上昇。
2ボス特攻IIボス相手に対し、与ダメージが6%上昇。
1完備増幅Iライフが75%以上の時、ダメージが4%上昇。
2完備増幅IIライフが75%以上の時、ダメージが5%上昇。
1完備適性Iライフが75%以上の時、受けるダメージが4%減少。
2完備適性IIライフが75%以上の時、受けるダメージが6%減少。
1近距離適性I近距離から攻撃された際、受けるダメージが4%減少。
2近距離適性II近距離から攻撃された際、受けるダメージが6%減少。
1ランチャー増幅Iランチャー系武器装備時、全ての攻撃によるダメージが4%アップ。
2ランチャー増幅IIランチャー系武器装備時、全ての攻撃によるダメージが6%アップ。
1ランチャー適性Iランチャー系武器装備時、被ダメージが4%減少。
2ランチャー適性IIランチャー系武器装備時、被ダメージが6%減少。

★4で解放される枠で抽選されるスキル

Lスキル名説明
0カウンターシールド攻撃を受けると、受けるデバフを無効にする抗体シールドを展開。発動後は8秒間のクールタイムが発生。
2抗体シールド特攻II抗体シールド展開中の目標に命中すると、ダメージが8%アップ。
3抗体シールド特攻III抗体シールド展開中の目標に命中すると、ダメージが10%アップ。
2シールド特攻IIシールド展開中の目標に命中すると、ダメージが8%アップ。
3シールド特攻IIIシールド展開中の目標に命中すると、ダメージが10%アップ。
2持続ダメージ特攻II持続ダメージを受けている目標に命中すると、ダメージが6%アップ。
3持続ダメージ特攻III持続ダメージを受けている目標に命中すると、ダメージが8%アップ。
2攻撃弱化耐性II攻撃弱化効果を受けたとき、30%の確率で無効化する。
3攻撃弱化耐性III攻撃弱化効果を受けたとき、40%の確率で無効化する。
2スキル使用不可耐性IIスキル使用不可効果を受けたとき、30%の確率で無効化する。発動率は、装備中同種スキルの合算値となる。
3スキル使用不可耐性IIIスキル使用不可効果を受けたとき、40%の確率で無効化する。発動率は、装備中同種スキルの合算値となる。
2武器使用不可耐性II武器使用不可効果を受けたとき、30%の確率で無効化する。
3武器使用不可耐性III武器使用不可効果を受けたとき、40%の確率で無効化する。

★5で解放される枠で抽選されるスキル

Lスキル名説明
0カウンターシールド攻撃を受けると、受けるデバフを無効にする抗体シールドを展開。発動後は8秒間のクールタイムが発生。
2ボス特攻IIボス相手に対し、与ダメージが6%上昇。
3ボス特攻IIIボス相手に対し、与ダメージが8%上昇。
2完備増幅IIライフが75%以上の時、ダメージが5%上昇。
3完備増幅IIIライフが75%以上の時、ダメージが6%上昇。
2完備適性IIライフが75%以上の時、受けるダメージが6%減少。
3完備適性IIIライフが75%以上の時、受けるダメージが8%減少。
2近距離適性II近距離から攻撃された際、受けるダメージが6%減少。
3近距離適性III近距離から攻撃された際、受けるダメージが8%減少。
2ランチャー増幅IIランチャー系武器装備時、全ての攻撃によるダメージが6%アップ。
3ランチャー増幅IIIランチャー系武器装備時、全ての攻撃によるダメージが8%アップ。
2ランチャー適性IIランチャー系武器装備時、被ダメージが6%減少。
3ランチャー適性IIIランチャー系武器装備時、被ダメージが8%減少。

Tag: 持続ダメージ特攻 抗体シールド特攻 シールド特攻 スキル使用不可耐性 攻撃弱化耐性 武器使用不可耐性 ランチャー増幅 ランチャー適性 近距離適性 ボス特攻 完備適性 完備増幅 カウンターシールド

断片の入手方法

  • ダイヴカプセル
  • 常設ショップ(パッチ変換)

特徴/使用感

局面に合わせて臨機応変にライドアーマーの運用を行うマシーナリー

パッシブスキルの多くがライドアーマー搭乗時に影響を及ぼす効果で
逆に言うならVAVA本体だけではランチャー関連スキルとバイトザダストの一部位しか利用できない。
PvEであればある程度ダメージコントロールが容易なのでライドアーマーでゴリ押しが可能だが
PvPでは相手の攻撃によって一瞬でライドアーマーが破壊されるため
回避重視で相手と距離を離して、遠隔距離からエネルギー弾を当てる戦術が必要となる。
それぞれ180度方向性の異なる戦い方を求められる独特のキャラクターとなっている。


ブラウンベア
トロン・ボーンのグスタフと同じ系統のスキル。
スキルを使用した瞬間耐久250%のシールドを展開し、スキルがブラウンベア専用のものに切り替わる。
グスタフと比較してCT・効果時間共に半分程度になっているが、より短時間でより高耐久のライドアーマーを再利用出来ると言うのは
破壊された際のリスクが分散され、使用回数の多さの分シールド合計値ベースの耐久力も高いと言う事である。
搭乗可能時間は14秒、シールドの耐久が0になるか、時間経過でブラウンベアからは降ろされる。もちろん自分の意志で降りることも可能。
CTはブラウンベアのスキルを使った瞬間から消化されはじめるので14秒間しっかり乗り切れればCTは最短2秒で再召喚できる。
逆に乗った瞬間破壊されてしまうとCTは20秒(16秒)になる。
アドスキルの実装でCTが16秒まで短縮+効果終了時に2秒間は80%の防御強化が付与されるため、常時シールドに近い運用も可能になった。
搭乗中は壁蹴りなどができなくなるが、2段ジャンプも可能でストーリーのライドアーマーとは比べ物にならないほど機敏に動けるので
空中戦にならないように気を付ければそこまで気にはならない。
あとは、範囲スキルがパンチと突進パンチしかない(つまり遠隔範囲攻撃がない)のも少し注意がいるか。

ブラウンベアのシールドはサドンハザードのシールドに上書きされない(しっかりクールタイムにはなる)
トロン・ボーンスウィートアイリスに続く3体目のキャラとなる。

  • パンチ
    CT0.5秒で倍率180%のパンチを行う。
    攻撃範囲はセイバーの通常斬り(約1.5m)より狭く、機体にめり込む位の位置からでないとヒットしない。
    このスキルを発動中は0.3秒ほど空中で止まるのだが、連打が可能なので移動はできないがホバリングのようなことができる。
  • 突進パンチ
    CT4秒で射程8m、倍率240%、発動時1秒ほどの無敵あり+パッシブで状態異常無効。空中発動可能。
    色々と性能もりもりな広範囲突進攻撃。エアダッシュ後も発動可能なので機動力としても使用可能。
  • エネルギー弾
    射程20m以上、弾速がスコバス並みのエネルギーを放つ。4凸で誘導とオールスルーが付与可能。
    非常に高性能だが単体攻撃で貫通性能を持っていない点のみ注意。
    専用カード込みでバフ72%以上+ディスオーダー×6の状態なら、PvPで2発で相手を倒せる。
      

フレアトゥヘル
炎弾を放ち、命中した場合そこから火柱に変化、命中しない場合は自動的に火柱に変化する。
未ヒット状態で火柱になった場合もで、火柱の攻撃力は強制的に75%になる。
弾の挙動の関係から、炎弾の射程(10m)範囲内で敵に命中した場合は150%+75%の2ヒットで225%ダメージとなる。

基本運用は雑魚掃討用。5凸で反射を得た場合、壁で仕切られた空間なら大量発生した雑魚でも纏めて片付けられる。
一方で開けた場所ではただの低威力の単発スキルでしかないので、大して役に立たない。

PvPでは反射をアテに出来る状況は少ないため、ダメ率アップ装備で近接防御として運用する事になる。
低速の炎弾を直撃させる必要があるが、スキルでフルに強化すれば400%以上までダメージが伸びる。
(150×1.9(ダメ率アップ)×1.2(ランチャー増幅)×1.21(ディスオーダー)=413.82
 HP50%以下ならさらに1.2倍で496%、ダイヴカードなどを載せれば500%以上も目指せる)
不意の一撃としては充分な火力なので、近距離でブラウンベアが破壊された時には是非狙いたい。

 


アペンドDNA
固有アペンド考察
カウンターシールド攻撃を受けると、受けるデバフを無効にする抗体シールドを展開。発動後は8秒間のクールタイムが発生。
効果時間: 3秒
ある意味6個目のパッシブとも言えるスキル
攻撃を受けると抗体シールドを展開し、そこから3秒間状態異常を無効にする
プロミネンスのような攻撃と同時に付与される状態異常も無効化出来る
また他の抗体シールドスキルとは別枠で付与されるため上書きの心配も無い
かなり使い勝手に配慮された万能な耐性スキルとなっているため、余裕があるなら是非取得しておきたい


無凸の段階で250%のシールドといえるブラウンベアが発動できる時点で強い。
基本的に壁蹴りの必要ないエリアは基本的にブラウンベアで行動し、ダメージを抑えて行く。
チャレンジモードなら本体HPの125%程度のダメージまでライドアーマーは破壊されない。
最近ではライドアーマー搭乗時でもアドスキル次第では被弾で加速出来るスティングレイや
本体の体力回復にも使えるミジニガムがあるため、ステージ攻略の適性が向上している。
また、ヒノエ&ミノトのカードの登場で、バイトザダストの条件である体力50%以下を維持する事が容易になっている
そのため5凸であれば一応どの武器でもある程度使いこなす事が出来る。
ただし、ランチャー依存のパッシブが多い点から、なるべくランチャー系武器を持たせたい。

似たようなシールドスキルを持っているトロン・ボーンと比べた場合は、基本スペックは最短2秒で再召喚可能なブラウンベアのほうが勝っている。
ただし、ブラウンベアには突進パンチ以外範囲攻撃が無いという欠点も存在する。
フレアトゥヘルの火柱が範囲攻撃で良さそうに思えるが火力が低すぎるのでそこから広範囲に追撃が可能なランチャー系、もしくは狙撃バスター系などを装備したい。

専用カードの追加によって設置系攻撃による戦略が広がった。
フレアトゥヘルやスティングレイのスティング弾、ミジニガムのバブル発射直後にライドアーマーに搭乗する事で
カードによる40%のダメージ強化をこれらの攻撃に乗せる事が出来る。
インターバル的にそうそう連発できる訳では無いが、搭乗タイミングで狙ってみる価値はある。



ライドアーマーと言う条件付きながら、無敵突進+地形貫通強誘導攻撃を両立しているのが強み。
対戦モードではブラウンベアの耐久性をアテにしてはいけない
勝ちに拘るならガン逃げ戦法になる。
ブラウンベア搭乗後は、発生の早いパンチでバフを掛けつつ、逃走用に無敵のあるダッシュパンチなどを利用
遠距離からバフの掛かった状態の貫通エネルギー弾で攻撃するの繰り返し。
条件が整えば一回のエネルギー弾で5割以上体力を持っていけるので、決定力は中々高い。
中距離戦でも専用カード+ディスオーダー重ね掛け後なら、接敵前の誘導弾→無敵ダッシュパンチ でゲージ1本分の体力が削り切れる。
近距離の正面切っての戦闘ではブラウンベアが1秒掛からず大破する事などザラなので殴り合いにすらならない。
どうしてもパンチ主体で闘いたい場合、至近距離の生身で相手の攻撃を受けてカメリーオを発動させた後でブラウンベアを使用
無敵中にパンチ連打からダッシュパンチで止めを刺すと言う方法もある。
スキルの大半がライドアーマー関連で、フレアトゥヘルは対戦ではあまり頼りにならないので
ライドアーマーのCT待ちの状態で生身で相手に近寄られたらゲームセット位に考えておこう。

ランチャーの中では圧倒的な火力を誇るサウザランチャーにアドスキルで無敵効果が追加され
近接戦闘でもある程度戦い易くなったのは嬉しいところ。
無敵発動後、即ライドアーマーに搭乗→攻撃 の流れで、相手がゴリ押しを狙って来る場合は迎撃出来る。
相手が引いてくるならこちらも距離を離してエネルギー弾中心の戦法に切り替えよう。

また、独自の強みとして、パッシブ系のダメージ強化を100%以上盛れると言う点が挙げられる。
カードやDNAまで含めると
ランチャーの達人20%+ランチャー増幅Ⅰ~Ⅲ18%+プレイヤー特攻Ⅰ~Ⅲ18%+バイトザダスト20%+砲門開放40%
ライドアーマー時は合計116%のダメージ強化が可能(更にカードやDNAで追加できる)ので、防御特化キャラに封殺される心配は無い。


専用ダイヴカード

No.ランクタイプ名前攻撃ライフ防御総戦力換算
297SVAVA MK-II1318980
スキル発動条件入手場所
砲門開放I(II)
──────
ランチャー増幅II(III)
ブラウンベア搭乗中、ダメージが30%(40%)アップ。
──────
ランチャー系武器装備時、全ての攻撃によるダメージが6%(8%)アップ。
VAVA MK-II
──────
協力プレイコイン
1200

その他オススメカードや編成

【対戦汎用編成】リンク:シューティングスター・ロックマン

アペンド
ランチャー増幅Iシールド特攻IIランチャー増幅Ⅱカウンターシールドランチャー適性Ⅲ
リンク
ランチャー適正I持続ダメージ耐性Ⅱランチャー適正Ⅱ生存本能プレイヤー特防Ⅲ
カード
関連
  • ランチャー適性(+)+ランチャー適正Ⅰ~Ⅲ+プレイヤー特防Ⅱ・Ⅲ+完備適性Ⅱ→ダメージ62%減少
    • 防御システム→ブラウンべアが解除されると、防御強化状態になり、被ダメージが80%減少。
  • ランチャーの達人+ランチャー増幅Ⅰ~Ⅲ+プレイヤー特攻Ⅲ→ダメージ46%アップ+a(ディスオーダー)
    • バイトザダスト→ライフが50%以下の時、ダメージが20%上昇。
    • 砲門開放→ブラウンベア搭乗中、ダメージが40%アップ。
    • シールド特攻(Ⅱ)→シールド特攻8%
  • 継続ダメージ耐性(Ⅱ)→継続ダメージ耐性30%
  • カウンターシールド :攻撃を受けると、受けるデバフを無効にする抗体シールドを展開。(持続:3秒 CT:8秒)
    対戦の汎用性を重視したビルド。
    遠距離ではアインクラフトやエネルギー弾
    近距離ではラッシュからの一撃死を予防して、そこからの反転攻勢を視野に入れている。

【防御編成】リンク:ロックマン.EXE【ベガ】

アペンド
ランチャー適性Iシールド特攻IIランチャー適性IIカウンターシールドランチャー適性III
リンク
プレイヤー特防I減速耐性Iプレイヤー特防II減速耐性IIIプレイヤー特防III
カード
関連
  • ランチャー適性(+)+ランチャー適性+プレイヤー特防→ダメージ60%減少
    • 防御システム→ブラウンべアが解除されると、防御強化状態になり、被ダメージが80%減少。
  • ランチャーの達人+ランチャー増幅+プレイヤー特攻→ダメージ36%アップ+a(ディスオーダー)
    • バイトザダスト→ライフが50%以下の時、ダメージが20%上昇。
    • 砲門開放→ブラウンベア搭乗中、ダメージが40%アップ。
  • 減速耐性(I+II+III)→減速耐性90%
  • エイム障害耐性(III)→エイム障害耐性40%
  • カウンターシールド :攻撃を受けると、受けるデバフを無効にする抗体シールドを展開。(CT:8秒)

ロックマン.EXEのアペンドにダブル適性(M/L)IIIを入れるとさらに硬くすることができる。
VAVA MK-IIの第二アペンド枠はお好みで。
フォルテGSのアペンドにダブル増幅(I/L)IIIがあるため、フロストギンガを持たせ、パッチに余裕がある場合はこちらをリンク先にするのもあり。

【攻撃編成】リンク:ヴァジュリーラFF【ベガ】

アペンド
ランチャー増幅Iシールド特攻IIランチャー増幅IIシールド特攻IIIカウンターシールド
リンク
プレイヤー特攻I行動不能耐性IIプレイヤー特攻II行動不能耐性III加速解除
カード
関連
  • ランチャーの達人+ランチャー増幅+プレイヤー特攻→ダメージ56%アップ+a(ディスオーダー)
    • バイトザダスト→ライフが50%以下の時、ダメージが20%上昇。
    • 砲門開放→ブラウンベア搭乗中、ダメージが40%アップ。
  • ランチャー適性(+)→ダメージ24%減少
    • 防御システム→ブラウンべアが解除されると、防御強化状態になり、被ダメージが80%減少。
  • 行動不能耐性(I+II+III)→行動不能耐性90%
  • エイム障害耐性(III)→減速耐性40%
  • カウンターシールド :攻撃を受けると、受けるデバフを無効にする抗体シールドを展開。(CT:8秒)
  • 加速解除 :加速状態の目標に命中すると、目標の加速状態を解除する。(CT:4秒)

条件がすべて揃ったとき(ライフが50%以下の時、ブラウンベア搭乗中)、ダメージ116%(+ディスオーダーバフ)アップ状態になる。

  • 専用ダイヴカードを含めない構成

    【汎用向き】ランチャー増幅(6~8%)+ランチャー適性(6~8%)+HP回復+a【ジェネラル】

    【汎用向き】ランチャー増幅(6~8%)+ランチャー適性(6~8%)+HP回復+a【ジェネラル】

    関連

変更履歴

なし

コメント(通常)

こちらは 通常のコメント欄 です。


  • キャラ画面で動いてるときにスキル欄へ切り替えたら、最後のドスンでスキル欄も連動してドスンにビビった… -- 2022-01-06 (木) 21:55:14
  • ランチャー特攻のヤコブボス階で輝く -- 2022-01-10 (月) 14:17:08
  • スキン変更でカンガルー出ないかな -- 2022-01-22 (土) 19:15:31
  • メインで使ってるけどランチャー自体が弱いせいもあって何を持たせればいいのか一生悩んでいる -- 2022-02-19 (土) 08:13:10
    • アイクラやサウザが弱い・・?PVEでもミジニガムとかサドンがあるだろ -- 2022-02-19 (土) 11:18:38
  • 本作(DiVE)だと何故か両肩にある砲台を使って無いんだね。(※フレアトゥヘルは膝から出してる。) -- 2022-04-29 (金) 22:09:19
  • 協力の相方がブラウンベアで大ジャンプしてたんだけど何だあれ?13-1でエレベーター使わず上っていったんだが -- 2022-06-13 (月) 15:09:34
    • バグですね。SandBox2に説明あるので参考にどうぞ。 -- 2022-06-13 (月) 15:25:28
      • ありがとう!ごく最近見つかったバグ技なのね。ロックマン3の2コンの裏技ばりにジャンプしたから何事かとw -- 2022-06-14 (火) 10:52:59
    • このバグを改良して、ライドアーマーイーグルを実装できやしないかね?協力プレイシングルで飛びまくってて、そんなことをふと思った -- 2022-06-14 (火) 12:28:35
    • 相方が突然飛んでいって爆笑したわ -- 2022-06-14 (火) 14:39:31
    • 上方向の移動としては最強のスキルを得たねこれ -- 2022-06-14 (火) 22:57:33

 

コメント(対戦/嘆きの声)

こちらは 対戦向けのコメント欄 です。
生まれついての「鬼」と化した者はこちら


  • 今回のDNAは間違いなく当たりの部類だけど今度は武器に迷うな、ブラウンベア廃車後のダメカ中にギンガとか対近接相手に良さそう -- 2022-03-02 (水) 19:49:01
    • フリーズダンスで足奪って離脱ってのも推したい -- 2022-03-03 (木) 13:48:56
  • ブラウンベア廃車後のダメカットバフは何秒継続でしょうか? 1凸からフル強化するの迷い中、、、使った感想などあればよろしくおねがいします。 -- 2022-03-04 (金) 14:01:11
    • 効果時間記載。持続時間が短いので、ライド破壊された後の相手の追撃を防いで立て直すor反撃する為の補助効果。近距離キャラ相手なら色々対応策があるが、画面内に居ない遠距離キャラ相手の場合だとアイクラで反撃するか逃げる位しか選択肢が無い。 -- 2022-03-04 (金) 16:48:24
      • 廃車されないよう防御力を優先するのと一発即死目指してとことん火力上げるのどっちがいいと思う? -- 2022-03-13 (日) 20:29:08
      • ↑ 自分は対人以外でも持って行きたいと言う前提があるので、プレイヤー特攻/特防を入れてどっちかに偏らせるって発想を止めた。本体のDNA1・3にはランチャー増幅、5にはランチャー適性、リンクはトロンでDNAの1・3にはランチャー適性、5には遠距離増幅が入ってる。ライドアーマーでPvEは死なないのに防御上げる意味あるのって意見もあるだろうから、リンクをフォルテ.EXEで順境増幅と防御強化解除(安上がりにしたいならアクセルでも)にした方が良いって人もいるかも知れないし、相手の防御パッシブの度合いでエネルギー弾で2確に出来るラインも変わってくるだろうし、正解は無いんじゃないのかね。各自キャラ資産は有限で、「プレイヤー〇〇」スキルに固執すると選択肢が狭まるので、ダメージ・防御の効率化を求めた机上論に捉われてしまうと良くないって事が言える位。 -- 2022-03-14 (月) 17:27:02
  • 対戦じゃあんまり意味ないけど、時間切れの自動廃車も防御システムを発動出来るから、次の納車に繋げられる -- 2022-03-04 (金) 16:57:19
  • やっぱブラウンベアのCT減によるスピード納車めっちゃ強いわ。今まで5秒待ってる間に本体が落とされたり廃車後あと1秒耐えられればってケースが多かったからそこらへんが目に見えて改善される -- 2022-03-11 (金) 01:18:48
  • カウンターシールド効果時間3秒確認 -- 2022-04-04 (月) 02:04:32
  • 最近たまにブラウンベアでダッシュジャンプすると一気に天井まで飛翔するんだけど流石にバグだよな…?
    壁蹴り出来ない代わりとかではなく -- 2022-06-24 (金) 00:20:40
    • バグですね。SandBox2に説明あるのでよければどうぞ。 -- 2022-06-24 (金) 00:25:00
      • 確認しました。対戦では革命的だけどワンチャンバグ利用だから控えた方がいいよなぁ -- 2022-06-24 (金) 19:49:44
      • 割と今更感。協力でたまに馬鹿の一つ覚え晒すやつと当たったりするから一応毎回スクショして通報してあげるようにしてるけど、その程度でBANするような運営じゃないしバグも放置のままだし使っていいんじゃない -- 2022-06-24 (金) 22:01:21

*1 ただしシールドは戦闘中に使ってこない。また、攻撃はナパームと散弾なのでどちらから放たれているのか不明。漫画版では左肩がホーミングミサイルになっていた
*2 ツインアイの左眼を点灯させているか、それともモノアイかで解釈が分かれる。漫画版と食玩ではモノアイだった
*3 X1のVAVAの額にあったのはΣ軍団のマークだったので、VAVAがパーソナルマークを使うようになったのはこのMK-Ⅱが初。後にイレハンで初期のVAVAもパーソナルマークを使っていることになった
*4 8ボスのステージ道中から罠カプセルで至る所に爆弾を仕掛けられた廃工場に転送させる
*5 コミック版Xの8ボス撃破後、VAVAとの会話で氷の入ったバーボンのグラスを手に、「このグラスの中身がバーボンでも泥水でも…俺達には大差ない… 俺たちは戦うために生まれた疑似生命体(レプリロイド)だからな…”儀”だの”野心”だの無意味なことだ…」との発言後にグラスをたたき割るハードボイルドな姿はあまりに有名。飲まないんかい!とツッコまれることも。XのVAVAの二次創作絵ではバーボンをどうにかして飲もうとする姿があるのはそういう理由だったりする。