ガチエリア

Last-modified: 2022-10-02 (日) 19:44:16
このページは現在編集中です。
Splatoon2 Wikiからの移行ページのため、最新の情報を反映していない可能性がございます。
編集者は追記・修正をお願いします。


概要

ステージ内に配置された「ガチエリア」を相手と奪い合い、確保し続けたチームが勝利するルール。
ガチエリアは自分のチームのインクである程度の面積を塗ると奪うことができる。
狭い範囲に両チームが集まるため、混戦となりやすい。
ガチエリア内の塗り状況は、画面上部中央にあるインジケーターに表示されるので、参考にしよう。

ルール解説

ガチエリアについて

ガチエリアは各ステージに「1つ」か「2つ」配置されており、ラインで囲まれている。
エリア内の7割ほどの面積をインクで塗ると「確保」でき、
確保した瞬間はエリア内全体が確保したチームのインクで染まる。

確保されているエリアを5割塗り替えすとエリアが中立状態に戻り、カウントがストップする。
なお、ガチエリアが2つある場合は、どちらかを5割塗り返せば中立となるが両方を同時に「確保」しないとカウントは減少しない。

カウントについて

ガチエリアを全て確保すると、そのチームのカウントが減っていく。
先に「0」にできれば「ノックアウト」勝利。
5分の制限時間が経過した場合は、残りカウントがより少ないチームの勝ちとなる。

ただし、自分のチームが確保していたエリアを相手チームに全て奪われると、自分のチームに「ペナルティカウント」が付与される。
ペナルティカウントはチームのカウント数の下に表示される。

ペナルティカウントについて

自チームがエリアをすべて確保した際に、ペナルティカウントがある場合は先にペナルティカウントから減少する。
ペナルティカウントが0になるとチームの本カウントが減り始める。

ペナルティカウントは、直前に確保していた時に進めた時間分のカウントの4分の3の値(小数点以下切り上げ)が付く。
例えば、連続で80カウント進めており、進めたカウントが80→81に変わろうとしているタイミングでエリアを奪い返された場合を仮定する。
このときに80→81に変わるために要する時間の90%が経過していたなら、時間分のカウントは80.9となり、ペナルティカウントは60.675‬を四捨五入した値となるので、61となる。(詳細は要検証)

なお、時間切れ時の勝敗判定にはペナルティカウントは関わらず、残りの本カウントの数値のみで勝敗が決まる。

延長戦について

時間切れの瞬間、「カウントで負けているチーム」が「エリアを確保している」場合、延長戦が発生する。
延長戦が終了する条件は下記の通り。

  • 劣勢側がカウントを逆転する
  • 優勢側が逆転される前にエリアを奪還する
  • エリアが中立状態のまま連続10秒間が経過する

一度延長戦が発生すると、エリアが中立状態になっただけで直ちに試合が終了するわけではないという点を押さえておこう。
特に、劣勢側確保⇒中立のまま9秒経過⇒劣勢側ふたたび確保、のような状況の繰り返しからの逆転も大いにありうる。
優勢側はエリアを確実に確保する意識を、劣勢側は中立状態になっても諦めない意識を持つように。

スペシャルゲージが自動で貯まる条件

相手チームがエリアを確保している時(4.5P/秒の速度で増加、優勢劣勢関係なく発動)
両チームがエリアを確保していない時、かつ自チームが劣勢側の時(1.5P/秒の速度で増加)