ダイナモローラー

Last-modified: 2022-10-02 (日) 21:16:03
 

 

概要

これは「ダイナモローラー」。
振りかぶりは遅いが、広範囲にインク攻撃ができる重量級のローラーだ。
タテ振りの飛距離もかなり長く、遠くの相手をけん制することができるぞ。
バンカラ地方のモデルは、熱対策のためメカニカルな部分が開放された作りになっているようだ。
▲画像は公式Twitter(@SplatoonJP)の2022年5月23日のツイートより。


メイン解説

振りかぶりや塗り進み速度が遅く、インク消費量もとても多いが、一振りで広範囲を塗ることができる。
特にタテ振りはかなり遠くまで届くので、苦手な遠距離の相手にも多少の牽制はできる。

代償として攻撃発生速度がチャージブキを除けば全ブキ中ワースト1位、振りかぶっているときのヒト速は.96ガロン以下、コロコロの移動速度がローラー種で最も遅い、など機動力が極めて低くなっている。
この欠点を如何にカバーできるかが腕の見せどころ。

サブスペシャル

スプリンクラー

設置することで一定の範囲を継続的に塗るサブ
重たいメインの補助としていくつかの用途がある

  1. 初動、復帰塗り
    ダイナモのメインは細かい塗りが苦手だがサブであればすばやく設置できるためその弱点を補える。
  2. 足元塗り補助
    足元に設置することで打ち合いで足元を塗替えされた際のリカバリができる。
    ただし時間経過で減衰すると効果が薄いため撃ち合いになる少し前に設置し直す必要がある。
  3. 索敵、おとり
    メインでの索敵も優秀だが、スプリンクラーも併用することでよりあぶり出しがしやすい。
    高い位置に設置し破壊しているところを不意打ちすることで相手の視点移動を増やし遅いメインでも撃ち合いに勝てる可能性が上がる
    特に進行ルートに設置されたスプリンクラーは相手からすると無視しづらく、破壊音などでも索敵が可能。
    ただしインク消費は大きいため計画的な使用を。
  4. 低い段差の壁塗り
    クイックボムの要領で壁に貼り付けることにより、重たいメインよりも高速で段差上への道が作れる。

エナジースタンド

設置することで味方のサポートできるスペシャル。ダイナモの塗り性能と必要SPが190なのもあって定期的に置いておくことが可能。
ダイナモローラーにとってもイカ速上昇により機動力を大幅にカバーでき、万が一倒されてしまっても即復活ができるなど、これから味方と攻め込む時に発動できると特に恩恵が大きい。
設置の隙も大きくないのでインク回復手段としても有用。

ただしペナアップ持ちの長射程ブキには注意が必要。いくらイカ速と人速が上がっていると言っても振りかぶりの隙とは付き合っていかなくてならないし、ペナアップ持ちに倒されると復活短縮効果がほぼ無効化される。

ギアパワー考察

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
以下はほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

インク効率アップ(メイン)
メインの燃費の悪さをある程度軽減してくれる。
迷ったら付けておいて間違いないギアパワー

インク回復力アップ
メインとサブ共に使い勝手の向上になる。効率アップと合わせることでより安定感が得られる。
しかし効率アップと違いメインの試行回数は上がらない上、メインに大きなインクロックのあるブキのため咄嗟の回復力もあまり期待できない点に注意。

イカダッシュ速度アップ
ダイナモは重量級のため他ブキより素でイカ速度が遅いが、3(0,1)積むだけで劇的にイカ速が改善されるので咄嗟の危機回避力や復帰速度の向上にも繋がるため余裕があるなら積んで損はない。

コメント

.