ブキ/ブラスター属

Last-modified: 2024-02-26 (月) 02:02:39

ブラスト(爆発)するインクを放つブキカテゴリ。範囲攻撃およびキルを得意とするが、遅い連射、発射後の後隙、低い塗り性能とクセは強い。
かつてはシューターと同じカテゴリだったが、今作ではカテゴリ分けがなされて別ブキ扱いとなっている*1

 
 

一覧

ブラスター属について

空気に触れると爆発するインク弾を発射する。
前作まではシューターの亜種であり、「シューターブラスター種」だったが、今作では独立し「ブラスター属」という専用の属が立ち上げられた。
[ZR]を押している間、シューター種と同じくインクショットをフルオートで撃ち続けるブキ。
ブラスターのインク弾は空中で爆発し、その爆風で攻撃できる。
他のゲームで例えるなら、真っ直ぐに飛んで爆発する高威力弾という所から「ロケットランチャー」や「バズーカ砲」だろうか。

連射性やインク効率は高くないが、軒並み攻撃力が高く、一部のブラスターの直撃火力は相手を一撃で倒せるほど。
直撃せずとも爆風をイカせば敵の動きをある程度無視した範囲攻撃ができ、エイム力に依存しない戦闘が可能。
また、爆風はシューターのような「直線軌道では攻撃できない障害物を挟んだ状態」でも攻撃が可能。上手く障害物裏に爆発させれば障害物裏のクリアリングや隠れた相手に一方的に攻撃ができる。
総じて中距離戦が得意なブキ種である。

しかし攻勢に優れるとはいえ、多くのブラスターは塗り性能と機動力に難を抱えている。
また爆風の発生距離はコントロールできない上、弾が爆発前に地形に当たると低威力の爆発しか起こさない為、良くある爆発物系の武器よろしく敵の足元に撃ち込んで無理やり当てるといった事も不可能。
イカに敵を自分に有利な間合い、立地に持ち込む立ち回りをするかが重要になるだろう。

ブラスターのインク弾の特徴

  • 発射後一定距離で爆発する。
    一定距離に到達する前にイカや障害物などに当たった場合爆発はしない(が直撃扱い)
    上空に撃っても必ず一定距離で爆発する。
    ちなみに、爆発の直前に重力の影響を受けてほんの少しだけ下に落下する。(照準もそれを加味して設定されている)
  • 直撃、爆風という1発の弾における「当たり方」の違いがある。
    直撃すると、チャージャー種と同じような爽快感あるクリティカルヒット音が鳴る。
    爆風にも中心付近、外周付近で火力が変わったりするモデルもある。
    ダメージは直撃>>>爆風中心>>>爆風外周>>>着弾時の飛沫のように変異する。
  • インクの弾が味方をすり抜ける性質を持つ。
    敵味方の入り乱れる最前線でも味方に射線が切られる懸念なく敵へ攻撃を仕掛けられる
  • 塗りは爆発する先端が一番大きく、軌跡にも繋がって細く塗りが発生する。
    そのため軌跡に合わせて塗り広げると爆発塗りの塗り被りが多くなって無駄が発生し、爆発塗りに合わせると中間塗りがスカスカになってしまう。全体的に塗りが弱いブキ種であることを念頭において置こう。
    ちなみに、爆発塗りは地面からの高さによって大きさが変わり、地面に近いほど塗りが大きくなる。地面スレスレ、具体的にはYボタンでの視点リセット後くらいの角度で塗ると効率的。

爆風のサイズ

ブキごとに爆風のサイズは異なる。といっても、爆風による塗りの大きさとダメージ範囲は別々のパラメータなので、ここでは計測が容易な爆風のダメージ範囲についてのみ言及する。
爆風サイズ(爆風のダメージ範囲)を大きさ順に並べるとイカの通り。

クラッシュブラスター/S-BLAST92(短射程モード)
ノヴァブラスター
ロングブラスター
ホットブラスター/ラピッドブラスター/Rブラスターエリート
S-BLAST92(長射程モード)

余談:作品ごとのサイズ変遷

『スプラトゥーン(1作目)』ではブキごとに爆風のサイズが違っていた。ノヴァ>ロングホット>ラピラピエリ の順だった。
『2』では全ブラスターの爆風サイズが、『1』のラピッドブラスターぐらいの大きさで統一された。特にノヴァブラスターは大幅な弱体化をしたことになる。
その後、『2』のアップデートで、

と変更された。『2』の初期値のまま最後まで爆風サイズが変わらなかったのはロングブラスターのみ。
『3』では『2』の最終バージョンのサイズがそのまま引き継がれている。

敵に使われる場合の対策

精度が高く高威力の直撃と広範囲の爆風という二つの特徴を持つ。
フルチャージしたチャージャーのように直撃のイリョクが非常に高く危険であり、ブキによっては一撃必殺。また爆風のイリョクも侮れず、蓄積ダメージを受けて他の敵からのトドメというパターンもある。
その代わり連射は遅く、壁も含めた塗り性能は低い。
クラッシュブラスター以外は射撃一発にかかる時間が非常に長く、かつ移動撃ちの速度は早くないので射撃後の硬直を狙ったボムで倒せることも多い。

最大の特徴はやはり爆風であり、これにより物陰に隠れて一方的に範囲攻撃したり、あるいは物陰に隠れた敵を倒すことを得意とする。
そのため、大抵は高台下や障害物の周辺に陣取り、地形を味方に攻撃してくる。
高台下などからこちらの不意を打って先制攻撃をしてくることも多いので、事前に高台や障害物周囲のクリアリングを念入りにしておき、近くに敵ブラスターがいそうな場合は不用意に高台に登ったりしないこと。
攻撃範囲が広く、爆風は足元周辺を塗ってくるので、1発目の爆風に当たってしまえば、直後に回避しようとしても狩られやすい。

射程や爆風の範囲を考え、相手の苦手な距離から攻めるのがセオリーだろう。
この「苦手な距離」は2つの考え方があり、爆風すら届かないアウトレンジ爆風が遠すぎる超インファイトのどちらを狙うかはハッキリしたい。
まごついて中途半端に間合いを取ってしまうと、むしろ敵ブラスターにとってはデスの危険性も無く撃っていられるのでこちらが一方的に不利。
直撃しないとキルタイムが出ず、弾が一定距離以上飛ばないと爆風が出ない特性上、直撃さえ避ければ反撃は意外と容易。また、爆発する距離よりも近付くとブラスターは遅い連射速度で正確に直撃させるしかなくなるので、どのブキよりも「先手必勝」がキーとなる。

アップデート履歴

アップデート履歴(アップデート履歴/ウェポン・ギアパワーごとのアップデートからの引用)
ver.1.2.0ブラスターの弾が、エナジースタンドウルトラハンコに着弾したとき、空中での爆発と同じ爆風が発生している問題を修正しました。
ver.2.0.0ZRボタンのショットを、水平より上や下を向いて発射するとき、左右のブレが本来よりも小さくなっている問題を修正しました。
相手のカサやスプラッシュシールドの端に弾を命中させたとき、裏側にいる相手のプレイヤーにダメージを与えることがある問題を修正しました。
ver.4.0.0カベに密着した状態でブラスターを発射したとき、地面に塗りが発生しにくい問題を修正しました。

コメント


*1 ブキポーズ、イカスポーンのモーション、カスタマイズ画面におけるメインウェポンでの絞り込み
*2 直接インクをぶつけてダメージを与えた時のみ発動する仕様のため。