ブキ/スペシャルウェポン/ウルトラショット

Last-modified: 2022-09-28 (水) 01:53:05

使用イメージ画像



概要

前回の映像に登場したスペシャルウェポンについても詳細が判明した。
これは「ウルトラショット」。
かつてハイカラシティで使われていたスペシャルウェポンの改造品だ。
螺旋を描く3つの弾を同時射出する強力なショットが、カートリッジ3回分セットされているぞ。
放て、ウルトラショット
公式Twitter より

セット情報

仕様

強力な弾丸を効果時間中最大3発まで発射することができる。
このスペシャルの強みは弾丸の超性能。長射程、高威力、デカいと3拍子揃っており、高台に居座るチャージャースピナーに不意打ちしても強く、短中射程を射程外から一方的に撃っても強い。
癖が少なく、一癖も二癖もあるスペシャルの中ではかなりシンプルで扱いやすい。

操作

Rスティック押し込みで発動すると専用のランチャーを構え、ZRで弾を発射する。発動中はメイン・サブが使えなくなるが、ZLでのイカセンプクは可能。

弾の仕様

Twitterでの解説にあるように1発射につき弾が3つ出る。エフェクトとしては3つに分かれているが、実際には弾3つを含めた大きな円の範囲全てに、直撃判定と爆風判定がある。直撃は1発220ダメージと即死、爆風は1発40ダメージ。「1個40ダメージの弾が3発当たって即死判定になっている」というような仕様ではなさそうだ。

前々作のスーパーショットとの大きな違いは弾道が山なりになっていること。スーパーショットは弾道の直線上全てに攻撃判定があったためターゲットの背後を狙っても当たったが、ウルトラショットはこの方法だとターゲットの背後に着弾してしまい全く当たらなくなった。反面、壁越しの敵も曲射で狙う事が可能になったため、丁寧なエイムで油断したイカを撃ち抜いてやろう。また、壁や床に当たると爆発するが、敵に直撃しても爆発せず貫通する。

活用

発動中はメイン・サブの使用が不可能となるため、その間に懐に入られると無防備。また着弾点には大きな塗りを残す事ができるものの、前々作でのスーパーショットとは違って通過した射線上の塗りは発生せず、また発射前後の隙も大きいため、周りに自陣インクがないとスプラッシュボムトリプルトルネードナイスダマなどの餌食になってしまう点に注意。幸い、使用中でもトリプルトルネードなどとは違ってイカ移動は可能なので、発射前に足場のある場所に移るか、自分で足元を固めておこう。

発動後は一定時間 (スペシャルゲージが0になるまで) が経過すると、3発分を使い切る前に終了してしまう。直線上や曲射の当たらない地形に隠れられるとやり過ごされてしまうため、味方の突撃に合わせて発動し、対面を仕掛けられ壁裏から出てきたところを撃ち抜く、逆にショットを構えて相手の行動を制限することで、味方の対面を有利に持ち込むなど、効果的な使いどころを考えよう。

ちなみに発動するとランチャーを取り出す音が発生する。この音はやや大きめであり、敵の視界の外から発動しても音をよく聞く相手だと発動したことがバレるので、不意撃ちが確実に決まるとは限らない。

コメント