ブキ/スペシャルウェポン/ナイスダマ

Last-modified: 2022-09-28 (水) 18:33:51

※発売前情報を含みます

力を溜めてインクの塊を作り、投げつけて大爆発を起こせる。
「ナイス」のシグナルを送ったり、仲間に送ってもらうと、素早く力が溜まるらしい。
シグナルを送ってくれた仲間は、お礼に少しだけスペシャルゲージが増える。

セット情報

概要

前作「Splatoon2」から引き続き続投。メジャーアップデート後半にウルトラハンコと共に追加されたスペシャルウェポン

発動すると空中に浮き上がり、球状のインクの塊を構えると同時に、ある程度のダメージにも耐える強力なアーマーを纏う。矢印下キーを押して「ナイス」のシグナルを送るとインクの塊が徐々に大きくなり、最大サイズにまで達すると、ステージ内の任意の地点に投げつける事ができ、それと同時に再度の移動も可能となる。この時、味方も一緒にナイスを押すことで、溜め終わるのが早くなり、同時にお礼としてナイスを送った側もスペシャルゲージが少しだけ増える。この辺りは前作と同様。

このアーマーの性質やロングレンジをイカして多くの状況に対応することができる。
敵に狙われてやられそうになった時の緊急回避、目立つ姿を利用してヘイト集め&耐久力と攻撃範囲をイカして自分の周囲制圧、からの自分の周囲に投げて敵からの目眩まし、射程と攻撃範囲を生かした攻め、ヤグラ等のオブジェクトに投げて強制確保…等、あらゆる状況を強引に作り出すことができる。まさに何でもござれ。
また単体相手なら発射までアーマーが耐えやすいため半ばカウンター気味での発動も入る。
何なら溜め時間もそこまで長くないため、複数から狙われてさえいなければ敵陣のド真ん中でも発動可能。敵の注意を大いに引き付け、その間に味方の前線を一気に上げ、ナイスダマで更に追撃という芸当も可能。
ナワバリバトルではラストに投げることで相手の陣地に大きな塗りを発生させ、勝敗を分けることも。
ただしアーマー付与までに若干のタイムラグがあるので完全に接近された際だけは発動しようとしても不発になりやすい。気持ち早めでの発動が望ましいところ。

ナイス連打によるチャージ量の増加は、最初の一回を除いて使用者本人の連打>味方の連打であり、また味方によるナイスは5回までしか効果がなく、その効果も最初の1回が一番効果が大きく、2回目はその半分、3回目はそのまた半分…という具合に効果も下がっていく(使用者本人によるナイスは最大溜めまで何度でも効果があり、何回押しても同じだけ効果もある)。
そのため味方としては初心者のうちは対面やヘイト集め、デス後の素早い前線復帰を蔑ろにしてまで、とにかく連打し続けるという事をやってしまいがちだが、そうしているうちに自分がデスしたり、味方のカバーが遅れてしまったりしては本末転倒。とはいえ使用者一人だけで溜めるのも時間が掛かるので、余裕のあるタイミングを見つけたら2~3回程度押してあげる、というだけでも十分効果はある。

ポイントとして、溜め中は強力なアーマーを纏っておりそう簡単には壊されないが、それでも火力の高い短射程シューターなどの敵が2枚以上いる前で発動すると、溜めている最中にアーマーを割られてあっさりやられてしまう。
(今作の耐久値は情報待ちだが、参考情報として前作wikiの基本性能を参照)
また前作同様、同じ場所に留まるという特性上マルチミサイルをはじめとした攻撃系スペシャルウェポンとの相性は最悪なため、相手にスペシャルが発動可能な敵がいたら、十分警戒しておこう。具体的なブキや他スペシャルとの相性については要検証。
アーマー解除のタイミングは投げてからワンテンポ置いてからであるが、真下にボムやローラーが重なってしまうとあっさりやられてしまうこともあるので足元にも注意。
ナイスダマのチャージ中は短い間ではあるが、何も攻撃に干渉できない状態となる。その間にガチエリアやガチヤグラを確保されたり、ホコ持ちに素通りされてしまうと意味が無くなってしまうのであえて発動しないことも大切だ。

アップデート履歴

アップデート履歴(アップデート履歴/ウェポン・ギアパワーごとのアップデートからの引用)

ver1.1.2アーマーが破壊されたあと、一定時間ダメージを受けない状態になっている問題を修正しました。

コメント