サーモンラン/編成評価

Last-modified: 2022-09-22 (木) 19:30:09

概要

サーモンランのコメント欄にて有志が定期的に投稿しているサーモンランの編成評価。
新シャケ、新ステージについてはまだ評価が定まっていないところもあるので注意されたし。

編成評価

編成評価は大きく分けて3つの評価をしている。

1.塗り、対シャケ(バクダンタワー、ザコ)に対する評価

(良い) ☆>◎>○>△>× (悪い)
ここの評価は編成全体におけるものであることに注意、ブキ個別に関しては概要を該当欄のコメントを見るかブキの相性に詳しく掲載されている。

2.総合評価の点数

この項目は編成を評価する人のその時の気分勘と経験で数値化しているため明確な基準は示されていない。

 

しかしそれでは他に編成評価をしようとする人が点数を付けられなくなるので、採点基準の一例を下記に示す。

1.上記の塗り、対シャケ評価である程度評価しているためそれを点数化して合算する。☆25 ◎20 ○15 △10 ×5くらいで計算すると無難な数値に収まる。
2.1.で得た数値にブキバランスやステージ相性による加減算する。(エース級ブキ不在や特定オオモノの処理が困難な編成、ステージと射程が不釣合いなブキが多い場合などで減算していることが多い。どのくらい加減算するかは評価者次第)
3.大きく加減算した場合、他で評価している内容と釣り合わなくなるのでコメントで説明すると良い。というか、コメントしないと何故その点数を付けたのか評価者本人以外わからなくなる。

 

なお、ランダム回で登場するクマブキについては、未知数のため「+?」と評価される

総合評価に対するコメント

チーム編成に対する評価、各ブキの長所や欠点、その編成における立ち回りの基本的な心構えなどが解説されている。

3.個別評価における「役割」

その編成における立ち回りの指標。
役割名については、編成や編成評価者によって自由につけてよいことになったため、あくまでも目安であることは留意されたし。

ブキ名(略称) の後に書かれている「~枠」の意味は下記を参照。さらにその後に具体的な立ち回りが解説されているが、書かれていないことでも、特に高難度帯では仲間に余裕がなければ積極的に協力していく必要がある。時にはメインブキの相性が悪くてもスペシャルで打開できそうな時は積極的に活用しよう。

役割は部隊のバランスを鑑みた相対的なものであり、ある編成で主砲枠だったブキが別の編成ではエース枠として扱われていたりもする。

  • エース枠 その編成の主力ブキ、何でもこなせる(塗り、ザコやオオモノ処理、味方サポートetc)性能から、そのブキを手にした者には多岐にわたる活躍が求められる。なお、バクダン処理がおぼつかないほど射程が短くても、火力に特に秀でていればここに入る。
    • 準エース枠 エース級の能力を持ちながら火力や射程に若干難があるため取扱に注意を要する。
    • 過労死枠 味方が尖ったブキばかりの編成に放り込まれたエースがしばしばこう呼ばれる。この語が出るような構成では部隊全体でなんらかの性能が欠落しており、それを唯一補えるのが過労死枠のブキ。戦場全体を駆けずり回って文字通り過労死級の活躍をしなければならない。
  • 主砲枠 長射程高火力なブキ。高台など安定した場所からしっかりオオモノ、特にバクダンを処理する。
    • 番長 長射程低火力で、放置すると厄介なタワー(・カタパッド)を、遠くから連射弾や爆風で処理する仕事に特化したブキ。特に火力面の低さにより、他の仕事、例えばバクダン処理などは不得意。
    • 前衛型、可変型 主砲枠の接頭辞。主に(チャージャーや)スピナーの立ち回りを表し、時にはシャケと距離を大きく取らずにエース枠寄りの立ち回りをすることも必要という意味。現状では、クーゲルシュライバー(可変型主砲枠)・ノーチラス47(前衛型主砲枠)のみ。
  • ザコ処理枠 コジャケ、シャケなどのザコシャケを連射や爆風、塗り進みでまとめて処理できるブキ(短距離シューターブラスターローラーなど)。
    • ブルドーザー枠 ダイナモローラー専用枠。塗り進みでドスコイを1確で処理できるため、ブルドーザーのように整地してほしいという意味を込めて。
  • サポート枠 コンテナ周りや要所の塗り返し、金イクラ納品を中心にこなしつつザコやオオモノを処理する役割。
  • スルメ枠 噛めば噛むほど味の出るブキ。平たく言うと癖が強いが、スペックは十分あり、そこそこの活躍が見込めるブキ。スルメエース枠スルメサポート枠など、たまに他の枠称とくっつくこともしばしば。
  • 曲者枠 火力や取り回しにかなり難があり、スペック不足を感じずにはいられないブキ。特徴を掴んでシャケ退治に生かそう。
  • 特殊枠 クマスロ専用枠。とんでもないほど特殊な性能を持ち、他どの枠にも当てはまらない。地形以外貫通のドリルインクをイカし、オオモノを殲滅しよう。
     

■バイト専用ブキに関しての詳細はブキ別立ち回り個別解説も参照のこと。

 

■編成評価テンプレート
※二重前空白を削除しました。

編成評価 X/XX XX:00-(ステージ)
今回の編成
・ブキ名
・ブキ名
・ブキ名
・ブキ名
詳細評価
・塗り    ? 
・対バクダン ? 
・対タワー  ? 
・対ザコ   ? 
総合評価 XX点
(コメント)
個別
(ブキ略称) ???枠
(ブキ略称) ???枠
(ブキ略称) ???枠
(ブキ略称) ???枠
おすすめの事前確認

編集用

本ページに編成評価を貼り付ける際のテンプレです。よければ活用してください。
カッコの中を適宜変えれば表示崩れしないと思われます。
ブキ名の表は開催履歴のページのやつをそのままコピペしてしまうのが楽です。

***第???回
''x/x xx:00  ~  x/x xx:00(xxh)''
|CENTER:ステージ|>|>|>|CENTER:支給ブキ|h
|CENTER:(ステージ名)|(ブキ名)|(ブキ名)|(ブキ名)|(ブキ名)|
#br
(コメント引用)
#br

編成評価一覧

第1回

9/9 00:00 ~ 9/10 09:00(33h)

 

[7fac7氏の評価]
●詳細評価
・塗り    ◎ 基本モデルでの構成なので良好。足元も悪くない。
・対バクダン ○ スプチャは見やすいが、他は射程が短かったり、アプローチに時間がかかったり。
・対タワー  ○ こちらもエースは見やすいが、それ以外は厳しめ。
・対ザコ   ◎ 今回、ザコを全く軽視できないので、スプローがしっかり火力を出すこと。
●総合評価  70点
記念すべきNW第一回目の編成。いったんは無印サーモンランの形式を踏襲。
たつじんまではのんびりイクラ投げする余裕があるが、でんせつになった途端、攻略が進んでいないこともあるが、処理を頑張らないと簡単に圧死する。
カタパやバクダンなど、厄介なオオモノの一部攻撃が早くなっていることに加え、コジャケなどザコも攻撃速度が速くなっている。ジャンプして避けようとしてもスプーンの方が早い。
よって、イクラ投げに夢中にならずに索敵を怠らないこと。基本的には無印と同じ立ち回りで間違いない。
注意すべき新オオモノはテッキュウ。最も立ち寄るカゴまわりをダメージゾーンにする上、雨玉と違って解決が困難。序中盤で湧いたらSPを切ってもいいので早急に排除すること。
ラッシュは巻き巻きしている高台を定位置にしたくなるが、でんせつの難易度になると、イクラ投げ役/壁役の分担が野良では困難。今回の編成であれば、カゴ周りでも十分安定する(ノルマ達成したら高台移動しても可)。
●個別
わかばシューター エース枠 インクタンクと機動力をイカす。基本的には何でもやるが、カタパは強めに見てあげたい。
スプラマニューバー エース枠 穴を埋めるように。火力を吐いていかないと処理が間に合わない。
スプラローラー ザコ処理枠 範囲攻撃で火力を出す。ハシラも適正アリ。柱のてっぺんまで塗らなくても、イカノボリで飛び出して上に乗れる。
スプラチャージャー 主砲枠 バクダンはもちろんだが、今回からはナベブタも見てあげたい。オオモノ処理しないと圧死するし、かといってイクラ投げがあるとはいえ、あまり遠いところで倒すと回収困難なのが悩ましい。

 

[したっぱ氏の評価]
詳細評価
・塗り    〇 ローラー以外はまあまあ わかば中心に
・対バクダン 〇 マニュかスプチャで 地形的には他枠も叩きやすいと思う
・対タワー  △ わかばとマニュ限定で射程がキツい 砦の大きさ次第だけどどのみち遠征する
・対ザコ   ◎ バランスは取れている 強いと思うが発売日故の初見殺しに注意

総合評価 75点?
まだ未開拓部分もあるしこの点数。初見殺しに遭う可能性も高い。スプラ系ブキ故のバランスはお墨付きなので、2で養ったノウハウをしっかり生かしたい。ただし全体的に短射程気味な点には注意。

個別
わかば サポート枠 塗りやザコ削り。マニュが忙しいようならタワーも見ておきたい。
スマニュ エース枠 ほぼ何でも。状況に応じて対応したい。
スプロラ ザコ処理枠 ザコ轢き。チャージャー周辺のザコ掃除も。
スプチャ 主砲枠 バクダンドスコイを打ち抜く。

 

第2回

9/10 09:00 ~ 9/12 01:00(43h)

 

[したっぱ氏の評価]
詳細評価
・塗り    △? スプシュ過労死しそう ただトラストが塗り未知数なので何とも言えない
・対バクダン 〇? ぜひトラストにはワンパンして欲しい できるなら周りで協力したい
・対タワー  〇? 基本ホッブラとスプシュ 新ブキ2つも行けそうではある
・対ザコ   〇? これもホッブラが基本だがトライ以外も レギュマ仕様のドライブだと正直火力不足で怖い

総合評価 65点?(新ブキに補正が無いと仮定した場合の暫定評価)
新ブキ2枠、新ステのせいで正直採点しづらい。一番心配なのはドライブ。レギュマ仕様のままだと塗れない火力弱いでヤバそう。試し打ちで練習や火力チェックはしておこう。

個別
ドライブ ???枠 一番心配。近接攻撃で対地オオモノを狩るのがいいか。
スプシュ エース枠 何でも。新ブキ持ちに気を配りたい。
ホッブラ ザコ処理枠 ザコ処理とタワーがメイン。スプシュ同様新ブキ持ちイカもチェック。
トラスト 主砲枠? レギュマでも近接が弱すぎるのでこの枠。しっかり打ち抜こう。

※火力次第で編成評価が変更となる場合があります。情報が不足していますので情報提供にご協力頂けると評価しやすくなり助かります。

 

[7fac7氏の評価]
●詳細評価
・塗り    ○ 悪くはないか。ドライブワイパーは塗りだけでなく火力での維持もできてほしい。
・対バクダン ○ 前回同様、長物は一本だけ。トライストリンガーのエイムに慣れていないのが気がかり。
・対タワー  ○ トラストの適正次第。悪くはないはず。ドライブは通常斬撃なら時間がかかりそう。
・対ザコ   ○ ワイパーの実力やイカに。踏み込み斬りがドスコイに効けばいいのだが。
●総合評価  60点
ステージが初めてなことに加え、サーモンラン初登場ブキが二つあるため未知数。
特にドライブワイパーは、遠隔攻撃も可能だが、主は斬撃型ブキということもあり、どのような適性があるかが分からない(そういえば、無印でも切るように戦うブキがあったような…)
ただ、それ以外の2本はサーモンランでは戦いやすいスシとホットなので、そこそこ安定するはず。
気になるのはラッシュか。ドライブワイパーに壁が務まればいいのだが、中々厳しそうではある。
●個別
ドライブワイパー サポート枠 通常斬撃と、溜めで踏み込み斬りができる。さらに遠隔攻撃も可能。踏み込み斬りが超火力だといいのだが。
スプラシューター エース枠 穴を埋めるように。もしかしたらテッキュウへの遠征はスシしか安定しないかもしれない。
ホットブラスター ザコ処理枠 ザコに加え、ハシラを葬りたい。雨玉返しも忘れずに。
トライストリンガー 番長枠 バクダンに加え、もしかしたらタワーも早いかも。爆発効果も色々イカせるブキならサーモンラン最強格の可能性あり。
●オススメの事前確認
・トラストとドライブの練習(バクダンOTKを含む)。

 

第3回

09/12 01:00~09/13 17:0

 

[したっぱ氏の評価]
詳細評価
・塗り    ◎ バケツ以外は上々 バケツも壁塗り担当で
詳細評価
・塗り    ◎ バケツ以外は上々 バケツも壁塗り担当で
・対バクダン ◎ モデラー以外は倒しやすい
・対タワー  〇 バケツ以外で ダムなので遠いのが辛い
・対ザコ   〇 バレスピが足元弱いくらいで普通に強いが如何せん燃費悪め
 
総合評価 70点
スプラ2環境に戻ったような編成とステージ。編成としては手堅くまとまっているがインク消費が多め。インク管理に注意しよう。タワーも遠いのでしっかりチェックしたい。

個別
モデラー サポート枠 塗りサポートや近接火力でザコ処理や戦闘補助。
バケスロ サポート枠 壁塗りやシャケの間引き、バクダン処理メイン。
傘 エース枠 何でも。インク管理に注意。
バレスピ 主砲枠 バクダンタワードスコイ間引きなど。

 

[7fac7氏の評価]
●詳細評価
・塗り    ○ バランスはよいはず。でんせつ100超えからは処理で塗りを維持したい。
・対バクダン ○ こちらも悪くない。モデの単発ダメージが上昇しているとありがたいのだが、果たして…。
・対タワー  ○ やや難しめか。バレルが地形をイカして見たいものの、桟橋はかなり厳しいのでSP安定。
・対ザコ   ◎ 良好。モデパラはコジャケを見ること。
●総合評価  65点
比較的短めなエース2つに、中射程ザコ処理と長射程主砲のバランス型編成。
ステージはみんなご存じシェケナダムなので、通常は広場を守るように、満潮は広く動く、干潮はバクダンに手こずらないようにしたい。コウモリは雨玉返しで効率化したいところ。
気がかりなのはタワーか。特に桟橋方向はナベブタなどに阻まれるとアプローチ自体ができない。
また、ハシラにも要注意。これまでの編成ではザコ処理枠が見ていたが、バケツで一気に薙ぎ倒すのは困難かもしれない。
満潮は狭いのでナベブタが凶悪になる恐れあり。バレルは早急に排除すること。
夜で注意すべきなのはやはり満潮ラッシュか。安定する壁がモデだけなので、SPで延命を図りつつ、なんとかクリアに持ち込みたいところ。
ところで編成自体は関係ない話題だが、夜にプレイするイカタコにとっては時間帯がかなり短いシフト。もう少し長くしてほしいんですが…。
●個別
プロモデラーMG エース枠 テッキュウ相手にまずはモデが切り込みたい。索敵強めで何に一太刀入れるべきかをよく考えること。また、ハシラも見てあげたいところ。
バケットスロッシャー ザコ処理枠 ザコを一網打尽。雨玉やら、寄ってきたダイバー対策の塗りやら仕事は多い。ナベブタには浴びせやすいはずだが、恐らく時間がかかるため、優先順位次第か。
パラシェルター エース枠 無印からナーフされていなければ高体力鮭相手の火力枠。テッキュウ相手にするときは、囲まれて硬直を狙われないよう注意すること。
バレルスピナー 主砲枠 これまでのスプチャトラストの動きと同じ。バクダンナベブタ、射程イカした間引きを担当。
●オススメの事前確認
・満潮壁セミを数分間練習。

 

第4回

9/13 17:00 ~ 9/15 09:00(40h)

 

[木葉氏の評価]
●詳細評価
・塗り    ○ ロングとリッターが動きやすいように残りの2人でしっかり塗ろう。
・対バクダン ☆ ロングの火力が上がったためリッターに続いてバクダン処理に適している。残りの2つの武器も処理自体は可能だ。
・対タワー  ☆ リッター以外タワー処理は容易い
・対ザコ   ☆ リッター、ジムのおかげでドスコイ処理がかなり楽。

●総合評価 90点
全体的に火力が高めの構成であり、全てにおいて高水準の働きができる。これまでの3回に比べて、簡単なシフトになるだろう。
しかし、相変わらずヒカリバエはキツめ。スペシャルを駆使していこう。

●個別
スパッタリー エース枠 別名:クマさん印のマニューバー。実は前作と比べて火力の弱体化が入ってる。それでも圧倒的な殲滅力は健在である。

ジムワイパー 準エース枠 ドライブワイパーの性能的に弱いかと思われていたが、蓋を開けてみたらバイト強武器レベルだった。溜め振りの火力がかなり高く、至近距離であれば400ダメージでドスコイを一撃、テッパンヘビナベブタ(HP500)などを瀕死に出来る。遠距離でも180ダメージ出るので雑魚処理はこれ1本でも行けるレベル。カーボンの軽さとダイナモの火力を合わせたような素晴らしい武器だ。

ロングブラスター オオモノ兼雑魚処理枠 前作から火力が上がり、直撃2発でテッパンヘビナベブタを倒せるようになった。ハシラタワー処理はロングが1番適している。

リッター4K 主砲枠 フルチャージ時のダメージは脅威の600。これはドスコイは勿論、ヘビテッパンナベブタのHP500も一撃で倒せる火力だ。そして、あのテッキュウをフルチャージ2発で倒せる。

●おすすめの事前確認
ジムワイパーの練習。各武器の火力確認。

 

[7fac7氏の評価]
●詳細評価
・塗り    △ スパッタリージムは塗れるほうだが、ロングリッターは厳しめ。これまでボーナスだったダイバーには今回注意。
・対バクダン ◎ スパッタリー以外は射程長め。ジムの実力に期待。
・対タワー  ○ リッター込みだがロングは崩しやすい。テッキュウへの遠征はスパッタリーが担当したい。
・対ザコ   ○ ジム含めて巻き込みはしやすいはず。意識しないと△、処理意識があれば◎で実力差が出てしまいそう。
●総合評価  60点(リッターロングが強かったため)55点(難編成につき5点減点)
なかなか重めな編成。ジムロングは実のところ中量級なのだが、攻撃後の隙がある。
主砲役がリッターなので、小気味よく動けるのがスパッタリーだけ。そのスパッタリーテッキュウ対策で忙しくなる可能性が高いので、ミッドフィルダー不足なのがキツい。まだ慣れていないが、ジムワイパーがその枠にはまるしかないか。
ロングリッターは無印の感覚だと引き気味に戦いたくなってしまうが、あまり保守的に動いてしまうと分断と各個撃破で崩壊してしまう。地形イカして絶妙なポジション取りをしたい。
厄介なのはザコか。ロングリッターの巻き込み意識があれば抑え込めるが、後回しにするとコジャケを筆頭にかき乱される。
テッキュウは相変わらず厳しめ。乗り込めるのがスパッタリーだけなので、これまで通りSPも意識したい。
ラッシュは今回もかなりキツい。巻き巻き山でスパッタリーが壁になり、様子を見て投げるしかないか。
●個別
スパッタリー エース枠 残念ながらナーフ(DPS540/675⇒480/600?)。それでもテッキュウはスライド後2秒で溶けるので早い。ナベブタ相手のスライドも有効なので、厄介な相手をなぎ倒すこと。
ジムワイパー エース枠 ドライブはエースの器だったが果たして。塗り広げが良好なのと、射程もイカしたい。ただ、前線役を任されがちなので結構重いか。
ロングブラスター 番長枠 タワー雨玉バクダンに加えてハシラも担当でき、仕事は多い。直撃強化(200⇒250)により体力500の鮭が2確なので、自身の生存のためにも優先順位付けが非常に重要。
リッター4K 主砲枠 イカせる地形はアラマキの頂上にハシラにと多め。ジムロングを支援するためにも高体力鮭だけでなく貫通も狙いたい。

 

[したっぱ氏の評価]
〇詳細評価
・塗り    △ スパッタリー中心 ジムも塗れるが広範囲塗りは遅いと思う
・対バクダン 〇 ジムでワンパンできそう あとはリッターで安定ワンパン
・対タワー  〇 スパでもいいけどロンブラに任せよう
・対ザコ   △? ジム次第で鬼門 ジムでドスコイ一撃だったら嬉しい

〇総合評価 60点?
ジムの性能次第で大きく評価変わりそう。ジムが仕事できないとスパが過労死するのでジムが火力補助出来たら良いか。ロンブラやリッターも苦手なら試し打ちして慣らしておきたい。地形的にブキ相性有利なのが救い。

〇個別
スパ エース枠 何でも。過労死ではないが忙しい。
ジム ???枠 結構仕事できそうなイメージ。対ドスコイ次第。
ロンブラ 曲者枠 いつもの。地形は優位なのでタワー崩しやザコ削りに専念。
リッター 主砲枠 バクダンドスコイ、高体力オオモノをしっかり打ち抜く。

 

第5回

9/15 09:00 ~ 9/17 01:00(40h)

 

[木葉氏の評価]
●詳細評価
・塗り    ◎ 火力の要であるハイドラントのためにもしっかり塗ろう。
・対バクダン ○ 基本的にハイドラに任せた方が楽。
・対タワー  ◎ 今回単発武器が無いためタワー処理はそこまで苦労しない。
・対ザコ   △ ハイドラ以外ドスコイを処理するのに結構時間がかかる。コジャケに比較的弱い武器が結構多い。

●総合評価 65点
クセの強い武器が多く、火力がハイドラに依存している。クアッドはお世辞にも火力が高いとは言えない。前回のシフトの感覚で挑むと痛い目を見るかも?

●個別
L3リールガン 準エース枠 3点バーストであるこの武器だが、3発当てると120ダメージになる。ヘビテッパンナベブタを1人で倒すのは少しキツめ。なお、通常シャケには3発全て当てないと1トリガーでは倒せない。瞬時の塗りには強いので塗りをしつつ臨機応変に対応するのがいいだろう。

LACT-450 曲者枠 塗りが強く、トライストリンガーよりノンチャージ運用が多い。弱点としては火力が低いという点で、ノンチャージ時1回で発射される3発のうち2発以上じゃないとコジャケを一撃で倒せない。

クアッドホッパーブラック エース枠 4回スライドがあるため、機動性は高い。しかし、スライド後の硬直が長いので、カタパッドに狙われている時にスライドの多用は禁物だ。

ハイドラント 主砲枠 DPSが高いため、雑魚からオオモノまで幅広く対応出来る。反面、機動性がとても悪いため、混戦に入るのは危険。火力がこの武器に依存しているので特殊waveによっては過労死枠になる。

●おすすめの事前確認
各武器の練習

 

[7fac7氏の評価]
●詳細評価
・塗り    ○ L3とLACTは塗り良好。ただ、クアッドハイドラは塗りがスカスカなのと、足元がやや不安定なので無理は禁物。
・対バクダン ○ 良好なのだが、ややブキの取り回しやエイムの難度が高い。無印と同様ならクアッドはスライドしないと射撃精度が低い。
・対タワー  ◎ 降りずに倒せるハイドラ、降りても帰還しやすいエースと倒しやすい。LACTはやや微妙な射程(約35)。
・対ザコ   △ 範囲攻撃なし。ザコ処理枠がおらず、恐らくエースしか見ることができないため、結構厳しいか。
●総合評価  55点(難編成につき5点減点)
LACT初登場。対人では結構強い方らしいが、チャージキープが微妙な鮭では果たして。
範囲攻撃がおらず、基本単体攻撃のみなのが厳しい。NWではザコ処理が大切だが、枠がいないので意識しないと溢れてしまう。
更に具合の悪いことにハイドラントはザコに邪魔されるとまったく火力が出なくなってしまう。この中で言うとまずはクアッド、次点でL3が見ておきたい。
その他気をつけるべきはハイドラを邪魔するカタパか。塗りの良いLACTがタワーと一緒に見てあげたい。
また、ハシラは倒しておけばハイドラの攻撃拠点にできそうであるため、これもできればLACTが担当したいところ。
よい処理循環が生まれれば、ハイドラが次々と処理し、エースがザコを食い止めつつ納品を進められる。今回も役割が明確に分かれているため、意識しておきたい。
●個別
L3リールガン エース枠 無印と同程度の性能であれば、高火力で高体力鮭を溶かせる。穴を埋めるように動く。
LACT-450 番長枠 トラストは中々強力だったが、比べると射程がかなり短い。攻撃性能がトラストとさほど変わらない場合、ザコを見るのが厳しいため、ハシラも含む地形もイカしてオオモノを見るほかないか。番長としてタワー雨はもちろん、ハシラそのものもこの枠で見ておきたい。
クアッドホッパーブラック エース枠 ザコ処理枠がいないため、この枠で見るしかない。他3つは射程があるため、無理に遠征するよりは、前線維持を主にした方が恐らく安定する。
ハイドラント 主砲枠 フルチャでばらまき。NWでは間引きが重要なので、テッキュウタワー、グダりそうなヘビを早々に処理したい。射程イカしてハシラのてっぺんも活用したい。
●オススメの事前確認
・LACTの練習(バクダンOTKを含む)。
・ハイドラのチャージ量確認(基本的には時計でいう7~8時で射程含め、大方のオオモノは見れる)

 

[したっぱ氏の評価]
〇詳細評価
・塗り    〇 リールとラクトで ラクトは足元以外しっかり塗れる
・対バクダン ◎? どのブキも届く ラクトでワンパンできるとなお安定
・対タワー  ◎? どのブキも早い方 これもラクト次第で安定するか
・対ザコ   〇? リールとクアッド中心 ハイドラも火力出したい ラクトは正直未知数

〇総合評価 70点?(個人差大)
超スルメ編成。バイト前の試し打ちは必須だろう。特にハイドラは3から入ったイカタコには荷が重いので野良バイトは要注意。ラクトも実力未知数。扱い慣れればどのシャケ相手にも十分仕事ができる編成なのでシャケを捌きつつ慣れていこう。

〇個別
リール スルメエース枠 連打して何でも。エイムを合わせてしっかり狙っていく。
ラクト ???枠 火力補正が読めない 補正強ければエース、すっぴんだと主砲かサポート。
クアッド スルメエース枠 硬直に気を付けて何でも。スライドも生かしていきたい。
ハイドラ スルメ主砲枠 長いチャージ代償の超火力でバクダンタワー、高体力鮭処理。

 

第6回

9/17 01:00 ~ 9/18 17:00(40h)

 

[木葉氏の評価]
●詳細評価
・塗り    △ 瞬間的に塗れる武器が少ないので、混戦時はかなりキツめ
・対バクダン ○ 弓でバクダンを一撃で倒せるので比較的楽。一応ダイナモの縦振りでも倒せるが、振りが遅すぎるためおすすめできない。
・対タワー ◎ 安心と信頼のブラスター。ダイナモ以外なら難なく処理出来る
・対ザコ  ○ ドスコイを素早く処理出来る武器が多いが、混戦時はメインだけでは処理が追いつかないことがある。

●総合評価 60点
一方的な状況なら強いが、混戦時、特にカタパ、タワーがいる時は動きにくくなる。シューターマニューバー系が不在のため、塗り、処理両方において安定感が低い。ヒカリバエに関してはダイナモがいること、おすすめポジションがカゴ付近なのもあって、スペシャル無しでもクリアすることは難しくない。

●個別
ダイナモローラー ブルドーザー枠 横振り200ダメージ、縦振り300ダメージ、塗り進み400ダメージのこの武器。塗り進みによる雑魚処理運用(特にドスコイ)がほとんど。ヒカリバエでは左スティックをゆっくり浅く倒すことでインク効率を良くしたまま塗り進みが出来るようになる。雑魚シャケの攻撃速度が上がっているため、背後を取られるとキツい。

スプラスピナー 準エース枠 DPSが今回の構成の中で1番高く、オオモノから雑魚処理まで幅広く対応出来る。スピナーの特性上、チャージが必要であり、1回のチャージで発射される弾は多くはないので無茶は禁物。

クラッシュブラスター 雑魚処理枠 ブラスターの特性上、まとまった雑魚シャケを処理しやすい。DPSは低めなのでタワー以外のオオモノ処理は苦手。スプスピと協力して処理しよう。

トライストリンガー 主砲枠 ドスコイバクダンを一撃で倒せて、テッパンヘビナベブタを瀕死に出来る火力を持っている。塗りが弱いため、安全なところから撃ち、あまり遠出しないのが望ましい。

●おすすめの事前確認
ダイナモの低速塗り進み

 

[7fac7氏の評価]
●詳細評価
・塗り    △ 足元かなり不安定。塗り広げはしやすいのでダイバー対策は可能なものの、デスが嵩みやすい。
・対バクダン ○ 良好な方だが、エイムや立ち回りに練度を要求するため、油断は禁物。
・対タワー  ○ ダイナモでの遠征は厳しいが、他3つも単体で向かうのは難しい。
・対ザコ   ◎ ダイナモとクラブラで抑え込める。
●総合評価 55点(難編成につき5点減点)
シューターマニュ不在編成。
機動力と防御力に欠けており、一度デスが始まると連鎖的にやられてしまう。正直、早めに上のレートに入っておかないと全く上げられなくなる恐れがある。
その代償と引き換えに爆発的な火力を有しているので、押し続けることができれば、(味方によるが)楽にクリアもできる。
気をつけるべきオオモノはカタパか。機動性の悪さと、ブキによっては燃費が悪いため、放置されやすい。
また、足場を悪くするコウモリもクラブラに加え、ダイナモも通常処理が困難なので、なるべく反射をとりたい。
夜WAVEはこれまでと打って変わって安定するので、押され気味な昼WAVEでは惜しみなくSPを使いたいところ。
●個別
ダイナモローラー ザコ処理枠 コウモリ轢きが恐らくオミットされたりと、ナーフがキツい。無理に攻めると簡単に死ぬので、インクの面ではやや保守的に。
スプラスピナー エース枠 機動力と燃費に欠けるが、性能は良い。遠征含むオオモノを主体に見ていきたい。
クラッシュブラスター サポート枠 実質第二エース。NWでは範囲攻撃が強力なため、火力を出しやすい。加えて、下から簡単に倒せるハシラキラーなので余裕があれば優先的に見たい。
トライストリンガー 主砲枠 ダイナモクラブラにザコを切り開いてもらったら、オオモノやタワーを撃ち抜く。満潮ではハシラのてっぺんからの攻撃が強力。

 

[したっぱ氏の評価]
〇詳細評価
・塗り    〇 スプスピと弓で ダイナモも整地で塗りたい
〇詳細評価
・塗り    〇 スプスピと弓で ダイナモも整地で塗りたい
・対バクダン ◎ クラブラ以外で 基本弓の仕事
・対タワー  〇 ダイナモ以外で クラブラに任せたいが遠い
・対ザコ   ☆ クラブラダイナモの独壇場 弓周りの掃除もしたい

〇総合評価 80点
ザコに殺意マシマシ編成。浜辺に居座るシャケ以外には滅法強い。逆に浜辺に居座るタワーや鉄球は遠いので辛い。遠征が多くなるので、できればまとまって遠征したい。

〇個別
ダイナモ ブルドーザー枠 3でもザコ処理最終兵器。あらゆる雑魚を轢いて殲滅する。狂シャケの壁担当も忘れずに。
スプスピ エース枠 何でも。役割的に高体力鮭や塗り担当。
クラブラ ザコ処理枠 爆風でザコ処理。弓周りの掃除は小回りの利くクラブラが適任。
弓 主砲枠 満タンチャージでバクダンドスコイ、1周でザコ処理、1周縦打ちでタワー崩し。

第7回

9/18 17:00 ~ 9/20 09:00(40h)

 

[木葉氏の評価]
●詳細評価
・塗り    ○ 良くもなく悪くもなくといった感じ。塗りを怠わらなければ問題はない。
・対バクダン ◎ パブロ以外なら素早く処理出来る。ただし、射程が長いというわけではないので、周りが安全なときに処理しよう
・対タワー ◎ 戦線から素早く離脱しやすいパブロがいるのもあってかそこまで苦しくない。
・対ザコ  ◎ ドスコイ処理が簡単になるだけでかなり処理の難しさは変わる。

●総合評価 75点
ガロンという高火力シューターがいるおかげか、安定度は高め。ヨコヅナに対しても、周りに金イクラが無いときに直接攻撃しても問題はないくらいだ。この編成の弱点としては、パブロスロッシャーなどのボタン連打が多いので指が疲れるシフトになっている点だ。あと、やっぱりヒカリバエがスペシャル無しではキツい。

●個別
.52ガロン エース枠 前述の通り、高火力シューターである以上、雑魚処理からオオモノまで幅広く対応することが出来る。

パブロ サポート枠 火力に関しては使用者の連打力によって変わる。それでもオオモノに対する火力は乏しいため、納品を中心とした雑魚処理に回るのがいいだろう。

スクリュースロッシャー 準エース枠 意外と火力が高い。ガロンほどは万能ではないが、基本的な立ち回りは同じ。

スクイックリンα 準主砲枠 チャージ時間が短いので雑魚処理も普通にこなせるが、バクダンナベブタを積極的に処理してあげるのが望ましい。準主砲となった理由としては、主砲にするには射程が短いという点だ。

●おすすめの事前確認
ボタン連打の練習

 

[したっぱ氏の評価]
〇詳細評価
・塗り    ◎ スクスロ以外で パブロが頑張る
・対バクダン ◎ パブロ以外で スクイクの仕事
・対タワー  × 中速ブキしかないし遠い 強いて言えば52がマシ
・対ザコ   △ これも正直キツい パブロやスクスロにも頑張ってほしい

〇総合評価 50点
初心者殺しの下火編成。パブロやスクスロの癖が強すぎる。前回と違い慣れても火力が控えめで辛い。唯一殺意が高いバクダンは即処理して、他鮭処理や塗りへの時間を確保したい。地形は有利を取りやすいのが救い。トキシラズの如く高台から処理する方がいいかも。

〇個別
.52 エース過労死枠 ほぼ何でも。タワーも中速だが崩す。バクダン以外は潰すつもりで。
パブロ スルメサポート枠 塗り特化。ザコ削りやウキワ救出、納品など。
スクスロ スルメ枠 渦をイカしたザコ削りやオオモノ削り。
スクイク 主砲枠 仮の準エースでいいかも オオモノはしっかりぶち抜いていく。


[7fac7氏の評価]
●詳細評価
・塗り    ○ まぁまぁ。52パブロはいいとしても、スクスクペアは難あり。
・対バクダン ○ パブロ込だが、スクスクペアはバクダンに強い。
・対タワー  △ 厳しい。パブロ52が担当だが、それぞれ火力やキル速に問題を抱える。テッキュウへの遠征も辛め。
・対ザコ   ◎ 範囲攻撃多め。パブロスクスロの強化に期待。
●総合評価  60点
洗剤洗濯機のスクスクランドリーペアに、52パブロを加えた編成。
無印ではキツめな組み合わせだが、バフの結果やイカに。
範囲攻撃が多い分、ザコへの対応力はあるはずだが、遠征は厳しめ。
特にタワーテッキュウには単体火力の低さや適性のなさで苦しめられる。
味方と連携したり、SPで対処したいところ。
また、得意不得意が今回もハッキリしているので、役割分担をしっかりしておきたい。
でんせつラッシュはやはり厳しめ。高台は巻き巻きな地形上、貫通含む射線を通しづらいのでカゴ周りのポジショニングもイカすべきか。
●個別
.52ガロン エース枠 穴を埋めるように。優秀だが決定的な火力がある訳ではない。厳しいならSPも使うこと。
パブロ サポート枠 強化の影響は果たして。ただ、1発の火力が上がっても単体火力は高くない。テッキュウに時間がかかるのがキツい。ハシラなど得意と思われる相手に強みを押し付けたい。
スクリュースロッシャー ザコ処理枠 こちらも強化の噂。TTKが早くなっているはずなので、オオモノのカウンター、ザコ処理、雨玉管理などを担当。ハシラは厳しいか。
スクイックリンα 主砲枠 高台周りでカウンター。前回のリッターほどは射程がないが、その分動けるので柔軟に。

 

第8回

09/20 09:00~09/22 01:00

 

[したっぱ氏の評価]
〇詳細評価
・塗り    ◎ エリート以外は塗れる
・対バクダン 〇 ZAPやヴァリアブルで H3はよく狙って
・対タワー  ◎ ヴァリアブル以外で 基本エリートの仕事
・対ザコ   〇 平均的 エリート火力強化されてるといいなぁ

〇総合評価 60点
DPS控えめな編成。ザコ処理が重要な今作においてヴァリアブルがどれだけザコを轢けるかにかかっているか。H3とエリートもクセ強なので役割はしっかり把握しておきたい。

〇個別
ZAP エース枠 何でも。臨機応変に。
ヴァリアブル ザコ処理枠 ザコをどんどん轢く。ザコの沸き所を見極めたい。
H3 スルメ枠 硬直が重いが何でも。扱いやすくなっている気がする。
エリート タワー番長 タワー崩すマン。地形優位でザコ削りも。

 

[7fac7氏の評価]
●今回の編成
N-ZAP85
ヴァリアブルローラー
H3リールガン
Rブラスターエリート
●詳細評価
・塗り    ○ 塗り広げは悪くないが、足元不安定なので要注意。
・対バクダン ○ ◎クラスなのだが、H3とラピエリはエイムを要求。
・対タワー  ○ ヴァリ込みだがラピエリにH3も。H3はダメ上昇により、減衰で鍋2確がなくなればいいのだが。
・対ザコ   ○ 良好なのだが、やはりH3ラピエリはエイム力を要求。ヴァリのポジショニングも重要。
●総合評価  60点
エイム要求編成。射程が長いのは外周に降りたくないムニエルではありがたい。
ダメージ上昇により確定数が下がったのはありがたいが、当てられなければ意味はない。
落ち着いた射撃を心掛けること。H3はジャンプブレがないものの、3発フルヒットはかなり難しい。
厄介なオオモノはやはりテッキュウ。爆発力の無い編成なので、なかなか削り切れない。SPをぶつけたいところ。
また、ZAPは燃費面、その他3つはアプローチ面でカタパがあまり得意ではない。足元を脅かすという意味ではコウモリも強敵だが、これに関しては反射で対応可能。
夜はキンシャケ探しを油断しないこと。単体火力がそこまで高くないので、金鮭をたたくのをサボると足りなくなる。グリルもエイム力のない味方だとスタンできないのでSP推奨。
●個別
N-ZAP85 エース枠 穴を埋めるように動く。やや燃費難だがカタパも見ておきたい。
ヴァリアブルローラー ザコ処理枠 カゴ回りを守るように。ローラーはザコ処理に極めて強いので、コジャケを始めとして巻き込みを心掛けること。ラピエリに被らなければハシラもあり。
H3リールガン エース枠 射程をイカしてアウトレンジ攻撃。TTKがかなり優秀になっているはずなので、高体力鮭を中心に狙いたい。
Rブラスターエリート 番長枠 念願のバクダン2確をゲット。ハシラにも強い。ただし、ナベブタなどの体力500帯は4確と確定数が変わらず、時間がかかるので注意。
●オススメの事前確認
・H3、ラピエリの練習(バクダンOTKを含む)。

 

[木葉氏の評価]
●詳細評価
・塗り    ○ 道を作る塗りは比較的得意だが塗り返しや足元塗りはキツめ。
・対バクダン ◎ 短時間で倒せる武器が多い。
・対タワー  ◎ 安定のブラスター。しかも今回は長射程ブラスター
・対ザコ   ○ DPSが低いため殲滅力はそこまで高くない。

●総合評価 70点
クセの強い武器が多く、それに加えてDPSがそこまで高くない。混戦時の雑魚処理はかなりキツイため、塗り含め怠るのは禁物。

●個別
N-ZAP85 エース枠 あらゆる面にて万能。しかし、火力の補正はかかっておらず、オオモノに対する火力不足を感じることも時々ある。

ヴァリアブルローラー ザコ処理枠 塗り進みによる轢きを主体としたザコ処理が主な運用。ただし、ドスコイには塗り進み3発分必要なくらい火力が高くはないのでドスコイがいるザコシャケ集団には突っ込まないようにしよう。

H3リールガン スルメエース枠 3点バーストである以上、やっぱり癖が強い。火力はそこそこ高く、ドスコイには2トリガーで倒せる。射程も長いので比較的安全な距離からオオモノを処理出来る。使っていくうちに強さがわかっていく武器。

Rブラスターエリート 番長 バクダンを直撃2発で倒せるようになったのは大きい。射程が長いのを引き換えに爆風がかなり小さいため、シャケをまとめて処理するのは期待出来ない。

●おすすめの事前確認
癖が強い武器の練習

 

第9回

09/22 01:00~09/23 17:00(40h)

 

コメント(攻略)

サーモンランのページの攻略コメント欄と統一。