ブキ/パブロ・ヒュー

Last-modified: 2022-12-02 (金) 01:55:51

使用イメージ画像

&ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filname);

パブロサブスペシャルを変えた改造品。
サブで相手の気を引きつけておいてから得意な距離まで一気に近づくような、このブキらしい戦いができる。

これは「パブロ・ヒュー」。
先端の毛質にもこだわった、パブロのバリエーションモデルだ。
サブウェポンの「トラップ」を相手の近くに設置したり、スペシャルウェポンの「ウルトラハンコ」で道を切り開いたりと、機動力を活かしたバトルを持ち味にして、ステージを華やかに彩るぞ。

▲画像は公式Twitter(@SplatoonJP)の2022年11月22日のツイートより。

概要

必要ランク15
サブウェポントラップ
スペシャルウェポンウルトラハンコ
必要ポイント180p
ブキ重量
 
関連ブキ一覧元ブキ
無印パブロ
マイナーチェンジパブロ・ヒュー
 
 

ブキ紹介

パブロの派生ブキ。
短射程ブキを引っ掛けやすいトラップで火力補助ができ、シールドを持つ相手でも本体ごと叩き潰せるウルトラハンコで押し通る。
射程外への対応手段が乏しくなった分、近接戦闘には滅法強い。

メイン性能

パブロのページを参照。

サブスペシャル

トラップ

パブロ・ヒューお馴染みのサブ
メインの高い機動力を駆使することで、ステージのあらゆる箇所にバラ撒くかのように仕掛けることができる。
メインが最短射程でボムを持たない以上、なるべく隠密に前線へ突き進んで敵陣にひたすらバラ撒いていきたい。
既に設置してあるものが有る無いに関わらず、どんどん仕掛けまくっていこう。3個目を設置すると1個目のトラップが起爆するのでリモコン爆弾のように使うこともできる。

トラップに引っ掛かった相手は45ダメージ、または35ダメージを受けているので、すかさずメインで追撃しよう。メイン2発か3発で倒せるぞ。追撃が厳しい場合でもマーキングを付与できれば味方の横槍に期待できるだろう。

最短射程のメインと相性が良くないと思われがちなサブだが、無理矢理引っ掛けさせる使い方ができる点で他のトラップ持ちと大きく違う。
その気になれば自ら塗りとダメージが付くポイントセンサーになりきることもできるのだ。
トラップの使い道を幅広く見いだせる点で差をつけてやろう。

ウルトラハンコ

一時的にフデから巨大なハンマーに持ち替えて突撃する。
正面から突っ込みたいところだが、横へ逃げられると背中を撃たれるハメになるので場所を考えてから突撃しよう。

対物攻撃力が極めて高く、苦手であったスプラッシュシールドキャンピングシェルターのパージを叩き壊してしまえる。そのままシールド裏の相手ごと潰してしまいたい。

ハンマーが巨大なのでやや正面が見づらくなるスペシャルではあるものの、トラップに引っ掛かってマーキング状態の相手ならば途中で見失ったりすることはないだろう。
マーキングできれば背後から攻撃しようとする相手の動きを読みやすい。

このブキセットでは唯一射程外への直接攻撃手段でもあるので、攻め込みにくい長射程ブキ対策としての投げ運用もアリ。
メインの塗り能力のおかげで回転率は高いので、勿体ぶる必要はない。

運用

無印と違いボムを持たず、遠距離に対してはハンコ投擲頼みになるため、進軍の際は慎重さが求められる。
相手をトラップに引っ掛ければこちらのものだが、裏取りしにくいステージではそう簡単にはいかないため、一方的にラインを下げられてしまうこともある。
しかしながらスペシャルが溜まっていない内は否が応でも前線に出ないと何もできない。不利状況からの打開の際はこれが顕著であり、とっておきのハンコ投擲も1発限りである以上打開力に優れているわけではないため、単騎で戦況をひっくり返す力は持っていない。そばに援護してくれる味方がいないと基本的に脆いブキであることは留意しよう。

一方でこちらが優勢になり敵を迎え撃つ立場になったときにはとことん強く、強引な進軍を拒否する能力が高い。仕掛けられた無数のトラップを解除して掻い潜るのは難しく、ナワバリ広げやバンカラマッチのオブジェクトの安易な関与にリスクを突きつけることができる。
起爆が早いトラップと振りが早いメインにより、準備が整ってしまえば非常に強力な待ち戦法がとれるのが魅力。

どのルールでも開始時には素早く前線に出て、トラップを仕掛けておき、引っ掛かった相手を追撃して仕留めていこう。極力不利状況にならないよう、初手で相手を封じ込めるように立ち回っていきたい。

ギアパワー考察

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
イカはほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

相性のいいギアパワー

  • サブ性能アップ
    トラップの感知範囲・効果範囲・マーキング時間が強化される。
    機動力をイカしてトラップを広く設置しまくれるのが大きな強みになるため、ぜひ強化しておきたい。
  • 復活時間短縮
    前線ブキ御用達のリスク軽減のためのギア。試行回数増加や前に出るためのお守りとして。
    索敵手段が乏しいこともあり、どうしてもデスしてしまうことは無印パブロ以上に多い。そのためこのギアパワーの有用性もより大きい。
    ヘイト取りなど、デスのリスクの大きい立ち回りを積極的に買って出るなら、より効果を発揮する。
  • イカダッシュ速度アップ
    こちらも前線ブキ御用達の汎用ギアパワー。攻め、逃げ、復帰など、立ち回りのあらゆる場面で恩恵がある。
    メイン・サブの射程が短い分、特に打開時には自分から仕掛けに行く必要があるケースが多い。そうした時には速度のわずかな差が大きな違いを生むこともある。
  • イカニンジャ (フク専用)
    これまた短射程の強い味方。イカ速度ペナルティがあるものの、奇襲や逃走など様々なシーンでそれを上回る効果を発揮する。
    クリアリングの苦手なブキであるため、位置を悟られにくくすることで相手の先制攻撃を防ぎやすいことのメリットが大きい。
    得意な近接戦闘をさらに強化する目的でも。
  • 相手インク影響軽減
    敵インクを踏んだ時のヒト速度、ジャンプの高さ、スリップダメージに関わるギア
    前線での生存率を高めてくれる。

    積む目安

    57(3,9)表記
    ・3(0,1)
    インクを踏んだ際の1fごとのスリップダメージが0.3から0.2へ減少し、対面・逃げるときの生存時間が伸びる。
    ・6(0,2)
    積むことでスリップダメージ無敵が15fに伸び、足元塗りの発生する二振り目までの時間が確保できる。またサブ1だと相手インク踏んですぐジャンプしてもスリップダメージが入るが、サブ2では相手インク踏んですぐジャンプしてもスリップダメージが入らないためジャンプ振りを活用するパブロと相性がよい。
    ・9(0,3)
    6だと振りの周期によっては足元塗りの発生にスリップダメージ無敵が間に合わないときもあるのでさらに気にするなら。

  • ステルスジャンプ (クツ専用)
    前線やその手前へのスーパージャンプを通しやすくなり、間接的に復帰速度を向上させるギアパワー
    復活時間短縮の項目にも書かれている通り、デスを避けづらいブキであるためこちらも有効。
    復活時間短縮とは異なり、こちらがキルした後でも効果を発揮する。

相性の悪いギアパワー

  • 復活ペナルティアップ
    短射程で、キル性能を重視したブキセットともいえないため、安定してキルを多く取り、デスを抑えることは困難。
    相討ちがディスアドバンテージであることも評価を下げる一因。
    スプラッシュボムメガホンレーザー5.1chで全距離に対応できるオリジナルセットの方がまだマシ。
    • デスペナルティを付与したい場合は相性が良いとは言えないがリスクを背負わなくてもよく、
      おまけ程度だがサーマルで自動的にクリアリングが行えるリベンジの採用を検討したほうが良い。

ギアパワーによる効果

パブロのページを参照。

敵に使われる場合の対策

その他

  • 前作からの変更点
  • アップデート履歴

コメント