サーモンラン/特殊な状況/霧

Last-modified: 2022-10-01 (土) 01:17:18
クマサン
  だ… 困ったね
  だが、絶望の中にこそ 希望の光が見えたりするものだ

バイトマニュアル

状況の説明
  • 周囲一帯が濃い霧に包まれ、視界不良となる。
  • 霧に乗じて、敵が全方位から攻めてくる。
金イクラの取得方法
  • オオモノシャケを倒すことによって得られる。
  • 霧の発生中は非常に珍しいキンシャケも現れる。
クマサンからのアドバイス
  • 霧の中では仲間との情報共有を常に心がけるべし。
  • 霧の中での孤立は非常に危険。
補足
  • キンシャケは1万引きに1匹の割合で生まれるといわれる非常に珍しい個体。
  • 他の個体よりも長く生きることができ、知恵に秀でている。

攻略情報

  • バイトランク「はんにんまえ」以上で発生
  • 前兆:WAVE開始まで残り時間3秒を切ると霧がかかる。どの水位でも起こる。
    マップに霧がかかり、遠くまで見渡せなくなる。オオモノ発見時のカモン!が非常に有効。
    普段のシャケ達は一定の方角から出現し、一定時間経つと出現する場所が移り変わっていくが、
    霧イベントの時は全てのシャケ出現地点からランダムで散発的に出現する為、1か所に留まりすぎると敵の発見が遅れ危機に陥りやすい。
    つまり、「ザコシャケを見つけた=オオモノシャケが発生」と言う常識が通用しないため、安易なカモンは味方を混乱させてしまう。
    状況にもよるがザコシャケではなくオオモノを見つけてからカモンした方がいいだろう。
     
    敵の接近に気づきにくくなるのはもちろんだが、カタパッドコウモリタワーテッキュウのような遠距離攻撃持ちを発見するのがどうしても遅れるため気がつくと四種のスペシャルが戦場にぶちまけられていることも。
    カモンを駆使して連携を密に取るのはもちろん、ノルマを達成しているのであれば生き残ることを優先する手もある。
     
    またキンシャケが出現することもあるが、ラッシュと同様深追いは禁物。
    通常のザコシャケと同じような動きをするため、余裕があればコンテナ近くまで誘導したいが
    それを意識しすぎると危険な状況になるのはモグラテッパンと同様。視界が悪い霧中であればなおさらである。
     
    霧パターンの特長として、ザコシャケの出現数が少ないことが挙げられる。
    遠くでオオモノをキルしても楽に運べるため、必ずしも引きつけキルを行う必要はない。
    それよりも、敵の増加による危険を避けるために、早めにオオモノの殲滅をした方が良い。
     
    キンシャケを倒すと落とす金イクラの量が1個・5個・10個のうちいずれかランダムで選ばれる。
    また金イクラ5個、10個持ちのキンシャケを倒すと独特のSEが鳴るようになっている。配置からどことなくポ○デリ○グに似ているとか。そしてカゴ前に10個落としたけど時間間近、カタパのせいで味方がやられいくらが虚しく散っていくのはあるある。
    運はともかく相応のリスクを伴うため、殲滅をするか、あるいは引き寄せるべきかの判断を間違えないように。
    今作からはイクラ投げやテッキュウの大砲といった効率よく金イクラを運ぶ手段が登場したため、コンテナの誘導を意識する必要もそれほど無い。勿論イクラ投げのインク消費は重いので乱用は禁物。大砲での運搬は他のオオモノに横槍を入れられてデスという事態も起こりうるので欲張らないように。
     
    また壁が塗り返されているかどうかがかなり接近しないと視認できないようで、シャケインクに塗られている事に気付かず地上に叩き落とされる事故が相次いでいる。
    WAVE開始前によく登る壁を広めに塗る、金イクラの運搬ついでに壁をチェックするなどで対策は可能だが、カオス時にはそうもいかない場合も多い。
    ただ広く塗るだけでなく、緊急時に使うための様々な地点に塗ることでも対策はできる。覚えておきたい。

コメント

サーモンラン攻略と統一。