サーモンラン/サーモンラン指南

Last-modified: 2022-09-24 (土) 19:50:28

関連ページ:


このページは現在編集中です。
Splatoon2 Wikiからの移行ページのため、最新の情報を反映していない可能性がございます。
編集者は追記・修正をお願いします。

命懸けな肉体労働の対価に出所の分からない豪華報酬が待っているブラック魅惑のアルバイト、サーモンラン
ここではその基本的な考え方、ブキによらない立ち回り法を伝える。
シャケしばきでがっぽり儲けて、バトルライフを充実させよう!



初級者編

ルールは分かったけど、何をしたらいいの?という人向けの指南です。

バイト開始前

開始前に、バイトで支給されるメインウェポンが何かを見ておこう。
試し打ち場に置いてある箱で、メインウェポンを切りかえて実際に触ってみることができる。
まだ自分のランクでは解禁されていないブキも容赦なく支給されるため、一度は窓口の横で試し打ちをしておこう

WAVE開始前

サーモンランでも、ナワバリを広げておくことは非常に重要だ。
WAVE開始前の間に、できるだけ塗り広げておこう。
塗り広げておけば、イカ状態でも動きやすくなる。
余裕があったら、床だけでなく、かべも塗っておこう。
今作では金イクラ射出があるため、カゴ周辺ではなく遠方を塗っておくほうが良い。

オオモノをたおそう!

オオモノシャケを倒して金イクラを納品することが、サーモンランの目標である。オオモノが現れたら、怖がらずにがんばって立ち向かおう。
しかし、オオモノは、通常の射撃ではダメージを与えられない相手が多い。
オオモノシャケごとにその弱点を覚えておく必要がある。(詳しくはサーモンラン/シャケの種類を見てみよう
もし倒し方が分からなくなったり、スプラッシュボムの投げ方を練習したい場合は、バイト開始前にクマサンの横に置いてあるマニュアル本から練習することができる。

ザコシャケをたおそう!

前作のサーモンランと違い、今作ではザコシャケの攻撃の出が早く、痛い
更に、前作と違って金イクラの射出にインクを消費する関係上、ザコシャケがステージ上に残りやすい。
ザコシャケをしばくのも立派な仕事の一部だ。オオモノの倒し方が分からないなら、向かってくるザコシャケをどんどん倒そう。

金イクラを運ぼう!

オオモノも倒して、ザコシャケも倒したなら、金イクラをカゴまで運ぼう。
金イクラをAボタンで射出することもできるが、インクを大量に消費するので、まだシャケが残っている場合は気をつけて射出しよう。
また、金イクラに夢中でザコシャケを無視するとやられてしまうので注意だ!

スペシャルはどんどん使おう!

スペシャルウェポンは、3WAVEまでで2回まで使える。逆に言えば、2回までしか使えない。
今作ではスペシャルは、オートで敵を倒してくれたり、単純な射撃強化が多く、初心者でも扱いやすいものが多い。
しかし逆に、瞬時に状況を打開できるものが少ない。スペシャルの影響が出てくるのが遅いものが大半を占める。
「ヤバい!」と思う前の「ヤバそう」ぐらいのタイミングで使おう。
ただし、サメライドのみ入水に注意

とにかく生き残って塗ろう

自分がいつもぜんぜん使っていない、オオモノもザコシャケも倒せないようなブキが来てしまったら、とりあえず塗り広げておこう。

バイト仲間と一緒に行動しよう。

そして、バイト仲間と一緒に行動しよう。不慣れなブキを持った時は、決して孤立して海岸に行かない。

ウキワになってしまったら

とりあえずヘルプを押そう(カモンボタン)
味方もバイト中で忙しいので、常にヘルプを押して、音で位置を知らせるように。
自分が孤立してしまっている場合は、少しずつ味方の近くか、カゴの方向へと近づいていこう。
段差の真下など、エイムしづらい位置には入らないように。味方から射撃が当てやすい位置に留まるようにしよう。
仲間が自分に気付いたと思ったら、射撃を当ててもらうために無闇に動き回らないように。ジャンプなどは厳禁
また、スプラッシュボムスペシャルの攻撃でも助かることができる。見かけたら積極的に近づこう。

中級者編

バイトの「キホン」は理解した。もっと上を目指したい!という人向けの指南です。

バイト開始前

メインブキの特性を知ろう

メインブキは、イカ同士の対戦とは異なり、シャケ相手の特殊な仕様が存在する。
例えばチャージャー系統は、フルチャージするとザコシャケなどを貫通しながら一気に倒すことができるが
ワイパーはフルチャージしてもある程度シャケを貫通したあと(与ダメージの上限がある?)ダメージを与えられなくなる(要検証)。
敵を知るだけでなく、己を知ることもまた重要である。

ザコシャケ相手において、これが顕著に出てくる。ブキ毎の射程を最大限イカして戦うことが重要となる。
例えばシューターザコシャケ相手でも接近して撃ち続ければ殴られる前に倒せる。
逆にブラスターは、適正距離を保ちつつ、ザコシャケがまとまった所を打つと一気に倒せる。

オオモノシャケ相手の場合、基本的には「受け持ったブキで最も得意なことを最優先でこなす」ことが役割分担のコツだが、他のブキとの組み合わせ次第では全員のブキが○○を苦手とするので、比較的マシなブキが不得意な仕事を引き受けなければならないこともある。
バイト開始前に、支給されるブキ構成を確認して極めて不得意なオオモノシャケがいる場合には、仲間と協力して処理しよう。

WAVE開始前

潮位を確認しよう!

Wave開始前のカウントダウン開始と同時に画面下に出る緑色の潮位ゲージを見れば、干潮、満潮、通常が一目でわかる。また、潮位が変わる時には波の音も聞こえるので、それでも判断できる。


通常の時。インクリングの足元・左下のカモンの真上・ブキの説明の下端まで波模様が出ている。


干潮時。左下の"ナイス"の部分まで波模様が出ている。
干潮の場合、主戦場がスタート地点から大きく離れた場所になるので、いち早くコンテナの位置を目指そう。
気づかずに通常通りの塗りをしてしまうイカもいるので、いち早く干潮に気づいたイカは遠慮なく「カモン!」しよう。


満潮時。インクリングが半分近くつかり、ブキの説明まで波模様が出ている。また、左下のカモンより遥か上。
満潮の場合、カウントダウンの途中から低地は水面下になってしまうので、溺れないように気をつけよう。

敵の出現地点を探ろう!

通常のWAVEでは、ザコシャケが登場した地点には必ずオオモノも登場する。ザコシャケの姿が見えた時点で速やかに「カモン!」しよう。
WAVE開始からシャケ登場まで少し時間差があることもあるので、開始後数秒は待ってみること。
(ただし、霧の特殊WAVEだけはオオモノと無関係に全地点からザコシャケが出現するため、ザコの出現はオオモノ出現の合図にならない''。確実にオオモノの姿を捉えてから「カモン!」すること。)
もし自分の持ち場にシャケが現れず、他のイカの「カモン!」が聞こえたら、速やかにその地点へ合流しよう。

特殊な状況(夜)の攻略

かけだしを抜け、はんにんまえ以上になると時折特殊な状況が発生するようになる。
詳しくは当該リンクを参考にしてほしいが、「特殊な状況」というだけあってそれぞれ普段とは違う対処法を求められるので、しっかりと対処できるようにしておくことが望ましい。

インク管理に気をつける

今作では、金イクラを射出することができる。金イクラ射出はボムと同じだけインクを消費する。
ダイバーハシラなど、突然足場を奪ってくる相手も増えたため、少なくともメイン射撃一発分のインクは残っている状態で、金イクラ射出は行おう。

とにかく生き残ろう!

初級者編でも書いたが、とにかく自分がやられてしまうと他の味方への負担が大きい。
シャケは落ち着いて倒せばよいので、とにかく生き残ろう。
金イクラよりバイトの成功を優先するべきなのは当たり前として、バイト失敗防止のために一番避けたいのはバイトメンバーが減る事。
また、水際が多い戦場ではシャケのノックバックで水に落とされぬよう、立ち位置に気を付けることも必要。

効率の良い倒し方を知る

バイトに慣れてきたら、より効率の良いシャケのしばき方を実践していこう。
具体的には、金イクラ効率、時間効率、インク効率を意識していこう。

自陣に引きつけてから倒そう!

テッパンモグラなどこちらを追尾し、かつそこまで危険でないオオモノは、コンテナ付近で倒せると金イクラ回収が格段に効率的になるため積極的に狙うべきだ。


ただしヘビだけは、決して軽い気持ちで連れ込んではならない
ヘビは他のオオモノに比べて格段に大型で、存在するだけで味方とその弾を強力に妨害する。
ヘビをコンテナ近くへの誘導すべき時は、コンテナ周囲が混雑しておらず、かつ味方がヘビを倒そうとしてくれているのが明らかな時だ。
例えば序盤は敵が少なく味方全員に余裕があるため、コンテナ近くまで誘導して良いだろう。
しかし中盤以降、コンテナ近くにシャケが多くなってきたら、速やかに倒した方が良い。

突撃する味方をフォローしよう!

オオモノシャケは基本的にザコシャケを伴って現れるため、オオモノと同時にザコシャケもしばく必要が出てくる。
いくらオオモノへの対処が容易なブキでも、ザコシャケに阻まれればイカンともし難く、時間が大幅にかかってしまう場合がある。
バイト仲間と協力してオオモノとザコシャケをしばき、帰り道には金イクラを持って帰ろう。

自分のブキで倒すべき敵を考えよう!

ブキとシャケには明確な相性があるので、自分が倒しやすいシャケを積極的に倒そう。
逆に、自分が苦手とする相手には近づかない、接近されたら素早く退避しよう。
例としてテッパンは、一発だけ弾をあてて足止めするという方法がある。

スペシャルを「攻め」に使おう!

誰も近づけないような位置にカタパッドが出現した…
同タイプのオオモノシャケが同じ場所に出現した…
このような場合は、攻めの姿勢でスペシャルウェポンを使っていこう。

仲間や自分がウキワになってしまった(しまう)場合

仲間がやられると、画面に表示されるブキアイコン部分の色が少し変化し、危機に陥ったことを知らせてくれる。仲間がやられたことを感知したら、できる限り助けてあげよう。
遠方で味方がウキワになってしまった場合には、メインブキの射撃が届かないなら、スプラッシュボムを投げてあげよう
まだスペシャルを使っていないなら、例えWAVE1でも思い切って使ってしまうのも手。ホップソナーやメガホンレーザーならオートで助けられる場合もある。

自分がピンチに陥った場合も早めにスペシャルを使おう。ジェットパックなら空中に避難でき、カニタンクのZLなら無敵になれる。
自分がウキワになってしまった場合は、いさぎよくヘルプを押そう。ヘルプをすれば味方に戦力の減少と相対的な攻撃の激化を警告し、生存優先の立ち回りに切り替えたり、スペシャルを使用する判断基準にできる。

キホン的には自分の安全確保を優先しつつ救助を行うべきところだが、あなたが最後の一人、かつ対処不可能な量のシャケが殺到しているなど、追い詰められた状況では自己犠牲も厭わない救助も有用である。 シャケはウキワに見向きもしないため、ウキワの周辺は窮地のあなたの周囲より多少安全である可能性が高い。
仲間だけでなく、自分の生存も危ないようなピンチに陥った場合には、ダメ元でスプラッシュボムを上に投げてみようスプラッシュボムが戦場に転がっている場合やホップソナーの波紋が残っている場合には、「まだ生存している」扱いになる。
(恐らく爆風がイカの蘇生の判定に使われるためと思われる)
ちなみに今作では入水してデス判定までの時間はかなり短縮されており、前作のような3秒生存判定ルールは存在しない。(わずかにあるかもしれないが1秒もない)

上級者編

バイトリーダーを志し、そして伝説へ至りたい人向けの指南です。

ステージ毎・ブキ毎の立ち回りの事前準備

オオモノの処理優先度について

カタパッドテッキュウタワーは優先的に倒す。
ただし、カタパッドは高レベルになるとシャケに阻まれて倒しに行けなくなる場合が多い。
そういったときは片側だけ破壊しておくと、飛んでくるマルチミサイルの量が両方の肩が残っている時よりも少なくなるのでクリアしやすくなる。

こまめに戦況把握

金イクラを納品したりオオモノシャケを倒したあとなど、少しでも周りを見回す余裕があると良い。
最初に出現したオオモノシャケを倒したら、次のオオモノシャケが別の場所に出現していると考えてよい。

空を見よ。

コウモリの弾やカタパッドのミサイル、ダイバーのジャンプ、ハシラの到着などなど、今作では地面だけでなく空を見ることでシャケの位置を確認できる場面が増えた。
アメフラシの向きやミサイルの着弾マークを見れば、間接的にオオモノの位置を知ることも可能だ。

効率の良い金イクラ運搬について

金イクラ射出考察

金イクラを射出するとき、スプラッシュボムと同程度のインク(インクタンクの2/3くらい)を消費する。
また、射出する際にイカちゃん/タコちゃんを中心にした小規模の爆発と塗りが発生する。
その際の爆発のダメージは100なので、コジャケやシャケを倒すことができる。ただし、範囲がかなり狭いので過信には注意。

WAVE終盤の金イクラ運搬について

時にオオモノシャケの討伐よりも金イクラ運搬でのノルマ達成を優先する必要がある。
今作では現れるシャケの物量が増しているとの報告があり、特にWAVE終盤のカゴ周りはシャケで溢れかえる
遅くても終了30秒前くらいにはカゴ前に集まり、速やかな納品ルートの確保を行うべきだろう

タマヒロイについて

今作では空から浮遊してやってきて、最大○個まで(少なくとも5個以上)金イクラを持ち去ろうとしてくる。
持ち去る方向によってはカゴに近づく場合もあるので、倒す余裕のある場合には少し泳がせておくのも手。

ヨコヅナ討伐考察

金イクラをぶつけるだけでなく、ブキやスペシャルでもダメージを入れられる
詳しくはヨコヅナExtra Waveのページなどを参照されたし。