スプラシューター

Last-modified: 2022-10-02 (日) 20:36:39
 
 

概要

これは「スプラシューター」。
扱いやすさを保ちながらも、様々な面で平均以上の性能を持つ、
シューターの中でも基準と言えるブキだ。
バンカラ街で使用されているものは、新たに開発された3次曲面を使ったフレームにより、
壊れにくさとメンテナンス性の向上が図られている。
公式Twitterより


目次

ブキ紹介

加圧式水鉄砲を模したスプラトゥーンシリーズ恒例のシューター。 通称スシプラューター)
全ての性能が平均以上に纏まっており、苦手分野が存在しない万能ブキ。
初代でのスプラシューターコラボ(キューバンボム・スーパーショット)を意識した構成。あらゆるルール・マップ・対面で活躍できる。

メイン性能

メインは1発36ダメージ、3発連続で当てると敵を倒すことができる。
性能のバランスが良く、射程・塗り・攻撃力・連射力・インク効率・機動力…全てが標準~高レベルでまとまっている。
最も基本的なブキ種のような名称をしているが、バランス型の中ではやや戦闘寄りの性能。特にDPSとキルタイムは準トップと言えるほど
平均的な塗り性能に、凶悪なキル能力から、愛用者は常に絶えない。

抑えでも中衛ブキの奇襲や後衛に気を付けつつメインのショットで塗りを広げ、キューバンで敵の侵攻を抑え、
痺れを切らした相手がスペシャルなどを使って強引に攻めてきそうになったらウルトラショットで迎撃…というのが理想の展開となる。

欠点は、強いて言うなら尖った強みが少ない点。自慢のDPSやキルタイムがこのブキより優れたブキはそれなりに多く、さらにキル性能以外ではコレといった長所が無い。
故に相手に持ちブキの長所を一方的に突きつけられると不利になる。その万能性を活かして相手の持ちブキの長所を躱し短所を突くことができれば高い戦闘力を示すことができるだろう。

サブ考察

サブキューバンボムは配置すると床・壁・天井などに貼り付き、しばらくすると爆発。スプラッシュボムよりも起爆時間が遅いが、その分範囲が大きい。
身一つでツッパるのに向いたメインと異なって遠隔で手が出せるので、メインの苦手な状況をある程度カバーできる点が優秀。
特に打開時。キューバンボムで自分より少し射程の長い相手(いわゆる中衛ブキ)を牽制しながらインクを広げ、その隙に前方の空間を圧して占領する用途はわかりやすい。

起爆が遅いので、狙ってキルを取ることは難しい。
あくまで相手を移動させるための「牽制・見せ球」として使うことを念頭に置いて投げるようにすると、その真価が出てくるだろう。

スペシャル考察

スペシャルウルトラショットは、当たれば即死の弾をかなり遠くまで3連射する事が可能。
メイン・サブのどちらを以てしても対処できない、より長射程のチャージャースピナー等(いわゆる後衛ブキ)をブチ抜く切り札となる。
遠距離のみならず近距離で張り付く敵を弾の大きさで吹き飛ばすこともできる。
果ては、スペシャル起動時のインク回復効果目当てで使用するタイミングもあるだろう。

ただ、スペシャルなのである程度の生存と塗りポイントの蓄積が必要であり、
なおかつ露出が長くなるウルトラショットなので、逆狙撃や不意打ちには要注意。
他のスペシャルと異なり、塗りや時間的拘束といった圧力に乏しいことから、
あくまでキル取りに特化したスペシャルという点は自覚しておきたい。

 

ギアパワー考察

非常に万能なブキである為、噛み合うギアパワーも多い。
イカを参考にして、自分のプレイスタイルに合ったギアパワーを探してみよう。

相性の良いギアパワー 

File not found: "インク効率アップ(メイン).png" at page "icon"[添付] File not found: "インク効率アップ(サブ).png" at page "icon"[添付] File not found: "インク回復力アップ.png" at page "icon"[添付]インク効率(インク効率アップ(メイン)インク効率アップ(サブ)インク回復力アップ)

どちらのウェポンも併用する機会が多く性能のいいメイン・サブの回転率を上げる為に、効率アップを採用する価値は高い。またインクロック時間も短い為、回復力アップの方を採用する価値も高い。空きギアスロットとの兼ね合いで決めるといいだろう。キューバンの基準値は70%消費だが、サブギア1個分(3GP)なら67.6%、サブギア2個分(6GP)なら65.3%、メインギア1個分(10GP)なら62.5%まで抑えられる。
キューバンボムを多用するのであれば一考の余地ありだが、ギア枠に余裕があるならラストスパートを採用する方が良いだろう。
インク回復力アップはインク回復を短縮することで、ボムを使ったけん制回数を増やせる。
インク管理は立ち回り次第で改善はできるので採用する優先順位は低いが、ギアスロットに空きができるのであればサブギア2個分(6GP)くらいまで積むとだいぶ恩恵を感じるだろう。
シューター種全般で使え、ボムを多用するならインク回復を積む価値は高い。

File not found: "ヒト移動速度アップ.png" at page "icon"[添付] File not found: "イカダッシュ速度アップ.png" at page "icon"[添付]ヒト移動速度アップイカダッシュ速度アップ

前線シューター鉄板ギアパワー。しかし他のギアより優先度は低いため多く積んでもどちらもメインギア1個分とサブギア2個分(16GP)程度まで。
ヒト速があると撃ち合い時に相手の弾を少しだけ避けやすくなるため撃ち合いに強くなる、イカ速は動きに緩急をつけたり被弾した敵にとどめを刺す時に追いかけたり前線から下がったり前線への復帰スピードが速くなったりと、どの前線ブキでも採用率の高いギア。生存や敵の裏に回り込む際など、採用しておけばイカ速の恩恵を感じる場面は多いだろう。
また、やられることも多い為、イカ速は前線への復帰を助ける。

File not found: "サブ性能アップ.png" at page "icon"[添付]サブ性能アップ

非常に性能の良いサブウェポンの投擲距離と投擲速度が上がる。
キューバンボムの飛距離を伸ばせばスプラシューターの苦手とする長距離ブキへの牽制にも使える為、採用価値は高い。
積みすぎると近距離でボムを使うときに置きづらくなるので注意。サブギア2個~メインギア1個分(6~10GP)が無難。

File not found: "相手インク影響軽減.png" at page "icon"[添付]相手インク影響軽減

前線ブキであるという都合上、相手インクの影響を受けやすい為、必須ギアである。デスを少しでも減らす為にサブギア1個分(3GP)は確保推奨。
相手インクの上でも少しだけ移動しやすくなり、相手インクを踏んでからわずかな時間は、相手インクの影響を受けなくなる効果があるので、イカ速の減速を防ぐ効果も一役買っている。
安全靴がサブギア無積み(0GP)ではインク踏んだ瞬間からダメージが蓄積され、1秒間に18ダメージ被弾し、最大スリップダメージが40.0まで。
それに対しサブギア1個分(3GP)ではインク踏んでも10フレームはスリップダメージが入らず、10フレーム後からは1秒間で12ダメージ被弾(ダメージ上昇速度が2/3に軽減)し、最大スリップダメージが38.1までと、3GP積むだけで大変効果は大きいので積み得である。
他のギアとの兼ね合いから、多くてもサブギア2個分(6GP)ぐらいにしておくのが良いだろう。

File not found: "サブ影響軽減.png" at page "icon"[添付]サブ影響軽減

いわゆるお守りギアの1つ。前線ブキである為、相手のサブウェポンの爆風の影響を受けやすい。少しの爆風も命取りである為、サブギア1個分(3GP)は確保すべきギアパワーである。多くてもサブギア2個分(6GP)。
サブギア1個分(3GP)確保するだけで本来耐えることのできないサブとのコンボを耐えることがあるので恩恵は大きい。
またマーキング時間の短縮効果もあり、前線で戦っているとマーキングされる回数も多くなるためこちらの恩恵も大きいい

File not found: "アクション強化.png" at page "icon"[添付]アクション強化

今作登場の新ギア
ジャンプ撃ちのブレ軽減での射撃中のブレ軽減をしてくれる。前線で戦う以上ジャンプ撃ちを行う場面は多々ある為、GP10ほど積むと良いだろう。
ミラー戦が起こった時に射程を伸ばせるジャンプ撃ちを多用できる。エイムが合っていたのに!あと1発で倒せたのに!といったシーンも減るだろう。
新アクションのイカロールの連続発動時のタイミング・速度低下の緩和やイカノボリのチャージ速度の上昇の効果を受けられる。

File not found: "スペシャル性能アップ.png" at page "icon"[添付] File not found: "スペシャル増加量アップ.png" at page "icon"[添付] File not found: "スペシャル減少量ダウン.png" at page "icon"[添付]スペシャル性能アップスペシャル増加量アップスペシャル減少量ダウン

汎用性の高いスペシャルの使用を助ける。増加量アップで回転率を上げるもよし。減少量ダウンでやられたときのペナルティを減らすもよし。性能アップで爆風範囲を広げるもよし。
増加量アップと減少量ダウンの併用なら復帰から打開する際にすぐ貯まるが、増加量アップを積むのであればカムバックを採用した方が恩恵は大きいだろう。積む優先順位は、カムバック>減少量ダウン>性能アップ>増加量アップ。
減少量ダウンをサブギア1個分(3GP)は確保するのを推奨する。

File not found: "復活時間短縮.png" at page "icon"[添付] File not found: "スーパージャンプ時間短縮.png" at page "icon"[添付] File not found: "ステルスジャンプ.png" at page "icon"[添付]復活時間短縮スーパージャンプ時間短縮ステルスジャンプ

前線ブキである為、デスの機会は多い。前線への復帰を助けるギアパワー
デスしまくりだと復短が発動してても味方負担が大きく、相打ちばかり or 1キルのみだと復短の恩恵が小さい。復短は効果発動後に連続キルを取って初めてリターンが出てくるので、復短は保険だと考えて採用しよう。
積んだからと言って突撃し過ぎて成果が得られないのもダメだし、保険だからと慎重になり過ぎて成果が得られないのも良くない。タンク役以外のブキの復短はキルする為に積むものであり、キルできなかった時の保険である。
復短の積む目安はメイン2個分とサブギア1個分(23GP)が1番効率が良い(効果減衰が少ない)。復短を積むのであれば、後述するカムバックの併用もオススメする。
ジャン短は生存優先でリスポーンや味方ジャンプに飛んで戦線から引く際にも役立つ。お守りギアとしてサブギア1個分(3GP)は確保すると良いだろう。
ステジャンを積んでおくと長射程ブキ、固形ボムの遠投にスパジャン狩りされにくくなるためおすすめである。

File not found: "カムバック.png" at page "icon"[添付]カムバック

デスの機会の多い前線ブキには非常に相性のいいギアパワー。復帰してから20秒間、インク3種、移動2種、スぺ増の計6種がメイン1個分(10GP)ずつ付与される為、採用する価値は高い。
復短やジャン短などの、前線復帰を助けてくれるギアパワーや、ステジャン・受け身などのジャンプ先の安全性を高めてくれるギアパワーと相性がいい。
スぺ増が付与されている為、復帰した際のスペシャルを貯めるスピードが上がる。
スペシャルを貯めなくとも復帰後すぐ味方へ飛べば20秒間はインク3種と移動2種が付与されている為、有利に対面する事も可能。効果は復帰後から発動される為、1秒でも20秒間をロスしたくなければジャン短を多めに摘むと良い。

File not found: "イカニンジャ.png" at page "icon"[添付]イカニンジャ

キルの取りやすいブキである為、それを更に助けることが出来る。またヘイトを減らせる為に機動力の確保にも繋がる。その際はイカ速も付けて速度の減少を打ち消そう。
ただし完全に気配を消すことはできず、上級者相手だと音だけで当たりを付けてきて倒される事も。移動速度に拘らないならスティック半倒しという選択もあり。
実は一番大きく効果を発揮するのは攻勢に移る時ではなく、逃走時に敵の長射程ブキから見つかりにくくなるという点であることは覚えておこう。

 

相性の悪いギアパワー

File not found: "逆境強化.png" at page "icon"[添付] File not found: "復活ペナルティアップ.png" at page "icon"[添付]逆境強化復活ペナルティアップ

デスの機会の多いブキである為、効果を発揮出来ない、それどころか後者はペナルティによって味方を窮地に追いやる可能性のあるギアパワー。ただし、立ち回りによってデスの機会を減らすことが出来れば、効果自体はかなり有効ではある。理論上は恩恵があるギアパワーといえるだろうが…。

動画

 

再生できないときはこちら

余談

  • シリーズの伝統で、ヒーローモードで用いられる「ヒーローシューター」は本品のステータスに準じているいわば”外見違い”の始祖。
    • そんなヒーローシューターだが、『初代』、『2』、『3』と毎回リニューアルしている。
    • 本作もヒーローモードの条件をクリアすればヒーローシューターとして各種マルチ(通信対戦)に持っていくことができる。

ヒーローモードネタバレ

  • 本作は装備が破損するイベントの際にこのシューターもパーツが外れてダウングレードする凝りよう。
    • どうやら本体はグリップ上の箱型インクタンクに申し訳程度の噴射口がついたモノのようだ。全長が短すぎて左手が浮いている。
  • モード内のスーツ強化の際に、強化段階に合わせて外観も戻っていくというギミックもついている。
    • 1段強化するとバレルが少し延長され、糸(3Dプリンター用のフィラメント?)が巻かれたリール部分が搭載される。
    • 2段強化時は、更にバレルが延長され、銃口部にストライクプレートがついた完成品に戻る。『2』のモデルと違う方向でタクティカル風味。
      • マルチで使用できるのはこの2段階目の外観のもののみ。

コメント