ムニ・エール海洋発電所

Last-modified: 2022-10-03 (月) 06:49:49

関連ページ:




ブイとエリアの対応

ブイリンゴマンゴーキウイ
画像
方角金網のない高台(簡易マップ上側)金網のある高台・干潟(簡易マップ右側)海に突き出した浜辺(簡易マップ下側)

攻略情報

イクラコンテナを囲うようにできた複数の直方体の高台をメインに構成されたステージ
2におけるサーモンランの各ステージに比べると、それなりにシンプルな構成となっており、落水の危険性は小さい。
それぞれ高台には高台をつなぐ金網やスロープが設置されており、高台を中心に戦うことができる。
高台同士の間隔も慣性をつけたジャンプであれば渡れる程度なので、慣れてきたら飛び渡ることも考えよう。


通常時はイクラコンテナを囲う高台の外側の3方位の浅瀬から上陸してくる。
高台の内側の壁は塗ることができるので、移動・戦闘の両面を考えしっかり塗っておくと良いだろう。
高台の外側の壁は塗ることができず、戻ってくるには狭い通路を利用する他ないが、通路は飛べないシャケの貴重な進軍ルートでもあるので序盤を除けば基本的にシャケで埋まっており、帰還はかなり面倒になる。
そのため外側は基本的に敵陣と認識し、基本的には降りないようにするべき。
ブキの射程によってはテッキュウタワーへの対処でどうしても降りなければならない事態もあるが、その場合は安全確認を厳とし、目当てのオオモノを討伐したら金イクラにはこだわらず速やかに帰還すべし。


満潮時は通常時に比べ高台外周の浅瀬がなくなり、高台及びその間から直接上陸してくるようになる。
イクラコンテナ周辺にも危険が及びやすいので、イクラコンテナへの納品時にやられてしまわないように注意が必要になる。


干潮時は金網のある高台側奥の陸地の更に奥に陸地ができ、その奥から上陸してくるようになる。
浅瀬は左右中央の3つの道があるように見えるが左の道には隙間、右の道には段差があり、テッパンのような地面を移動するシャケは中央を通って進んでくる。
中央は激戦区になりやすいので、射程の長いブキを持った場合は横の道からオオモノを狙うと良いだろう。

特殊な状況

ラッシュ

一番高い高台に集合したがるイカが多いようだが、金網によりシャケの侵攻ルートが2WAYになり決壊しやすいので、よほど腕に自信のあるイカ以外は非推奨
よって、ステージ隅っこの金網がない台での集合を推奨。狭いがシャケの侵攻ルートが1WAYのため正面のみの防衛で維持できる。
隣の台にジャンプして往復する事で、一人分の火力を失うことになるが時間稼ぎが可能。蘇生による態勢立て直しや納品の隙を作る選択肢になる。
どこで集合するにしても投擲による納品に頼ることになるため、インク管理が難しい。

台の広さはそこそこあるが、ローラーがいる場合、ローラー以外のブキは金シャケのHP削りをしっかりと行うこと。金シャケにぶつかったノックバックでローラーが台から突き落とされては元も子もない。

グリル発進

ドスコイ大量発生

かなり前方に2台、後方に1台の砲台が出現するが、後方からだと戦場が遠くなり砲撃が難しくなるので後方は予備と考えよう。
砲台が前方寄りに配置されているため、ハシラが砲台の真後ろまで飛んでいくことがある。放っておいていいとまでは言わないが、優先すべきは前線の戦闘であるので、後方の処理は余裕のある時に行おう。
前方の砲台は段差と谷間によって海岸と遮られているため、ドスコイテッパンヘビなどが直接接近してくることはないものの、直線距離はかなり近いためダイバーモグラのターゲットになりやすくなるので注意が必要だ。

キンシャケ探し

コメント

サーモンラン攻略と統一。