ブキ/スピナー属

Last-modified: 2022-09-18 (日) 03:38:29
 

一覧

概要

見た目通り、手持ちの大型機関砲のようなブキ属。
他のゲームで例える所のガトリングガンやライトマシンガンにあたる(英語表記は"Splatling"で、Splat(oon) + (Gat)ling の造語)。
チャージによって機関部の回転・インクの充填を行い、チャージ開放でそれを弾丸として掃射する。
撃ち出してからの弾幕と、それによる塗り返し能力、何よりAIMが合えば磨り潰すようなキルが取れる気持ち良さは抜群。

チャージブキであるがゆえに融通が利かず動きも鈍いが、その卓越した連射力と比較的長めの射程により、中射程シューター並みの火力と超長射程シューター並みの射程距離を併せ持つ強力な射撃ができる。
欠点も分かりやすく即応性がないこと。遭遇戦や、敵の浸透を許した時に逃げることに関してめっぽう弱い。
また、長時間姿をさらして射撃する性質上、射程を上回りかつ即死を狙ってくるチャージャー属は天敵。

全ブキ属の中で唯一、軽量級が存在しない。

射程、火力について

スピナーの射程はカタログスペック上射程が近いブキに比べると、有効射程が短くなりやすい。
例えばバレルスピナーの射程はカタログスペック上はジェットスイーパーとわずかな差しかなく、実際に塗り射程もわずかな差である。
しかし有効射程については実際に撃ってみるとジェットスイーパーは試し撃ちライン4.5本分くらいでも戦えるのに対し、バレルスピナーはその距離では命中率が低すぎてほぼ逃げられてしまう。
実際のバレルスピナーの有効射程はジェットスイーパーよりも試し撃ちライン0.4本分ほど短い。そのためジェットスイーパーに比べて数値以上に有効射程が短いと言える。

これはスピナーの「初速ランダム」のせい。初速にバラつきがあるせいで、照準よりも手前で落ちてしまう弾も多いのだ。
一応、照準以上の飛距離が出ることもあるが、そこまで離れてしまっては命中率が低すぎるし、当たってもダメージの距離減衰が激しく使いものにならないので有効射程の視点から見れば初速ランダムはデメリットが大きい。
各ブキのページに表示されている有効射程よりも離れると途端に命中率が激減する。

また、この仕様による影響で有効射程と塗り射程の差は精度の悪いシューター並に大きくなりやすい。

 

スピナーの弾1発のダメージはクーゲルシュライバーの短射程モードを除いて30以上。
これは前述の初速ランダムという性質から、射程最先端ではダメージ減衰が激しく28だと簡単に確定数を維持できなくなってしまうため、それに対する救済措置といえる。
クーゲルシュライバーの短射程モードを減衰ありの距離では使わないだろうし……

コメント