ブキ/バケットスロッシャーデコ

Last-modified: 2022-12-03 (土) 04:58:15

使用イメージ画像

&ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filname);

バケットスロッシャーをデコったブキ。
ラインマーカーでメインの補助ができるほか、スペシャルショクワンダーが加わったため
これまで苦手だった遠距離の相手とも戦える。

これは「バケットスロッシャーデコ」。
バケットスロッシャーステッカーによる装飾が加わったブキだ。
サブウェポンの「ラインマーカー」でダメージを与えた相手に追撃したり、スペシャルウェポンの「ショクワンダー」で高所から攻撃したりと、メインウェポン自体の活用に特化しているぞ。

▲画像は公式Twitter(@SplatoonJP)の2022年11月21日のツイートより。

概要

 
関連ブキ一覧元ブキ
無印バケットスロッシャー
マイナーチェンジバケットスロッシャーデコ
 
 

ブキ紹介

バケットスロッシャーをペトロのステッカーでデコった特別なアレンジモデル。

ラインマーカーで相手をマーキングして起伏や遮蔽物を挟んでの戦いを有利にし、平面でもスペシャルショクワンダーで立体戦を繰り広げることができる。

メイン性能

バケットスロッシャーのページを参照。

サブスペシャル

ラインマーカー

一直線に高速でレーザーセンサーを張るサブ
地形に当たると反射するため、地形を上手く使えば物陰裏の相手もマーキング可能。
相手をマーキングできれば起伏や遮蔽物裏でも目視でき、一方的にメインの範囲攻撃を喰らわせることができる。

直撃すると30ダメージを与え、メインの最大ダメージ70と合わせて丁度100ダメージにでき強力なコンボとなる。(サブ影響軽減3相手インク影響軽減3ではラインマーカー直撃時脚元塗りが相手に発生するためラインマーカーのあとメインでのコンボは対策されない。メインのあと追撃の直撃を狙う場合やそれ以上両ギア積まれると確定しないので過信は禁物だが)
そのためこのサブを相手に直撃させるエイム力があれば、火力補助として使える。何度も成功できれば気分は初代バケスロのクイコンである。

ショクワンダー

一定時間高速ワイヤー移動できるスペシャル
メインは接近戦が苦手であるため、インファイトが得意な他のショクワンダーブキとは用途が異なる。
捕捉した相手との距離を詰めるだけでなく、到達できない高台へ移動したり高い壁に引っ付いたりして、そこから相手の頭上にメインを振りまく。
メインの本領を発揮できる立体戦を展開するためのスペシャルだ。
バケスロが苦手な平面地帯でも、近くに高い壁や障害物さえあれば、手出しが難しい上空から一方的にインクをぶち撒けられる。
有効そうな高台が近くにあるなら活用してみよう。ステージによってはショクワンダーでしか辿り着けない地形もある。

なお高所からの攻撃ではダメージが減衰するため、最低でも3回は振る必要がある。メインの燃費が悪いため、闇雲に振るとあっという間に時間切れになってしまう。
しっかり相手に命中させよう。

運用

サブスペシャルは総じてメインの射撃性能の長所に磨きをかける構成である。
基本的にはメイン一本で戦うのだが、要所要所でサブスペシャルを使いこなして対面有利に持っていきたい。

スプラッシュボムトリプルトルネードを失ったことにより牽制や高台引きずり降ろしがしにくくなった分、メインの練度が求められる。
理論上はメインによる対面力が強化されているものの、ラインマーカーショクワンダーもかなり癖が強いため、使用難易度は高い部類に入る。
しかしサブスペシャルを上手く使いこなせば、相手にメインの強みを示すことができるだろう。

ギアパワー考察

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
イカはほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

ギアパワーによる効果

バケットスロッシャーのページを参照。

敵に使われる場合の対策

ローラーよりも速い1振り動作で試しうちライン3本分もの直線を塗ることができる。射程がヒッセンより長く、こちらの方が高台のチャージャー処理やジェットパック処理に優れている。
火力もヒッセンより高く、高所からの攻撃でも確2を維持しやすい。また最大70というダメージは他の敵との戦闘などで手負いの状態だと簡単にワンパンされかねないものであり、混戦状態では特に危険。
射程は長射程シューターにやや劣る程度あり、中射程以下は射程で負ける上に1発ずつ撃つ際の隙が少なくイカダッシュの慣性を乗せやすいので不利を強いられる。ただしバシャバシャ連打すると一気に機動力が落ちる上にキルタイムも速くないため、このような時はむしろ襲撃のチャンス。
一振り→イカ移動→一振り→…を繰り返されるとバケツのペースにされてしまうので、こうさせないよう敵の周りの足場を塗って奪っていきたい。またヒッセンと比べると横塗りに乏しいので足場を奪えば機動力のある短射程シューターでも勝機はある。

遮蔽まわりで撃ち合いになった時は遮蔽の大きさによって対応が少し変わる。
小さい遮蔽には隠れても曲射で攻撃されるのでこれは無いものとして扱う。距離をとってインクの道を塗り返せば実質平地での戦いとなりバケツ側も手が出せない。
ヤグラの柱やバルーンのような細く背の高い遮蔽は曲射で飛び越し辛いため、バケツにとって苦手な部類に入る。遮蔽裏に張り付いてメインを防御し、隙をついて飛び出せば有利なキル速勝負に持っていける。

ブキセットごとの対策

その他

  • 前作までは無印との見た目の違いはステッカーの有無しかなかったが、今作では本体のカラーリングも大きく変わっている。
    フレームが黒くなり、自インクの色が反映される部分は無印と反対に注ぎ口周辺になった。その中間部分は青みがかったグラデーションになっている。
  • メインとラインマーカー直撃ダメージとのコンボは、クイコンに準えて『ライコン』と呼ばれている。
  • アップデート履歴

コメント