ケルビン525デコ

Last-modified: 2024-04-11 (木) 11:50:06

S3_Weapon_Main_Glooga_Dualies_Deco.png

使用イメージ画像

これは「ケルビン525デコ」。
ケルビン525ステッカーでデコレーションが施されたブキだ。
サブウェポンの「ポイントセンサー」で相手の動向を伺い、的確にスライド後の射撃を浴びせよう。
戦線が膠着したら、スペシャルウェポンの「ウルトラショット」で一気に打破しよう。
▲画像は公式X(旧Twitter)(@SplatoonJP)の2024年2月19日のポストより。

 

概要

必要ランク26
サブウェポンポイントセンサー.webpポイントセンサー
スペシャルウェポンウルトラショット.webpウルトラショット
必要ポイント190p
ブキ重量中量級
マッチング区分中距離級
 
関連ブキ一覧元ブキ
無印ケルビン525
マイナーチェンジケルビン525デコ
 

ブキ紹介

ブキチ
ブキチ.pngメインウェポンの ケルビン525デコ
ケルビン525をベースに デコ職人さんが
デコレーションをほどこした モデルでし!
メインの性能は同じでしから、
サブポイントセンサーで相手をとらえたら、
スライドでつめて強力な攻撃をあびせるでし!
相手がにげだしても ご安心、
スペシャルウルトラショットでズトンでし!
マーキングした相手をメインとスペシャル
確実に倒す! このブキを かわいがって
バトルの基本を思い出して欲しいでし!

ケルビン525を黄色に塗装しステッカーでデコったモデル。
ポイントセンサーで隠れた相手もピンポイントに撃ち抜き、ウルトラショットで後衛にも攻撃できる。
腕に自信がある使い手が持てば鬼に金棒となるブキ。

メイン解説

ver.7.1.0現在

有効射程3.0確定数維持射程2.8
有効射程(SL後)3.4確定数維持射程(SL後)3.1
レティクル反応距離2.6塗り射程3.9
レティクル反応距離(SL後)3.0塗り射程(SL後)4.3
拡散3.2°ジャンプ中拡散8.0°
拡散(SL後)3.0°
ダメージ
(対応経過時間)
36.0~18.0
(7F~40F)
確定数3~6
ダメージ(SL後)
(対応経過時間)
52.5~26.3
(7F~40F)
確定数(SL後)2~4
連射フレーム9F秒間発射数6.7発/秒
キルタイム0.317秒/killDPS240.00/秒
キルタイム(SL後)0.167秒/killDPS(SL後)350.00/秒
射撃継続時間10.650秒射撃後隙4F(0.067秒)
射撃継続時間(SL後)9.750秒インク消費量
(装弾数)
1.4%
(71発)
射撃時ヒト速0.60非射撃時ヒト速0.96
イカ速1.92インク回復不能時間20F(0.333秒)
インク効率(ダメージ)(立ち撃ち)2571 / 23.8killインク効率(ダメージ)(構え撃ち)3750 / 35.7kill
単発塗りポイント(立ち撃ち)5.2pインク効率(塗り)(立ち撃ち)369.2p
サーモンラン SR補正ダメージ 45.0~30.0
ダメージ(SL後) 70.0~60.0

スライド

インク消費量8.0%
インク回復不能時間70F(1.167秒)
移動距離1.05
SL時間16F(0.266秒)
SL開始~次SL可能までの時間20F(0.333秒)*1
SL開始~攻撃可能までの時間28F(0.467秒)*2
SL開始~移動可能までの時間60F(1.000秒)*3
SL開始~SL再使用可能までの時間

04fc414bcaa5a.gif

その他データ
初速28.5直進フレーム3F(0.050秒)
初速(SL後)32.0
初弾補正0.096°補正悪化量0.096°/発
初弾補正(SL後)0.09°補正悪化量(SL後)0.09°/発
最低補正
(経過時間)
3.2°
(297F)
補正回復量
(全回復時間)
0.016°/F
(203F)
最低補正(SL後)
(経過時間)
3.0°
(297F)
補正回復量(SL後)
(全回復時間)
0.015°/F
(203F)
ジャンプ撃ち補正3.2°足元塗り間隔5発毎
(45F毎)
最大中間塗り数2個中間塗り間隔1.4本毎
性能の見方について
  • Fはフレーム。1秒=60F
    • 例えば30Fなら、0.5秒となる。
    • 公式の表記では、30/60秒という表記を用いている。
  • 射程・距離関係の単位は試し撃ちラインの本数。
  • ヒト速やイカ速、弾速などの速度単位はDU/F。試し撃ちラインの幅を50としたときの、1Fに移動できる距離という定義。
    もっと詳しく
    • ちなみに中量級ブキの歩行速度は0.96 DU/F
    • スプラトゥーン3での内部パラメーター定義にはm/Fを使用している。
      50 DU = 5m = 試し撃ちライン1本分
      • 例えば、中量級ブキの歩行速度の内部パラメーターは0.096 m/F。
        すべてのDU/F表記をm/Fに変更する作業は大変なので、現状距離単位にはDUを使用する表記に変換している。

  • 有効射程とは、ある程度以上のキル性能を発揮できる距離のこと。
    もっと詳しく
    • ダメージの減衰によって確定数が増えたとしても、元のキルタイムから著しく遅くならなければ、それも有効射程と見なされる。
    • 少し上を向いて撃つと、正面を向いて撃つよりも少し射程が伸びるが、それについてもある程度のキル性能が発揮できるのであれば、有効射程と見なされる。
    • 著しくキルタイムが遅くなってしまう場合は、カス当たり射程と見なされる(有効射程にはならない)。
  • カス当たり射程とは、ジャンプせずにそのブキが届く最大距離のこと。有効射程よりもキル性能は低い。
  • 確n射程とは、主に距離によってダメージが大きく変動するブキにおいて、n回攻撃を当てればキルが取れるギリギリの距離のこと。
    もっと詳しく
    • ローラーフデは近距離であればそのブキごとの最大ダメージを出せるが、距離が離れるにつれダメージがどんどん落ち、確定数が細かく変わる。
    • 確定数が変わる距離の把握が他ブキ種より重要になるため、これらのブキ種では確n射程が細かく掲載されている。
    • また、乱n射程とは、乱数(ランダム要素)次第で確定数が変わる微妙な距離のこと。ローラーフデシェルターは弾の飛び方にランダム要素があり、同じ間合いでも弾の当たり方が毎回違ってダメージ量が安定しない場合がある。
    • 例えば乱1射程は、乱数次第で確1になることもあればならないこともある距離。
  • 初速とは、発射直後の弾の速度のこと。
    ローラーなど、飛沫によって初速が変わる場合は最も早い飛沫の初速を記述している。
  • 直進フレームとは、発射した弾が初速のスピードを保ったまま飛び続ける時間のこと。直進フレーム経過後は弾速がだんだん低下する。
    ブラスターワイパーでは代わりに射程限界で爆発/消滅するまでの時間を記述している。(なお、ブラスターは射程限界付近で少し弾が落下する。)
    弾速についての詳しい仕様はシステム詳細仕様#弾の仕様についてを参照。
  • 塗り射程とは、カニ歩き撃ちで塗れる平均的な距離のこと。
  • キルタイムは、1発目が当たった瞬間を1F目とし、そこからキルまでにかかる時間のこと(シューターの場合)。
    もっと詳しく
    • 厳密に言えば、キルタイムとはブキを振りかぶるモーションにかかる時間(前隙)や、1発目の弾が発射されてから相手に到達するまでの時間(相手との距離や弾速)も含めるべきだが、これらは状況によって大きく変動するので不確定要素が多すぎるし、また前隙や弾速などは解析を待たなければ分からない。
      • よって、前隙の小さいシューター種、マニューバー種、スピナー種、フデ種では「1発目が当たった瞬間」を1F目としてキルタイムを掲載している。例えば、確2のシューターは1F+連射Fがキルタイムとなる。
      • それ以外のブキ種では前隙やチャージ時間を含んで、ヒト状態でZRを入力してからキルまでにかかる時間をキルタイムとする。1確ブキの場合はヒト状態の前隙+発射フレーム(1F)+命中フレーム(1F)で算出している。
  • DPSは「ダメージ×60÷連射フレーム」で算出。
  • 射撃後隙とは、射撃後にイカ/タコになることや、サブウェポンを使うことができるようになるまでの時間のこと。
  • 射撃継続時間とは、連射フレーム×装弾数の値を秒に換算した時間。前後隙は含まない。
  • 単発塗りポイントは、地面と並行に1発ずつ射撃して得られた塗りポイントの平均を、ナワバリバトルの塗りポイントカウンターを用いて算出している。
  • インク効率(ダメージ)は「単発ダメージ×装弾数と装弾数÷確定数」。
    インク効率(塗り)は「単発塗りポイント×装弾数」。「装弾数=(100%÷単発インク消費量)」は切り捨てせずに算出。
  • SL=スライド(Slide)。

メイン解説

ケルビンは連射速度がスライド前後で変化せず、弾の威力と射程が大きく変化する仕様になっている。

連射速度は.52ガロンと同速で、一般的なシューター種より遅め。
確定3発の威力にしては遅い連射速度の為、そこそこ長い射程で牽制をするのがせいぜいとあまり頼りない。

しかしスライド後の射撃は52.5ダメージ、つまり確定2発になり、全ブキ屈指のキル速を誇る。
さらに、スライド後の射撃は弾ブレがかなり小さいうえに飛距離も長め。ゆえにスライド後のキル性能はかなり高い。
スライドした場合に関しては、さながら連射力と精度の改善された.96ガロンのような射撃性能になる。

ただし弱点として、スライド後の硬直時間は全マニューバーの中でワースト2位(1位はクアッドホッパー)と長い。
スライド回数が4回であるクアッドホッパーは後方へ連続でスライドすることである程度逃げられるが、スライドが2回しかできないケルビンにとってこの硬直の長さは苦しい。
従って誰かに狙われている状態でのスライドは非常に危険
特にチャージャー種が高台で目を光らせている場合では、硬直状態のケルビンは格好の的になってしまう。
ケルビンに関わらずマニューバー全般に言えることだが、仮に相手を倒すべくスライドを使うにしても、基本は1回だけにとどめ、2回目以降は周りの状況を見て慎重に利用することをお勧めする。

おまけに塗り能力は、スライド前後関係なく極めて貧弱で、連射速度が遅い上に塗りが小さいのだ。
塗りは軽度の索敵や、スペシャルの溜め、あと少しで取れるエリアの確保等に留めておこう。

後で詳しく解説するが、このブキの基本的な立ち位置は最前衛。役割は主に前線の維持とキル。
スライドによる高い機動力とサブのシールドによる高い生存能力で前線に居座りつつ、キルすべきタイミングを見計らって的確にキルを取ることがこのブキを最も活かす立ち回りになるだろう。

サブスペシャル

ポイントセンサー.webp ポイントセンサー

地形に触れるとマーキングエリアを作り出し、中にいる敵をマーキングして目立つ状態にできるサブ
マーキングは撃ち合いにおいて先手必勝が絶対的なケルビン525と非常に相性が良い。敵をマーキングできればいつでもこちらから攻めのターンを作り出せるので、ひたすら投げまくろう。
…と言いたいところだがスライド撃ち主体のケルビン525は燃費がかなり悪いブキであり、迂闊にポイントセンサーを取り出すと肝心なところでインク切れを起こしスライド不可、というアクシデントが発生してしまう。こうなってしまうと元も子もない。
実際のところ気軽に取り出せるサブではない。マーキングしてからスライド撃ちで奇襲、といった立ち回りがしたいならば必ずインク残量を満タン近くにしてから行うこと。
メインのみでのクリアリングはやや大変であるためについつい取り出したくなるが、取り出したならばその後に自分のインク残量とマーキングした相手の持ちブキからどういう行動をとればOKなのか、しっかり考えておこう。

ウルトラショット.webp ウルトラショット

凄まじい射程と攻撃力と弾のデカさを誇るバズーカ砲の如きスペシャル
射程負けするブキ全般をとっちめるスペシャルではあるが、大きく距離があるなら射程勝ちしている相手にブチかますのもアリである。
こちらを睨んでいるチャージャースピナーには迂闊にスライドできないため、スペシャルポイントがMAXならば迷わず発動しよう。
装弾数はたった3発。地形着弾爆風があるとはいえ、出来ればあまり直撃を外したくないところ。
曲射を利用すればリッター4Kを超える射程で攻撃できるので、練習して感覚を掴んでおくと役に立つだろう。
ポイントセンサーでマーキングしておけば距離感が掴みやすく狙いやすくできるので発動前に敵をマーキングしておくと良い。

運用

基本的に無印と同様メインの自慢であるスライド撃ちの攻撃性能を存分に相手にぶつけまくろう。
相手の攻撃を耐えられるスプラッシュシールドナイスダマと引き換えにマーキングできるポイントセンサーと長射程高火力のウルトラショットを手に入れたことにより、さらに攻めっ気強い立ち回りができる。その代わり当然ながら防御力は大幅低下。
本ブキを簡単に言うなら、『盾と鎧を捨てて、撃ち合いの補助となるアイテムと最強クラスの兵器を得たブキ』だろう。

その特徴から、なるべく守勢に回らず攻勢を維持し続ける技量が求められるだろう。
もともとキルタイムに定評のあるメインに加えて、ポイントセンサーウルトラショットによりほぼあらゆるブキに対して優勢に立ち回れる、この強みを活かし続けてこそ輝く本ブキである。
使いこなせれば恐ろしい殲滅力であらゆるブキを恐怖のどん底に叩き落とせるブキと化すが、弱点であるスライドの硬直やサブスペの防御力の低さを突かれて何度もやられてしまうようではイカしていない。
修練を積んで、攻撃性能の高さをフルに活かして輝こう。

ギアパワー考察

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
イカはほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

相性の良いギアパワー

ギアパワーによる効果

nolink インク効率アップ(メイン)

軽減量最大45%。

ギアパワーGP0GP3GP6GP10GP20GP30GP57
インク消費量 (射撃)1.40%1.34%1.28%1.21%1.05%0.929%0.770%
射撃可能回数7174788295107129
インク消費量 (スライド)8.00%7.65%7.32%6.91%6.01%5.31%4.40%

nolink ヒト移動速度アップ

射撃中の移動速度上昇率最大25%。

ギアパワーGP0GP3GP6GP10GP20GP29GP30GP57
非射撃時 (DU/f)0.9601.011.051.111.231.311.321.44
射撃時 (DU/f)0.6000.6150.6280.6450.6830.7100.7120.750
他のブキの射撃時移動速度
  • 一部ブキはギアパワーヒト移動速度アップ」による速度増加割合の上限が異なる
    • 増加上限が異なるブキのみ、ブキアイコンに(+XX%)の形式で併記した
    • 記載がないブキはすべて25%増加が上限である

ver.5.1.0現在

DU/fブキ
0.95ドライブワイパー (+0%)
0.86スプラスピナー (+40%) クーゲルシュライバー (短)イグザミナー.png (+40%)
0.84N-ZAPLACT-450
0.80ボールドマーカーL3リールガンヴァリアブルローラー (タテ) スパッタリースプラマニューバー
0.79スペースシューター
0.76わかばシューター
0.72シャープマーカープロモデラースプラシューターボトルガイザーヴァリアブルローラー (ヨコ) ワイドローラーデュアルスイーパー クアッドホッパーブラックスパイガジェット
0.70スクリュースロッシャーバレルスピナー (+35%) ノーチラス47 (+30%)
0.68R-PEN/5Hトライストリンガー
0.66ヒッセン
0.65クラッシュブラスターパラシェルター (射撃)
0.60.52ガロンジェットスイーパーH3リールガンカーボンローラー (ヨコ) 14式竹筒銃ハイドラント (+35%) ケルビン525ジムワイパー (+0%)
0.55プライムシューターパラシェルター (展開) ラピッドブラスター
0.50オーバーフロッシャークーゲルシュライバー (長) キャンピングシェルター (射撃) ノヴァブラスターRブラスターエリートパブロ
0.48カーボンローラー (タテ) スプラローラー
0.45エクスプロッシャーホットブラスター
0.40.96ガロンバケットスロッシャーモップリン.png ロングブラスターS-BLAST92キャンピングシェルター (展開)
0.30スクイックリンソイチューバーホクサイ
0.24ダイナモローラーダイナモローラー
0.20スプラチャージャースプラスコープ
0.15リッター4K4Kスコープ


nolink アクション強化

地上拡散3.2°、ジャンプ中拡散8°。

ギアパワーGP0GP3GP6GP10GP20GP30GP57
ジャンプ中拡散8.00°6.18°5.60°5.08°4.25°3.75°3.20°

敵に使われる場合の対策

長射程低連射高火力のマニューバー種。
デュアルスイーパー並(デュアルより若干劣るがほぼ同射程)の射程とスライド後射撃のイリョクは525という名前が表す通り52.5ある2確に化けるため、スライドでこちらのエイムを回避しながら高い攻撃力でカウンターキルしてくる。
弱点は連射力の低さ(シューター.52ガロン並)とそれによる塗り力の低さ、そしてマニューバーの中でもスライド前は低い精度と遅いキルタイムによりとても貧弱な性能になる事。足元塗りが弱いため塗ってしまえばスライドでしか移動できなくなる。それゆえ起伏の激しい地形ではスライドが機能しにくく著しく弱体化する。

前述の通り、ケルビンの最大の長所は「スライド後の高火力」である。裏を返せばスライド前の火力はそこまで高くないということ。センプクからの不意打ちは相手に気づかれなければ効果的。ただし、万が一気づかれてしまうとスライドによる射程の押し付けと高火力によってなすすべなくやられてしまうため注意が必要。また、スライド後硬直が非常に大きく、チャージャーブラスターを持っているのであれば硬直を狙ってみるのもいいだろう。ただし、硬直が大きいと言っても火力が高いため、迂闊に近づいてはならない。あくまで奇襲や不意打ちでないとかなり危険な行動となる。

ブキセットごとの対策

アップデート履歴

アップデート履歴(アップデート履歴/ウェポン・ギアパワーごとのアップデートからの引用)
ver.1.0.0無印追加
ver.1.2.0全般連続でスライドしながら発射するとき、2回目のスライドの瞬間に、ダメージの低い弾が発射されることがある問題を修正しました。
ver.5.1.0全般弾が発射されたあとの時間経過によるダメージ減衰速度を緩やかにしました。
ver.7.0.0デコ追加
全般着弾点の塗りの半径を約10%大きくしました。

コメント


*1 スライド時間 16F+スライドチャージ時間 4F
*2 スライド時間 16F+スライドチャージ時間 4F+ブキ使用禁止時間 8F
*3 スライド時間 16F+スライドチャージ時間 4F+イカ状態化禁止時間/スライド禁止時間 40F