サーモンラン/シャケの種類/ダイバー

Last-modified: 2022-10-01 (土) 16:51:01
 
 

攻略情報

概要

体力1200*1
飛び込み失敗後: ~300(飛び込む前のHPによって変動)
ダメージ180?*2
イクラ合計18
攻撃時15
撃破時3

リング状のインクを投げて地面を塗り、プレイヤーの足場を奪う。その後リングの中心へダイブして、リング内にいるプレイヤーを即死させる。
リングはガチエリアのようになっており、ある程度塗り返せばリング内の地面全体をこちらのインクで確保できる。
リングを確保すれば大ダメージを与えられる上、追撃のチャンスが生まれる。

シャケ図鑑

●基本的な特徴

  • インクの底から空中高くジャンプして、勢いよく飛び込む。
  • ジャンプする時にリング状のインクを投げ、飛び込み先を定める。

●攻撃行動

  • 投げたリングの内側をインクで塗り、その中に飛び込んで衝撃を与える。

●倒し方

  • 攻撃行動中は姿を見せるため、インクショットでダメージを与えられる。
  • リングの内側を塗り返すと、飛び込みに失敗して動けなくなるので手早く倒すことができる。

●生態

  • 太古の昔に繁栄したとされる生物への憧れからか、マスクを付けることで自らをその姿に近づけようとしている。
  • 彼らは戦いの成果より、飛び込みの美しさを重要視している。

行動パターン

クマサン
  インクのリングを投げて、その中にダイブしてくるシャケだ
  リングの中にいると やられてしまうよ…

地面から顔を出して、最も近いプレイヤーをターゲットにしてリング状のインクを投げる。
投げられたリングが地形に当たると、リング内の地面全体が敵インクで塗られる。
リングを投げた後、リングを追って飛び、リング直上で静止し、周囲を見渡す。そしてリング状のインクの中へ飛び込み、その衝撃でリング内にいるプレイヤーを攻撃する。
飛び込みの前にリングを塗り返して確保していた場合、ダイバーは頭をぶつけて大ダメージを受け、マスクが外れる。その後少しの間動けなくなって地面でジタバタする。そしてしばらくするとダイバーはインクに潜る。
一連の行動が終わると、ダイバーはインクから顔を出し、再び最も近いプレイヤーをターゲットにしてリング状のインクを投げる。

ダイバーは、普通はターゲットが中心に来るようにリングを投げるが、ターゲットが海岸沿いにいるなどの理由で、少しずれた位置にリングを投げることがある。

リングの届く距離には限界がある。ターゲットにリングが届かない場合は、ターゲットに最も近い所へリングを投げる。

攻撃行動

プレイヤーがリングを確保しなかった場合、ダイバーはリングに飛び込み、ダイバーを中心とする円柱形の範囲内のプレイヤーを即死させる。

ダイバーの攻撃範囲は地面から上方向には短く、下方向には長い。

  • リング内にいても、ジャンプすれば攻撃を回避できる。
    • 敵インクに足を取られていても、ジャンプのタイミングがピッタリなら回避可能。
    • イカ状態だと被弾判定が下に伸びてしまうのか、回避できない。
    • ダイバーは左、右、下を見てから飛び込む。この動きは回避のタイミングを計るのに使える。1,2,3,4と数えてジャンプするとよい。
  • アラマキ砦のコンテナ周辺の段差程度の高さがあれば当たらない(ただし、イカ状態だと当たる)。
  • アラマキ砦の金網の下で立っていると、高台に飛び込んだダイバーの攻撃が当たる(イカ状態なら当たらない)。

弱点と倒し方

クマサン
  ヤツが ダイブするより先に リングの中を塗り替えすんだ…
  ダイブを失敗させれば 倒すチャンスが生まれる

ダイバー本体を攻撃すればダメージを与えられるが、体力は1200もあり、非常に硬い。

リングを塗り返して倒す

ダイバーが飛び込む前にリング内を塗り返して飛び込みを失敗させると体力を300程度まで減らすことができる。また、その後2秒程度ビチビチと跳ね回り無防備になるため、簡単に倒すことができる。

基本的にはリングを確保して大ダメージを与えよう。
塗りの強いブキは積極的にリングを塗り替えそう。
塗りの弱いブキは一人ではリングを確保できないことも多い。味方が助けてくれそうになければ、リングを塗らずにインクの浪費を避けるのも手だ。
どのブキでも、味方と協力してリングを塗る意識を持とう。一人よりも複数人の方がリング確保の成功率は上がる。

リング塗りの小技

  • ボムを使えば、インクを犠牲に塗りを強化できる。
  • リング出現前にインクを撃っておき、リング出現後にインクが落ちてくるようにすれば、少しだけ塗りを稼げる。上に向けて撃てば、落下に時間がかかるので塗りを稼ぎやすくなる。
  • リング内の地形が段差で区切られている場合、どちらか一方の面のみを塗り返すだけでリングを確保できることがある。

リングを塗り返さずに直接攻撃して倒す

射程が長く火力が高い一部のブキは、ダイバー本体を攻撃して、飛び込みの前に倒すこともできる。
塗りが弱くリングを確保できないブキは本体を攻撃してみよう。

次のブキは1ターンで撃破できる。

次のブキは2ターンで撃破できる。

また、変わった倒し方として、ダイバーが地面から顔を出した所をダイナモローラーで轢くと一瞬で倒せる。

ダイバーの体力

ある調査によれば、ダイバーの体力は次のような仕様となっているらしい。
https://twitter.com/tamago_spla/status/1569954455881416706

  • ダイバーの体力は (A, B, C) = (200, 900, 100) の3つの部分に分かれている
  • ダイバーの体力は C→B→A の順に減る
  • 飛び込みを失敗させると B が 0 になる

これが何を意味するかというと、

  • 飛び込みを失敗させる場合、飛び込みの前に100より多くのダメージを与えても無駄になる
  • 逆に言えば、飛び込みの前でも100ダメージまでは与える意味がある
  • ダイバーは2回目以降の飛び込みの失敗でダメージを受けない

その他

wave開始直後など余裕があるなら、出現直後にリングの確保だけして体力を削ってから寄せると、納品しやすい金イクラを作れておいしい。この場合、2回目のリングを塗り返す必要はない。ダイバーが空中にいる間に倒してしまおう。

ダイバーが上空に留まる時間は意外と長いので、ダイバーの残り体力が少なければ、リングを塗り返さずにダイバーを攻撃しても倒せることが多い。射程の長いブキは率先して倒したい。中射程のブキでも、リングの塗り返しに固執せず、まずダイバーの体力を確認して、撃墜できそうなら攻撃するとよい。

性質

  • ダイバーは塗れない場所(金網や、ステージの縁の塗れない部分)にいるプレイヤーをターゲットにできない。生存プレイヤー全員をターゲットにできない場合は敵インク内に潜ったまま姿を見せなくなる。
    • ただし、塗れない場所でもリング内であれば攻撃が届くため注意。
  • 一度こちら側が確保したリングは、消滅までの間あらゆる敵インクの塗りを無効化する。たった数秒だが、激戦時に首尾よく塗り返せた場合は緊急避難場所として有用かもしれない。
  • ダイバーのマスクの有無は、飛び込みを失敗させたことの表現でしかない。ダメージが通りやすくなったりするわけでもないので、攻略上の意味は特にない。

小ネタ

  • ターゲットのプレイヤーがアラマキ砦の金網右側の高い壁周辺に張り付いていると、ダイバーの振る舞いがおかしくなる。
    • ターゲットが収まらない所へリングを投げることがある。
    • その飛び込みを失敗させると、ダイバーが地面に埋まってしまう。
  • ダイバーが姿を真似ている「太古の昔に繁栄したとされる生物」とは、おそらくイルカのことである。
    • 高く飛び上がったり、輪っかくぐりをしたりするのは、イルカショーの定番である。
    • ダイバーが自ら発するリングは、バブルリングがモチーフかも知れない。
    • Splatoonの世界では哺乳類は絶滅したとされていて、イルカは哺乳類である。これは「太古の昔に繁栄した」という説明と合致する。

*1 スプラシューター 34発、リッター4K 2発
*2 無傷ならイカロールで耐えられるが、スリップダメージ最大だとイカロールで耐えられない