ジェットスイーパー

Last-modified: 2022-10-02 (日) 21:00:30
 
 

概要

ブキ紹介

ポンプ圧を高めることによってシューターの中で最も長い射程を実現した
マキタ風高圧洗浄機型の超長射程シューター
メインウェポンはシューターの中で最長の飛距離をほこる。
その射程は、チャージャーであるスクイックリンαソイチューバーよりも長い。
圧倒的な射程の代わりに低攻撃力、低連射、非常に薄い足元塗り、悪燃費…など他のステータスが犠牲になった。

長射程のメインにラインマーカーでマーキングしたり、キューインキで盾になったりと器用なサポートができる。

有効射程4.5確定数維持射程4.4
レティクル反応距離4.2塗り射程5.2
拡散ジャンプ中拡散
ダメージ32.0確定数4
連射フレーム8F秒間発射数7.500発/秒
キルタイム0.416秒/killDPS240.000/秒
射撃継続時間8.333秒インク消費量(装弾数)1.6%(62発)
射撃中ヒト速0.60単発塗りポイント4.5p
非射撃時ヒト速0.96イカ速1.92

解説

シューター中最長の射程を持つ。その有効射程は、試し撃ちライン4.5本分。同じく長射程シューターであるプライムシューターとの射程差は非常に大きく(射程差は試し撃ちライン約1本分)、文字通りダントツの射程と言える。
しかし、それ以外の性能はどれも低くボールドマーカーとは真逆の方向で非常にピーキーなブキ。
遠距離+連射型かつキルタイムがかなり遅いため、撃っても倒しきれないことが多いのはご愛嬌。

長い射程で遠くから攻撃や塗りができることに加え、相手の動きを抑制するサブと相手のあらゆる攻撃を無効化できるスペシャルを持つため、サポート能力が高い。

しかし確定数は4発で連射は早くないため、シューターとしてキルタイムはかなり遅い。
また、カタログスペック上の精度は良く見えるものの、この射程帯としては実質的に物足りず、最長射程あたりでは弾が外れやすい。長時間撃ち続けて弾ブレが増せば尚更である。
インク効率と塗り性能も他のシューターより低く、素早くサッと塗ったり細かい所を塗ったりするのは苦手だが、シューターの中ではダントツの射程で広範囲を気軽に塗っていきやすく、デス数の抑えやすさと相まって慣れれば割と塗りポイントを稼ぎやすいブキである。
ただし足元に垂れるインクはシューターのなかで一番少なく、かつ塗り替えを苦手にするため中距離まで詰められた時に逃げることは実質的に不可能である。そうなる前に逃げるか牽制する必要があるので危機察知能力を鍛える必要は出てくるだろう。

運用

長い射程を活かした牽制、味方の支援が主な役割となる。
そのキルタイムの遅さから、射程端ギリギリから当て始めても簡単に逃げられてしまうため、数歩踏み込んだ位置から確実に弾を当てていきたい。

これを上回る射程のブキは一部のチャージャー程度しかないため、「射程を押し付ける」使い方も十分に可能。
開けた場所や高台のような遮蔽物が少なく狙われやすい環境ほど倒されにくい、という奇妙な特徴があり、居座って向かってくる敵を射撃するような戦法を取るとキルが取りやすいだろう。
さすがにスプラチャージャーリッター4K相手では分が悪いので、これらを見かけたら付近の遮蔽物を意識しよう。

威力の低さと塗りの弱さから接近戦は不得意とはいえ、チャージャーと比べると接近戦能力は高い。最低限の接近戦性能を備えており、器用かつ柔軟に戦えるのは重要なので、追い込まれた時の接近戦における戦い方も身につけておきたい。

壁塗り速度は遅く、素早く壁を塗ることはできない。しかし、チャージャーには及ばないものの射程を生かして遠くから安全に塗ることができる他、これもチャージャーには及ばないものの通路を塗り潰すのも比較的得意。
瞬時に壁や通路を塗れるチャージャーや、広い面を塗る能力が高いバレルスピナーに対しては、塗り能力で劣りがちだが、チャージが無い分小回りが利くのはチャージャースピナーにない長所なので、それを活かして塗っていきたい。

射程が長いからといって山なりに撃つのはお勧めできない。着弾点以外に攻撃できない上、塗りも減衰してしまう。スペシャルのポイントはそこそこ稼げるものの、出来上がる塗りは点々と散った物なので陣地としての実用性が乏しい。また発射地点が物凄く目立つので敵を引き寄せてしまう。(ただし、遮蔽物越しにあえて弾を打ち上げて視線誘導する戦法は有効。)基本的には直線状に低く構えて刺すように撃つと良い。この場合、塗りも弾の軌道直下に飛沫がたくさん落ちるので直線状に近いきれいな塗りができる。

今作で追加された新規サブラインマーカーや新規スペシャルキューインキはどちらもかなり癖が強く、お手軽に扱えるものではないため、何も考えず単独凸で無双できるブキではない。1人で戦わず、味方の動きをよく見て立ち回る必要がある。

ラインマーカー

投げると線を引き、直撃するか線に触れた相手をマーキングする。
相手をマーキングすればメインの長射程を活かしやすくできるが、弾道に癖があるので扱いには慣れが要る。
地形に跳ね返る性質を持ち、使い方次第では空中にレーザー型センサーを張ることができる。

攻撃的に使う場合、直撃させてダメージを与えればメインの確定数を3発にできるが、普通に4発当てた方がキルタイムが速い。コンボで使うよりメインの射程外に逃げる相手に追撃する使い方がいいかもしれない。

キューインキ

相手の攻撃を吸い込んで反撃するスペシャル
正面からの自衛だけでなく使い方次第では味方を守ることができる。
またキルタイムで差をつけられているチャージャースピナーの攻撃を無効化し、手が出せない距離から反撃弾を撃ち込むことができる。ただし射撃モードは隙が大きいため、射程外から吸うこと。
スペシャルが溜まり次第味方について行き、敵と遭遇したら盾となって味方を活かしやすくするのも手。
ただし横や後ろが弱点だったり、反撃弾射撃後でも塗り替えが非常に苦手なメインのため、護衛対象の味方がやられると窮地に陥りやすい。

コメント