24式張替傘・甲

Last-modified: 2024-04-10 (水) 17:00:06

S3_Weapon_Main_Recycled_Brella_24_Mk_I.png

使用イメージ画像

これは新しいシェルター24式張替傘・甲」だ。
ナワバリバトルの時代にも使われていた伝統的な素材と、現代のブキ製造技術が組み合わされた独自の製法で、カサの素早いパージと復活を実現している。
カサ部分には海藻由来の素材が多く使われており、たくさんパージしても自然にやさしい。
▲画像は公式X(旧Twitter)(@SplatoonJP)の2024年2月14日のポストより。

 

概要

必要ランク
サブウェポンラインマーカー.webpラインマーカー
スペシャルウェポングレートバリア.webpグレートバリア
必要ポイント190p
ブキ重量中量級
マッチング区分中距離級
 
関連ブキ一覧元ブキ
無印24式張替傘・甲
 

ブキ紹介

ブキチ
ブキチ.pngメインウェポンの 24式張替傘・甲は、
木と竹でできたホネに 紙をはり合わせて
作ったシェルターでし!
素材の性質上、カサでガードすると簡単に
壊されてしまうので注意でし!
パージするまでの時間が短く
パージしたカサも速く進むでしから、
どんどんパージするでし!
メインのショットは直撃すれば大ダメージでし!
パージしたカサや サブラインマーカーで相手を
かく乱して、メインで しっかりねらうでし!
シェルターとしては守りに不安があるでしが、
いざというときは スペシャルグレートバリア
使えば なんとかなるでし!
パージ前提のシェルターでしから、今までとは
ちがった戦い方ができるでし! 雨の中、カサが
なくても平気なシェルター使いに オススメでし!

和傘がモチーフの新シェルター
高い収束率による散弾ショットと、耐久性が低い代わりに素早くパージでき素早く復活するカサが特徴。

サブラインマーカースペシャルグレートバリア
火力補助と防御力補助を両立する構成。

メイン性能

ver7.0.0 ※要編集:空欄補充

確2射程2.5乱2射程2.8
確3射程2.6ダメージ射程3.0
レティクル反応距離2.5塗り射程3.5
初速x.x直進フレームxF(x.xxx秒)
ダメージ90.0~12.5*1確定数2~8
散弾当たりダメージ15.0~12.5*2散弾数1+4?+6?(合計11?)
連射フレーム34F(約0.566秒)秒間発射数1.66発/秒
キルタイム(確2)x.xxx秒/killDPS(最大)153.0/秒
キルタイム(確3)x.xxx秒/kill
射撃継続時間x.xxx秒射撃後隙xF(x.xxx秒)
射撃前隙(イカ)xF(x.xxx秒)射撃前隙(ヒト)xF(x.xxx秒)
インク消費量
(装弾数)
7.0%
(14発)
射撃時ヒト速x.xx
インク回復不能時間xF(x.xxx秒)非射撃時ヒト速0.96
単発塗りポイント11.8pイカ速1.92
インク効率(ダメージ)/killインク効率(塗り)xxx.xp
サーモンラン SR補正【補正内容】 【補正値】

カサ本体

耐久力100.0~150.0?回復量x.x/秒
ダメージ20.0確定数5
展開時インク消費量x.x%/秒射撃~展開開始までの時間xF(x.xxx秒)
インク回復不能時間xF(x.xxx秒)展開時間xF(x.xxx秒)
展開時ヒト速x.xx復活時間xF(x.xx秒)
サーモンラン SR補正【補正内容】 【補正値】

パージ

被ダメージ補正x.x倍
展開完了~パージまでの時間xF(x.xxx秒)
進行時間xF(x.x秒)
進行距離5.2
インク総消費量x.x%
インク回復不能時間xF(x.xxx秒)
1パージ分の塗りポイントx.xp
サーモンラン SR補正【補正内容】 【補正値】
性能の見方について
  • Fはフレーム。1秒=60F
    • 例えば30Fなら、0.5秒となる。
    • 公式の表記では、30/60秒という表記を用いている。
  • 射程・距離関係の単位は試し撃ちラインの本数。
  • ヒト速やイカ速、弾速などの速度単位はDU/F。試し撃ちラインの幅を50としたときの、1Fに移動できる距離という定義。
    もっと詳しく
    • ちなみに中量級ブキの歩行速度は0.96 DU/F
    • スプラトゥーン3での内部パラメーター定義にはm/Fを使用している。
      50 DU = 5m = 試し撃ちライン1本分
      • 例えば、中量級ブキの歩行速度の内部パラメーターは0.096 m/F。
        すべてのDU/F表記をm/Fに変更する作業は大変なので、現状距離単位にはDUを使用する表記に変換している。

  • 有効射程とは、ある程度以上のキル性能を発揮できる距離のこと。
    もっと詳しく
    • ダメージの減衰によって確定数が増えたとしても、元のキルタイムから著しく遅くならなければ、それも有効射程と見なされる。
    • 少し上を向いて撃つと、正面を向いて撃つよりも少し射程が伸びるが、それについてもある程度のキル性能が発揮できるのであれば、有効射程と見なされる。
    • 著しくキルタイムが遅くなってしまう場合は、カス当たり射程と見なされる(有効射程にはならない)。
  • カス当たり射程とは、ジャンプせずにそのブキが届く最大距離のこと。有効射程よりもキル性能は低い。
  • 確n射程とは、主に距離によってダメージが大きく変動するブキにおいて、n回攻撃を当てればキルが取れるギリギリの距離のこと。
    もっと詳しく
    • ローラーフデは近距離であればそのブキごとの最大ダメージを出せるが、距離が離れるにつれダメージがどんどん落ち、確定数が細かく変わる。
    • 確定数が変わる距離の把握が他ブキ種より重要になるため、これらのブキ種では確n射程が細かく掲載されている。
    • また、乱n射程とは、乱数(ランダム要素)次第で確定数が変わる微妙な距離のこと。ローラーフデシェルターは弾の飛び方にランダム要素があり、同じ間合いでも弾の当たり方が毎回違ってダメージ量が安定しない場合がある。
    • 例えば乱1射程は、乱数次第で確1になることもあればならないこともある距離。
  • 初速とは、発射直後の弾の速度のこと。
    ローラーなど、飛沫によって初速が変わる場合は最も早い飛沫の初速を記述している。
  • 直進フレームとは、発射した弾が初速のスピードを保ったまま飛び続ける時間のこと。直進フレーム経過後は弾速がだんだん低下する。
    ブラスターワイパーでは代わりに射程限界で爆発/消滅するまでの時間を記述している。(なお、ブラスターは射程限界付近で少し弾が落下する。)
    弾速についての詳しい仕様はシステム詳細仕様#弾の仕様についてを参照。
  • 塗り射程とは、カニ歩き撃ちで塗れる平均的な距離のこと。
  • キルタイムは、1発目が当たった瞬間を1F目とし、そこからキルまでにかかる時間のこと(シューターの場合)。
    もっと詳しく
    • 厳密に言えば、キルタイムとはブキを振りかぶるモーションにかかる時間(前隙)や、1発目の弾が発射されてから相手に到達するまでの時間(相手との距離や弾速)も含めるべきだが、これらは状況によって大きく変動するので不確定要素が多すぎるし、また前隙や弾速などは解析を待たなければ分からない。
      • よって、前隙の小さいシューター種、マニューバー種、スピナー種、フデ種では「1発目が当たった瞬間」を1F目としてキルタイムを掲載している。例えば、確2のシューターは1F+連射Fがキルタイムとなる。
      • それ以外のブキ種では前隙やチャージ時間を含んで、ヒト状態でZRを入力してからキルまでにかかる時間をキルタイムとする。1確ブキの場合はヒト状態の前隙+発射フレーム(1F)+命中フレーム(1F)で算出している。
  • DPSは「ダメージ×60÷連射フレーム」で算出。
  • 射撃後隙とは、射撃後にイカ/タコになることや、サブウェポンを使うことができるようになるまでの時間のこと。
  • 射撃継続時間とは、連射フレーム×装弾数の値を秒に換算した時間。前後隙は含まない。
  • 単発塗りポイントは、地面と並行に1発ずつ射撃して得られた塗りポイントの平均を、ナワバリバトルの塗りポイントカウンターを用いて算出している。
  • インク効率(ダメージ)は「単発ダメージ×装弾数と装弾数÷確定数」。
    インク効率(塗り)は「単発塗りポイント×装弾数」。「装弾数=(100%÷単発インク消費量)」は切り捨てせずに算出。

メイン解説

高い収束率による高密度の散弾ショットと、非常に低い耐久性の代わりにすぐに復活する傘が特徴の新シェルター
特に傘の耐久性はよく低いと言われているスパイガジェットよりもさらに低く、一見すると守備にはかなり不安がある。紙耐久。

『高密度ショット』、『簡単に壊れる傘』、『発動が早く素早く進むパージ』、『すぐに復活する傘』というこれらの性能から他のシェルターとは一味違う立ち回りが可能。
パラシェルターキャンピングシェルターの立ち回りとはかなり異なるため、それらと同じ感覚では使いづらいだろう。

射撃

確2射程は2.5本分、最大ダメージは90。スパイガジェットと同程度の中射程ではあるが弾丸の密度が高いため射程端あたりでも高ダメージが期待でき、シェルターにしては珍しく射程を活かした立ち回りができる。そのため実質的な射程は他のシェルター種より長いと言える。
接近の必要がほとんどないのでキルタイムが安定しており、シェルター種らしい空中での射撃精度の高さもあって、あらゆる相手に積極的に攻撃していきやすい。
とはいえ散弾である以上、きちんとエイムを合わせないとダメージがブレてしまう可能性がある上、高密度であることは裏を返せば攻撃範囲が狭くなっていることも意味するため、攻撃を当てるという意味では他のシェルター種よりエイム力が重要となる。
一発の塗り性能はスパイガジェットによく似ているが、射程端の塗り範囲ではあちらに少し劣る。
装弾数は14発とパラシェルターより低く一見燃費は悪いのだが、パージの燃費が良く射撃の安定性により、総合的に見れば意外にもそこまで悪くはない。

(パージ前後の耐久力は検証中、判明次第追記お願いいたします。)
およそ150程度の耐久力であり、スパイガジェットよりも低い。火力が低いと評されるブキであっても簡単に壊されてしまうほど。パージ後のダメージカットを加味してもかなり低い。
代わりに傘の復活速度が脅威的で、およそ2.3秒ですぐに次の傘が張り替えられる。
この復活速度を上手く活かせば実質的な耐久性は他のシェルターをも凌駕する、と言えなくもない。

パージはキャンピングシェルター同様、傘を開くとすぐに前方へ進む。移動距離は試し撃ちライン5本分。
パージの塗り性能はカーボンローラーのコロコロ並にある。

サブスペシャル

ラインマーカー.webp ラインマーカー

一直線に手裏剣のごとくマーカーペンを投げつけるサブ
直撃で40ダメージを与え、直撃及び軌道上の線に触れれば敵をマーキングできる。
マーキングはオマケ程度であり、真髄は直撃のダメージとメインの射撃を組み合わせるラインマーカーコンボ、いわゆるライコンにある。
放つ順番がメイン→ラインマーカーよりも、ラインマーカー→メインの方がキル速度が速い。
奇襲で速く倒し切るか、時間をかける分逃さないかで使い分けよう。

逆に、気軽な牽制としてのサブ使用はリスクを理解しておく必要がある。
塗りが得意ではないのに4割のインクを消費する上、接近する前ならばおおまかな居場所までバレてしまう。
(自分での追撃は考えない)味方への援護、敵後衛への完全な狙撃(嫌がらせ)、壁塗り、ライコンと明確な使い分けが必要。
命中率が上がるほど活躍の場が広がっていく。鋭く投げ込もう。

グレートバリア.webp グレートバリア

発動すると足元からバリアを展開するスペシャル
現状様々な弱点があり、考えなしに展開するとむしろ損害を出すことさえある。
グレートバリア単体のページを読み込むのは必須。

傘とバリアは同じ盾でも特徴が全く違う。こちらは耐久力をイカす運用を考えよう。
ヤグラやホコのカンモン等の強いポジションで展開するのは当然の運用方法として、このブキの強みをイカすには下記のような展開が考えられる。

  • 敵陣深くで展開し、近付きづらさをイカす
    このブキセットの近距離戦闘力はなかなかのものがある。スペシャル発動後でインク満タンな上、傘パージとバリアのコアという二重の守りがある状態で近づくのは敵からすれば面倒なはず。放置し辛い場所で展開すれば、こちらの有利な状況を押し付けられる。遠くからバリアを破壊しようとしている長射程ブキ相手にはラインマーカーで上手く妨害しよう。
  • バリアの存在感をイカす
    一応ビーコンを備え、展開後に長時間残るバリアそのものが敵のヘイトを強烈に引きつける。パージ傘に続く第二の強力な囮である。
    展開しつつこっそり離れながら迂回して、バリアを壊そうとしている敵を背後や側面からライコンで狩りとろう。

逆に対面時など後出しで使っても展開するまでの隙を与えた上、相手が引いてしまえば射程の短いメインとの相性は悪く、バリア外に出るとボム即爆の可能性もあり、サブで追撃するのがせいぜいである。スペシャルとしては完全に不発といっていい。
打開においても強いブキセットとはいえない。常に攻めのバリア展開を心がけたい。

運用

とにかく傘の耐久性が非常に低く、ジムワイパーのヨコ斬り弾1発で簡単に壊れてしまうほどなので、敵の攻撃を長々と受け止めることにはほとんど期待できない。その耐久性からパージしたとしてもキャンピングシェルターのようにガードしながら堅実に詰めつつ戦う戦法には難がある。傘を開くとすぐにパージしてしまうこともあって、パラシェルターのような攻防の柔軟な切り替えもしにくい。
総合的に従来のシェルターと同じ方向性の立ち回りは難しいと言える。

  • 傘の壊れやすさをイカす
    このブキにおける傘は壊されることを前提に運用していくことになる。
    すぐに壊せるということは敵の攻撃を誘いやすいということである。特に単発火力が高い、連射が遅い、インク消費量が重いといった特徴をもつ攻撃に対してはガードする価値がある。耐久性が低く復活が早い傘に対して、一撃が重い攻撃手段は火力過多でありインク消費量にも見合わないからだ。この非常に低い耐久性でもチャージャーウルトラショットの一発などはしっかりガードできる点も頭に入れておきたい。これは各種ボムで傘を即割りしてくる立ち回りにも同様で、かなり耐性がある。
    「壊される」ということはその瞬間は敵の攻撃とヘイトを吸っているということである。
    その一瞬をどうイカすかがこのブキにおける防御のウデマエといっていい。これまでのシェルターが高耐久で「受け止める」防御であるならば、この傘はパージと復活の早さで「瞬間を凌ぐ」防御といえる。頭を切り替えて使おう。
    復活こそ早いが瞬間しか凌げないゆえに受け身の防御だとその性能を発揮しづらい。先手を取り、傘による択を押し付けていこう。
  • 傘復活の早さをイカす
    耐久性こそ絶望的だが代わりに復活速度が非常に早いため、傘を壊された時に少しでも粘りさえすれば、すぐに次の傘を補填できるため、怯まずに生き延びよう。
    メインには優秀な射撃性能があり、傘無しでも十分応戦可能である。傘が壊されたことで慌てて受け身になるほうがはるかにもったいない。
    パージ後の傘復活速度も速いので、あらゆる方向から傘を飛ばしまくるというトリッキーな使い方で敵を翻弄する戦法も使える。
    簡単に壊しやすいわりに放置するとそこそこの塗りを残すため、敵からすれば無視しづらい。
    とはいえパージした先から軽いメインで消されていてはもったいない。一発が重い相手を狙いたいところだが後述するように味方前衛の位置には注意しよう。
  • パージと傘の速さをイカす
    パージそのものとパージされた傘のスピードが速いので、味方に傘をお届けするのは得意。傘復活も早いのでその動きをするチャンスも多い。しかし味方の背後に傘があると敵がボム即爆で応戦しかねないので後ろから考えなしにパージするのは危険。届けた傘の耐久で助けるというより、そちらに意識を向けさせることで味方の撃ち合いを有利にもっていこう。
    単純に耐久力で味方を守りたいのであればグレートバリアで代用できるので、傘を使うならば素早く、遠くへ飛ばせる点を活用していきたい。
    また、メインの塗り能力は高くないのでパージ後の塗りをうまく活用したい。うまいところに送り込めれば自分や味方の短射程が潜り込む道にもなるだろう。
  • メインの火力をイカす
    高密度の散弾ショットにより射程端でも90ダメージが期待できるため、優秀な性能を持つ。火力ブレを抑えるにはある程度の接近が必要になる他シェルターとは違い、傘抜きでも射程を活かした立ち回りで大ダメージを与えられるため、短射程ブキの迎撃は得意としている。
    エイム次第では曲射でも50ダメージ以上が期待できるほどなので障害物裏の敵にも意外と強力。
    射撃中ヒト速は射撃直前では少し遅くなるが、射撃後ではそれなりに速く、弾除け能力が高め。

このように書くと対面はメイン性能のみで切り開けるように感じられるかもしれないが、単体でのキルタイムは並みの前衛ブキに普通に劣る。傘を全くイカさずに戦えば他ブキの劣化にしかならないので気をつけよう。
基本的に「相手に一撃いれてから傘を挟んで対面」という構図は強いので意識して作りたいところ。

  • 組み合わせをイカす
    このブキだけが現実的に運用出来る「ラインマーカー→メイン(傘パージ)」のコンボはイカの理由により非常に実用的。
    ①メインが最大90ダメージなので直撃40ダメージを先に入れておけばメインをど真ん中で当てられなくても削り切れる(しかも高速)
    ②「ラインマーカー→メイン」のメインを外してもマーキングがついた相手をパージした傘越しに再度撃つチャンスがある
    ③「ラインマーカー→メイン」のラインマーカーを外してもメインが直撃すれば相当なダメージであり、パージした傘越しの対面であれば有利になりやすい
    ④「ラインマーカー→メイン」のすべてを外したとしてもメインからの傘パージが囮となり撤退の選択肢が取りやすい

まともな相手ならば目の前でパージされた傘に対して「見逃すかどうか」の選択が必ず発生する。その一瞬のスキを有効利用し、攻めか撤退の判断をしよう。
このブキのライコンはキル速度の面でももちろん強いが、高速傘パージの存在によりリスクを抑えつつそれらを実行できるところにこそ強みがあるといえよう。
コンボ完遂にこだわらず柔軟に、かつ手堅く仕掛けていきたい。

  • 総括
    以上書いてきたように本ブキの傘は防御だけでなく、援護、陽動、塗り、コンボパーツと多様な役割がある。
    動きの多くに傘を絡めることとなり、それを傘の復活速度が支えている。まさしく新機軸の傘である。
    先手をとってこそ活きる要素が多い。時に堅実に、時に大胆に立ち回ろう。

ギアパワー考察

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
イカはほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

相性の良いギアパワー

  • nolink インク効率アップ(メイン)
    このブキはラインマーカーと組み合わせて使う場合、パージのインク効率の良さを差し引いてもインクタンクがカツカツになりやすい。
    ライコン戦術を主軸にしているなら肝心なところでインク切れにならないよう積んでおこう。
     
  • nolink ヒト移動速度アップ
    射撃した瞬間に滑るかのような素早いヒト速度があり、そのヒト速度の効果を高められる。
    傘無しで戦うならば弾除けで凌ぎつつ応戦することになるので積んでおこう。

  • nolink イカダッシュ速度アップ
    ダメージを負った相手に素早く近づくことができれば、90ダメージでトドメを刺せる。ブラスターのごとくイカ移動を挟んだ対面をする際にも有効で、対面力の向上に繋がる。
    和傘は脆いガードに遅いキル速度と、囲まれると特に不利になるブキなので逃げ足も重要だ。エイムが合わなかった際にもイカ速があればごまかしやすい。
    敵陣に忍び込んでバリアを展開し味方と挟み撃ちする…といった動きをする際にも、イカ速があるとより忍び込みやすくなる。パージとの相性もよく、パージで作った道を素早く駆け抜けられる。

  • nolink スペシャル増加量アップ
    射撃の塗りではそれほどでもないがパージの塗りにならかなり恩恵がある。
    こちらが不利状況のときだと耐え凌ぎたい場面は多く出てくるのでグレートバリアを多く回せるようにしておきたいところ。

  • nolink スペシャル性能アップ
    グレートバリアの耐久力がアップする。
    バリア併用によるしぶとさに磨きをかけたいなら。
    特にバリアを囮に使って仕留めるつもりなら、ある程度強化して回り込むまでの時間を稼ぎたいところ。

ギアパワーによる効果

nolink インク効率アップ(メイン)

軽減量最大45%。

ギアパワーGP0GP3GP6GP9GP10GP12GP16GP20GP30GP57
インク消費量7.00%6.70%6.41%6.13%6.05%5.88%5.55%5.26%4.65%3.85%
射撃可能回数14141516161718192125

nolink ヒト移動速度アップ

射撃中の移動速度上昇率最大【】%。

ギアパワーGP0GP3GP6GP10GP20GP30GP57
非射撃時 (DU/f)
射撃時 (DU/f)
他のブキの射撃時移動速度
  • 一部ブキはギアパワーヒト移動速度アップ」による速度増加割合の上限が異なる
    • 増加上限が異なるブキのみ、ブキアイコンに(+XX%)の形式で併記した
    • 記載がないブキはすべて25%増加が上限である

ver.5.1.0現在

DU/fブキ
0.95ドライブワイパー (+0%)
0.86スプラスピナー (+40%) クーゲルシュライバー (短)イグザミナー.png (+40%)
0.84N-ZAPLACT-450
0.80ボールドマーカーL3リールガンヴァリアブルローラー (タテ) スパッタリースプラマニューバー
0.79スペースシューター
0.76わかばシューター
0.72シャープマーカープロモデラースプラシューターボトルガイザーヴァリアブルローラー (ヨコ) ワイドローラーデュアルスイーパー クアッドホッパーブラックスパイガジェット
0.70スクリュースロッシャーバレルスピナー (+35%) ノーチラス47 (+30%)
0.68R-PEN/5Hトライストリンガー
0.66ヒッセン
0.65クラッシュブラスターパラシェルター (射撃)
0.60.52ガロンジェットスイーパーH3リールガンカーボンローラー (ヨコ) 14式竹筒銃ハイドラント (+35%) ケルビン525ジムワイパー (+0%)
0.55プライムシューターパラシェルター (展開) ラピッドブラスター
0.50オーバーフロッシャークーゲルシュライバー (長) キャンピングシェルター (射撃) ノヴァブラスターRブラスターエリートパブロ
0.48カーボンローラー (タテ) スプラローラー
0.45エクスプロッシャーホットブラスター
0.40.96ガロンバケットスロッシャーモップリン.png ロングブラスターS-BLAST92キャンピングシェルター (展開)
0.30スクイックリンソイチューバーホクサイ
0.24ダイナモローラーダイナモローラー
0.20スプラチャージャースプラスコープ
0.15リッター4K4Kスコープ


敵に使われる場合の対策

傘の耐久力が非常に低く壊れやすい代わりに、その名の通り新しい傘を次々と張り替える凄まじい復活速度を誇るシェルター
どんなブキでも傘を壊すことは簡単。パージのダメージ軽減込みでも脆いので延々と攻撃を防がれることはない。ジムワイパーならヨコ斬り弾で斬り捨ててしまえる。DPSの高いブキなら傘を壊しつつそのまま本体撃破までやってのけられる。
どこからかパージが飛んできても慌てずにメインでサッと壊してしまうと良い。パージの塗り性能は意外と侮れず放って置くとナワバリを汚されてしまうのでなるべく壊したい。射出された傘は陽動の可能性も考えられるので、壊しやすいからといって無闇に飛び出さないように。先述の通りパージの塗り性能こそ厄介だが場合によっては無視することも戦術の内である。

傘が非常に低い耐久力且つ早い復活速度であることから傘に直接各種確一ボムをぶつける戦術は他のシェルターと比べてあまり有効ではない点に注意。
余剰火力が過ぎるし、重いインク消費量に見合わないからである。しかも相手は少し時間を稼げばすぐに次の傘を張り替えてくるので、こうなるとボム使用でのインク消費のリカバリーが間に合わずインク残量の点から不利を背負うことになる。
またボムだけでなく連射が利かないブキに対しても耐性があり、こんな耐久力でもチャージャーのフルチャ貫通弾はしっかり防御できる。およそ2.3秒で次の傘を備えてくるので、連射が利かず正面から傘裏に攻撃できないチャージャー系統はそれまでに確実に本体を仕留めること。特にリッター4Kはフルチャに1.5秒もかかってしまうので傘を壊したら次のフルチャ弾を素早く本体に当てないと容易く粘られてしまう。

散弾ショットが高密度なので射程端や曲射でも50ダメージ以上を与えられる射撃の安定性から、シェルターの中では射撃性能が高い点にも注意。
キルタイムこそ遅いが短射程ブキは射程差を突かれては簡単に撃退されるので、正面から突っ込むのは厳禁。

ブキセットごとの対策

サブラインマーカーは直撃されると続くメインが一確になってしまうので厄介。手慣れた相手はメイン射程内の相手をライコンで速攻キルしてくるので丁寧な索敵を心がけたい。
またその気になればラインマーカーで長射程ブキにちょっかいをかけることもできなくはないので、射程差を突いていても油断ならない。間をおかず3連投げするギア構成をしていることは相当まれなので2発ぶつけられたら3発目がくる前に撤退しよう。

傘の耐久性を補うかのようにグレートバリアを持っているが発動が遅いので近距離対面ではあまり脅威にならないだろう。相当タイミングよく発動したところでメインとの噛み合いはあまりよくなく、スペシャル発動によるインク回復からの中央部を盾に応戦してようやくカウンターになる程度。ラインマーカーに気をつけながら離れるだけでスペシャル発動をほぼ無力化できるわけで、イーブンに戻すか時間稼ぎがいいところである。とはいえこちらが不利状況や打開時には時間を使わせられるので要警戒。
それよりも各ルールにおける有効なポイント(ホコのカンモンなど)や自陣深くで展開され挟撃の形になるなどのほうがよほど面倒。
バリア自体を囮にライコンで狩られるのも勿体無い。

サブスペが塗れず、パージ以外は塗り力が低い。塗り状況で封じ込め、攻めの形で展開させないことを考えたい。

サーモンランでの運用

散弾ショットの最大ダメージは210と、パラシェルターより高い。傘のダメージはパラシェルターと同じ100。
このダメージの高さと傘衝突を合わせたコンボがパラシェルターより強力。高体力のシャケを積極的に倒すならば傘衝突テクニックは磨いておきたい。
傘のパージが早く傘の復活速度が早いので、他シェルターより傘を攻撃的に使いやすいのも魅力。
傘の耐久性こそ低いが復活速度が早い分、バクダンのボムなど一撃が重い攻撃を積極的にあしらうのは得意。

アップデート履歴

アップデート履歴(アップデート履歴/ウェポン・ギアパワーごとのアップデートからの引用)
ver.7.0.0追加

トリビア

  • 和傘をモチーフとしているためか14式竹筒銃・甲に倣った名称になっているが、
    メーカーはアタリメイドではなくこれまでのシェルターと同じアダクラ製となっている。
    『大ナワバリバトルの時代にも使われていた伝統的な素材と、現代のブキ製造技術が組み合わされた独自の製法』とのことで
    アタリメイドから提供された素材を用いてアダクラ社がシェルターとして製造したということだろうか。
    • ヒーローモードでホタルが持っている和傘に似ているが、あちらはブキではないらしい。
      ただし、あちらはパージや射撃機能が無い代わりにどれだけインクショットを撃ちこもうが決して破壊されず、ボムが接触しても爆発させずにはじき返すという恐るべき耐久力を持つ。我々の知る傘ならばむしろこれが普通かもしれない
  • 発売以来、初の「初代スプラトゥーンには登場していないブキにグレートバリアが搭載されたブキ」である。

コメント


*1 10.0も確認された
*2 10.0も確認された