ブキ/サブウェポン/ジャンプビーコン

Last-modified: 2022-10-02 (日) 16:21:06

概要

設置するとイカが探知できる電波を発し、設置した場所に自分と味方がスーパージャンプできるビーコン。攻撃性能が存在しない代わりに自分や味方の戦線復帰やステージ移動を大幅に助けるサポート特化のサブ
設置されたビーコンはビーコンを中心として試しうちライン三本を直径とする球の範囲にいる相手をマップに映し、ビーコンに対するスーパージャンプの着地点マーカーを非表示にするため、チームメイトへ飛ぶよりも安全にスーパージャンプができる。
また、ビーコン設置者がサブ性能アップを積んでいた場合、そのビーコンへのスーパージャンプ時間が短縮される。
なお、設置者以外がビーコンを使用しても2回使用回数残っているビーコンは破壊されないので、他人の設置したビーコンでも気にせず使ってしまっていい。

形状のモデルは空港の管制レーダーアンテナ(実際役割もジャンプビーコンに似ている)だが、足はカメラの三脚に近い。

セット情報

File not found: "サブ性能アップ.png" at page "icon"[添付]ギアパワーサブ性能アップ」による効果

自分が設置したビーコンへの、自分と味方のジャンプにかかる時間を短縮する。
自分以外の味方が設置したビーコンには関係ない。

また、同じギアパワーの数なら「スーパージャンプ時間短縮」より効果が高い。
この2種の効果は重複するものの、上限がある。
例えば味方がスーパージャンプ時間短縮をGP30積み、自分がサブ性能アップをGP38積んでいたとしても(合計GP58)、味方一人だけがスーパージャンプ時間短縮をGP57積みしていた場合と同等の効果しか発揮しない。
リーグマッチでチームを組むときなどは覚えておくと無駄がないだろう。

ギアパワーGP0GP3GP6GP10GP20GP30GP57
待機時間(f)8045292420
滞空時間(f)13813712211197
合計(f)218183151135117
スーパージャンプ時間短縮の相当量GP0GP4GP9GP14GP27GP38GP57
 

使い分け方としては、知り合いとチームを組んでいるときなど、味方に使ってもらうことが期待できるならサブ性能アップを優先し、リスポーンや味方へのジャンプも多用したいならスーパージャンプ時間短縮をGP3かGP6程度積む、といったようにするといいだろう。
逆にガチマッチなどでビーコン持ちの味方と意思疎通が取れない状況では、マップを開いて味方のギアをチェックしてみよう。
ギアのメイン枠をサブ性能アップに割いているのなら、味方に使ってもらいたいと思っていると考えていいだろう。
もちろんサブ性能アップを積んでいなくても味方にビーコンを使ってもらいたいと思うイカもいる為、設置されたビーコンは思い切って使うのも良い。

またサブ性能アップを積むことで、スーパージャンプの準備時間が短縮されるので緊急回避としてビーコンへとジャンプを行い生存するという選択肢を取れるようになる。少量でも以下のような効果が得られる。

ギアパワー仮想敵
GP0マルチミサイル(単独,0.0本)、ジェットパック(爆風確3)、アメフラシ
GP3ナイスダマ(着弾)
GP6ロングブラスター(爆風確2)、エクスプロッシャー(直撃確2)、ジェットパック(爆風確2)
GP9上記の攻撃を余裕を持って回避できる

ジャンプビーコン持ちがサブ性能を全く積まないと自分以外の味方のジャンプビーコンのプレイヤーの弱体化を招くことになり、チーム全体の復帰時間の鈍化や上術緊急回避のビーコンも効果が発揮されなくなる。少量でもビーコンは復帰時間短縮や緊急回避に使う効果が高いためビーコン持ちはGP3~6積むことでこのデメリットは避けられる。

コメント