ブキ/スペシャルウェポン/カニタンク

Last-modified: 2022-10-06 (木) 02:17:01

使用イメージ画像



概要

これは「カニタンク」。
カニ型の多脚戦車に乗り込み、連射力抜群のショットと攻撃範囲の広いカノン砲を駆使して戦え!
そのままカニ歩きでも移動できるが、球体に変形すればよりスムーズな移動が可能になるぞ。
公式Twitterより

セット情報

基本性能

発動してから少しのタイムラグの後、どこからともなく召喚したカニタンクにプレイヤーが搭乗する。
カニタンク自体はイカとは別にHPがあり、正面からのインクショットにある程度耐えるが、
操縦者自身は剥き出しなので、背後から攻撃されたり、正面からでも頭を撃たれたりするとやられてしまう。

基本的に鈍足であり、横移動は速いが前後方向への移動速度は低い。おまけに旋回性能が著しく下がる。左右に小刻みに動くと微妙に速く前後移動が可能である。
ZRで連射弾、Rでカノン砲を発射でき、ZLで球状の移動形態に変形する。
スペシャルの持続時間は9秒。ただしカニタンクのHPが尽きると破壊されて強制終了する。

  • 試し撃ち場のダミイカ(スプラシューター)から14発食らうと破壊される。見た目の割にそこまで硬いというわけではないので注意。
  • 半分ほどHPを削られると(ダミイカでは7発食らった場合)カニタンクの一部の装甲が外れる。
  • 各ブキの対カニタンクのダメージ補正は要検証。ダミイカから14発食らうと破壊されたことからスプラシューターのダメージ補正が無しと仮定すると36×14=504となり、カニタンクのHPは500程度だと思われる。

ZRボタン 連射弾

撃ち続けると徐々に連射力が上がり、最終的にはハイドラントに匹敵する弾幕を張れる。(最初の連射フレームは12Fで、約1秒~1.5秒後に最大連射フレーム4Fに到達する)
ダメージは32。4発当てれば相手を倒すことが可能だが、スライド前のマニューバーのように2つの照準目掛けて交互に発射する為、期待値通りのキル速が出るとは限らない。
有効射程は、およそ試し撃ちライン5.7本分と、スプラスコープと同等。実際にはもう少し遠くまで弾が届くが、さすがにダメージが下がりすぎてカス当たりとなる。
普通のブキに対しては射程で勝るので正面から撃たれることはほぼ無いが、対リッターは射程で劣り、正面からでも頭を抜かれればやられる。よって、リッターがいる場面で撃ってはいけない。

Rボタン カノン砲

エクスプロッシャーのような挙動の弾を放つ。直撃が60ダメージ、爆風が30ダメージで両方当たると90ダメージ。
爆風射程は試し撃ちライン6.7本分と、4Kスコープと同等の距離まで届くが、さすがに爆風でキルするのは無理なので参考程度に。
もちろんキル速であまりにも劣るので、やはりリッター相手に喧嘩を売ってはいけない。

ZLボタン 球体モード

球体モード中は足元が塗られ続け、敵インクにはまる事もないが、移動速度はヒト状態の歩き程度。垂直方向に限るが塗れる壁も登れる。
また、転がり中は攻撃判定があり敵にぶつかると40ダメージを与える。
Bボタンでジャンプ可能。
球体モード中はイカタコが内部に隠れるので直接攻撃されてやられる危険はなくなる。ただしカニタンク本体の防御力が上がったりはしていないため、タコ殴りにされるとすぐに破壊されてしまうだろう。
また球体からカニに戻る際カメラ方向に向き直るためカニの遅い旋回も補える。
球体モードでガチアサリを保有したままゴール前に待機して解除と同時に投げ込んで強引にバリアを突破したり、無理矢理味方のジャンプ先になったりという荒業も可能。
前作のイカスフィアとは異なり、球体モードで敵にぶつかってもノックバックが発生しない。これを活かせば背後を取られたときにも一方的に逆襲できる可能性が残っている。

⚠ボム即爆に注意

カニタンクスプラッシュシールドと同じようにボムを即爆させる性質がある。
カニタンク上部の操縦席付近にボムを乗せられると操縦者が爆死するので注意が必要。特にキューバンボムを乗せられると攻撃範囲が広い分爆死しやすい。
後ろ側にもタンクの当たり判定があるので、後ろ側からタンクにボムをぶつけられると高確率で爆死してしまう。
球体モードになればやり過ごせるので、相手がボムを投げつけてきたら素早く球体モードでガードしよう。
ただしボムは総じて一撃の威力が重いので、1個でも直撃されたらカニタンクのHPを大幅に持っていかれ、非常に壊されやすくなってしまうので注意。

味方の真後ろでカニタンクを発動するのは避けよう。ボム処刑台になりかねない。

ちなみにダミイカのスプラッシュボムを1個直撃されるとスプラシューター9発で、2個直撃の場合はスプラシューター4発でタンクを破壊される。どちらも総ダメージは504。
3個直撃されると破壊される。
スプラッシュボムも対カニタンクの補正が入っていないと思われる。

使用のポイント

移動性能の低さと耐久面を考えると、基本的には有利な状況のときに発動するのが望ましい。
不利な状況で発動しても袋叩きにされてあっという間にタンクを壊されたり、裏をとられて生身を撃たれるなどしてほとんど不発に終わる。
また耐久力も堅牢というには一歩物足りず、鈍足なのもあってウルトラショットメガホンレーザー5.1chといった攻撃力の高いスペシャルに狙われるとすぐに破壊される。これらを持つ相手には気を付けたい。
これといった遮蔽物がない場所ではショット連射、遮蔽物や起伏があり射線を遮られやすい場所ではカノン砲、
近距離では球体に変形して操縦席を守りつつ体当たりなど、地形や状況に応じて様々な攻撃を使い分けよう。
射程の長さを活かしたアウトレンジ攻撃で圧力を掛け続けることを徹底したい。
もし回り込んでの反撃などを試みる相手がいた場合は球体モードを駆使してドライバーへの攻撃を回避しつつ迎撃するなり自らを囮として味方に処理してもらうなりして対処したい。
近づいてきた相手は体当たり×2回+カノン砲の爆風で返り討ちにすることもできるので覚えておこう。

不利な武器

ハイドラント[わずか1~2秒ほどでタンクを削りきられるため]
ホットブラスター[射程が長い、爆風で操縦者が2確のため]

ギアパワースペシャル性能アップ」による効果

最大発動時間が増加する。
耐久力は一切変化しないため、いくら積んだところで破壊されてしまうと無意味になってしまう。
任意で解除できないことからメインが使えない時間も増加してしまうという懸念点もある。
何も考えずにつけるのではなく、何か目的を持って採用したい。

ギアパワーGP0GP3GP6GP10GP20GP30GP57
効果時間(f)540552563577607630660

コメント